通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
日本中枢の崩壊 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本中枢の崩壊 単行本 – 2011/5/20

5つ星のうち 4.2 147件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700 ¥ 40

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本中枢の崩壊
  • +
  • 国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 42pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

経産省の現役幹部が実名で告発!!
「日本の裏支配者が誰か教えよう」

福島原発メルトダウンは必然だった……
政府閉鎖すら起こる2013年の悪夢とは!? 家族の生命を守るため、全日本人必読の書

経済産業省大臣官房付 古賀茂明。

民主党政権と霞ヶ関がもっとも恐れる大物官僚が、ついに全てを語る!
日本中枢が崩壊してゆく現状を、全て白日の下に!

・巻末に経産省が握りつぶした「東電処理策」を掲載
発電会社と送電会社を分離する発送電分離。このテーマについて本気で推進しようとした官僚が何人かいた。あるいは核燃料サイクルに反対しようとした若手官僚もいた。しかし、ことごとく厚い壁に跳ね返され、多くは経産省を去った。私も十数年前、発送電分離をパリのOECDで唱えたことがあるが、危うく日本に召喚されてクビになるところだった。その理由とは何だったのか――。(「序章」より)

改革が遅れ、経済成長を促す施策や産業政策が滞れば、税収の不足から、政府を動かす資金すらなくなる。そう、「政府閉鎖」すら起こりかねないのだ。いや、そうした危機感を煽って大増税が実施され、日本経済は奈落の底へと落ちていくだろう。タイムリミットは、ねじれ国会を解消するための参議院議員選挙がある二〇一三年、私はそう踏んでいる。(「まえがき」より)

内容(「BOOK」データベースより)

福島原発メルトダウンは必然だった…政府閉鎖すら起こる2013年の悪夢とは!?家族の生命を守るため、全日本人必読の書。「日本の裏支配者が誰か教えよう」。経産省の現役幹部が実名で証言。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 386ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062170744
  • ISBN-13: 978-4062170741
  • 発売日: 2011/5/20
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 12.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 147件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 137,967位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本の中枢である政治経済行政がここまで危機状態にあると感じていた国民がどれほどいるのでしょうか。テレビや雑誌でときどき見かけていた経済産業省現役官僚古賀茂明氏が、なぜ安泰であったはずのエリート人生をかけてまで、国民に内部事情を知らしめているのかよくわかりませんでした。答えはこの本の中にあります。古賀氏は官僚の中では異端児なのでしょう。でも正義を知っている人間が官僚にもいるというのはわたしたちに希望を与えてくれます。本にも書いてありますが、日本を立て直すには残された時間がそんなにないことを知っておくべきでしょう。わたしたちひとりひとりが改革に参加していく必要性を確信しました。大新聞、テレビから得られる情報に惑わされることなく判断できる力を養うのにとても参考になる一冊だと思います。
コメント 244人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
一貫して公務委員制度改革を強く主張してこられた現役官僚である
古賀茂明氏の挫折の歴史。そしてどうすべきかの提言まで具体的に
書かれた良書です。民主党議員が赤線を引きながら読んでいるとTV
で言ってましたが、あの程度の頭では太刀打ち出来ない事もわかっ
てしまいます。

政治家は官僚がいないと予算も通せませんし法律も作れません。
その官僚が官僚同士にしかわからないほど巧みに法律文面を工夫し
て自分たちの利権を守っているという事が良くわかりました。

官僚が離反してしまうと政府は何も出来ません。古賀氏も民主党に
なって変わると期待されていましたが、予算を通すために次々に骨
抜きにされていくのを指をくわえてみるしかありませんでした。

みんなの党に呼ばれて国会答弁で、天下り法案が骨抜きになっている
と意見を述べたところ、発言を求められていない仙谷氏が言いました。
「彼の職務、彼の行っている行政と関係のないこういう場(予算委員会)
に呼び出す、こういうやり方ははなはだ彼の将来を傷つけると思います
優秀な人であるだけに大変残念に思います」

これが有名な仙谷恫喝事件です。その経緯や発言の意味をギリ
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 monchat トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/6/12
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は単なる暴露本でもないし、経産省から冷遇されたエリート官僚の私怨を晴らす本でもない。数頁読んだだけでもそれはわかる。どの頁にも憂国の情があり、明晰な知性の輝きに満ちている。普通、キャリア制度を否定するキャリア職などは想像できないが、それが出現したということはよほど日本の制度が腐敗していることの証というべきか。あるいは日本が衰亡の急坂を転げ始めたのか。役所を全然知らない人にとっては内容はかなり専門的、高度なものを含むので、予め次のことを念頭に入れた方が読みやすい。

 新首相のもとで諸大臣がそろうと政治理念に従い、本来だと首相の好きなように高級官僚の大半を任命しなおすことができる。官僚は政治家の道具だからである。米国だと大統領は数千人ものスタッフを連れてきて官僚とする。日本でも形式的にはそれが可能になっているが、実際には財務省官僚の影響力が強い。小泉内閣のように事前のチームがある場合は官僚達に負けずに政治家は自分達の政策を推進実現できるが、殆どの場合、官僚達の作文能力に負けてしまう。このような強固な官僚制を動かしている権力の源泉は人事権と国の予算編成権、さらに国税庁の査察権であり、財務省が3つすべて握っている。当然、日本を陰で動かすのは財務省ということになるが、本書は安易な財務省批判だけをしているわけではなく、むしろ経産省批判の箇所も多い。
 古代史
...続きを読む ›
1 コメント 201人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
過激な公務員改革論者、古賀茂明氏の本。
現役の経産省の官僚だ。

行革担当大臣時代の渡辺喜美氏のブレーンで
仙石由人に恫喝された、あの官僚
といった方が通りはいいだろう。

その古賀氏の官僚としての回顧録と
行革のプランがまとめられている。
巻末の電力会社の送電分離も大変興味深い。

天下り根絶はどこへやら、
事業仕分けはパフォーマンスで終わり、
国家公務員の人件費2割カットを公約しながら
原発というお国の一大事でも5〜10%しかカットしない

何もしない民主党議員にこの本を読ませたい。
コメント 283人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック