中古品
¥ 60
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ユイ書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付きです。中古品のため多少のキズ・スレ・ヤケ・折れ・書き込み等がある場合がございますがご了承の上お買い求めください。万が一、出品情報と一致しない場合は、メールを送って頂き、返送・商品確認後、返金対応致します。商品はゆうメール便にて配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本一勝ち続けた男の勝利哲学 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2007/6

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

田臥勇太をはじめ日本を代表するプレーヤーを輩出する高校バスケ界の王者、能代工。その強さの秘密とは―。「マネージャーには監督に次ぐ権限を」「選手と一緒にいる時間は長いほどよい」「謝ることをためらうな」組織力の鍛え方、人作りの極意から後継者の育成までビジネスにも通じるリーダーの心得が満載。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/廣志
1937年秋田県生まれ。日本体育大学卒業後、母校である秋田県立能代工業高等学校教諭・バスケットボール部監督に就任。在任中の三十年間でインターハイ七連覇を含む計三十三回の全国制覇を達成。98年に退職し、現在は能代山本スポーツリゾートセンター「アリナス」館長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 252ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2007/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344409647
  • ISBN-13: 978-4344409644
  • 発売日: 2007/06
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 187,729位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ミヤコ トップ500レビュアー 投稿日 2010/1/13
形式: 文庫
高校バスケットボール界の名門・能代工業高校。その強さや実績は、他の
高校スポーツ界の名門校と比較しても、一段と輝くものである。この能代工業
バスケットボールの礎を築いたのが、紛れもなくこの筆者である。

本書は、筆者がバスケット指導を通して得た経験をエッセイの形で綴っている。
その内容は、筆者の初任の年から、初めての全国初優勝、後継の加藤三彦氏
へのバトンタッチ、教員生活の最後を能代工業の校長として勤め上げるまでの
長きにわたって、話題も多岐に及んで綴られている。

本書は高校バスケット界有数の名将のエッセイであり、それだけでも読むのが
楽しい。なぜなら、これだけの指導者であれば、まさにタイトルにある、
深い確固とした「勝利哲学」をお持ちのはずであるからだ。
しかしながら、もちろんその深い内容を文章化するのは難しいことだとは思うが、
残念ながら、内容にあまり深みを感じられず、どちらかというと表面的な記述に
留まっている印象を拭えなかった。これだけの名将であればこその内容を期待して
読んでいただけに、残念であった。

また、個人的な意見ではあるが、バスケット指導における失敗談をもっと書いて
欲しかった。本書
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中学校バスケット部の顧問です。
指導者として参考になることがたくさんあります。
減点は、筆者の成功が鼻につく(笑)
失敗もすべて成功につながっていて、「そんなすべてのことがうまくいくのか?」
と思ったこと。でもうまくいったすごい先生なんですね!加藤先生は!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
成せばなる、・・・・・・。好きこそ物の・・・・・・。といろいろありますが、一途に走り続ける
ことは大変だったのだろうと思います。
ただ、本当に実行してきたからこそ振り返れるのだろうと、羨ましく思い、まだまだ自分は
これからなんだと戒めることも出来ました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本が出版された時期が2000年を超えてからなので、第一線から退いた加藤氏がどのようにバスケット競技を見ているのかが知れただけでもありがたいが、指導者としての加藤氏のエピソードが以前の『高さへの挑戦』に比べて凄みを感じることはできなかったのが個人的には少し残念。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
指導者として大切なことがぎっしり。読んでいてなんどもウルウルきてしまった。とてもおすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告