流行り神 警視庁怪異事件ファイル (通常版) がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【付属品完備、動作確認済み】ソフト、ケース、説明書、以上が内容物となっております。中古品につき、全体的に多少の使用感ございますが、中古品としては良品となっております。安心安全のAmazon倉庫より迅速に発送致します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 6,950
通常配送無料 詳細
発売元: 林檎屋オリジナル
カートに入れる
¥ 6,980
通常配送無料 詳細
発売元: NIZ★MEDIA-STORE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

流行り神 警視庁怪異事件ファイル (通常版)

プラットフォーム : PlayStation2
5つ星のうち 3.4 15件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 6,950 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、じゃんぐらーが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
通常版
新品の出品:4¥ 6,950より 中古品の出品:5¥ 3,028より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

エディション: 通常版
  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。

  • 注記: 「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • Amazon.co.jp限定: ここでしか手に入らないAmazon.co.jp限定TVゲーム/Amazon.co.jp限定特典付TVゲーム を今すぐチェック

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • 流行り神 警視庁怪異事件ファイル (通常版)
  • +
  • 流行り神 Revenge 警視庁怪異事件ファイル
総額: ¥14,930
選択された商品をまとめて購入

登録情報

エディション: 通常版
  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B0002E464K
  • 発売日: 2004/8/5
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 24,220位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

版: 通常版
 日本一ソフトウェアらしく、何度でもやり込むために作られたアドベンチャーです。
 基本はオーソドックスなノベルアドベンチャーですが、独自の要素である『カリッジポイント』で、
選択肢を選ぶときも結構悩むためにプレイにメリハリが出ています。
また『セルフクエスチョン』は今後のルートをある程度自分で決めることが可能なので、
繰り返しプレイ時に別ルートを探すときのある程度の指標になります。
推理している感覚も充分に出ているので、推理モノ好きの方にも満足できると思います。
ただ『推理ロジック』は推理というよりも事件概要の理解度チェックのようなもので、推理している感覚には乏しく、
また自分の選択が本当に正しかったのか、なぜ正しかったのか正しくなかったのか…の説明されないため、イマイチです。
 シナリオは都市伝説にまつわる事件ですが、それらの事件の解決法を『オカルト』か『科学的』か選べるとはいっても、
オカルト色が強いことは間違いありません。
徹底した推理モノを期待している、という方には強くオススメすることはできません。
が、やはりシナリオは個人で消化すべき内容なので、興味があったら是非プレイしてみてください。
 ただ惜しむらくは、繰り返しプレイが前提なのに、システムが繰り返し
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 通常版
小中高と内容に変化はあれど聞いたことの有る都市伝説や民俗学等
がちりばめられている。こういう話に耳を傾けるのが大好きなひと
にはたまらない作品ではないでしょうか?
今までのサウンドノベルには無かったセルフクエスチョンモードを
使うことで各シナリオの理解度やストーリーの展開に変化がでてく
るのが面白い。
自分が如何に科学的な物を信じるのか?それとも人知を越えた何か
を信じるのかでストーリーは分岐していきます。
今まで色々なサウンドノベルをプレイしましたが新たな試みが随所
に発見できました。キーワードを集める事でフォークロアや都市伝
説等について色々知ることができます。
評価の★4つはボリュームが少し短いと言うことで★4つ。但し
続編の存在を匂わせているので今から楽しみです。是非夏休みに
プレイして休みあけ教室で話して見ては如何でしょうか?
勿論、話初めは・・・
『ねぇねぇ。この話、友達の友達からきいたんだけど・・・』
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 通常版
プレイしていてまず感じたのはサウンドノベルというジャンルにおいて
楽曲よりもほとんどの音源がSEで構成されている点。
これは昔の「弟切草」を連想させたりもしますが、古い手法を今更使う事で恐怖感をそそる。
本編でクリアした内容は全て隠しシナリオに繋がっています。シナリオに関しては、結局はオカルトでした。これもラストの隠しシナリオへの伏線でしかありません。
ラスト2本(ゆうか編以降)は正直かなり難易度が高かった。
久々にこの手のジャンルでここまでやりこみ系の物に出会った感じで
嬉しいです。何の情報もなくオールクリアを目指すならばプレイ時間も文句ないです。
民俗学に関しては多少の知識がある人にはつまらない題材が多かった為(テーマで都市伝説というのは面白いのですが)オカルトサウンドノベル好きな方にはお薦めします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ramcke 投稿日 2004/8/6
版: 通常版
プレイヤーは刑事となって都市伝説絡みの事件を解決していくと言うゲームです。事件の捜査方針をオカルト事件として捉えるか、オカルト的要素を排除して考えるかで微妙に異なったエンディングを迎えるマルチエンディング。しかしながらマルチエンディングとはいえもう少しシナリオの数が多かったらよかったなと思いました。買う前はもっとグロいのかなと思ってましたが、プレイしてみると案外ソフトな雰囲気でした。都市伝説が好きな方には関連用語のデータベース(自分で収集する)が、ためになるかも。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 通常版
都市伝説を扱う、というコンセプト自体は斬新で、興味を
引くには十分な素材なのだが、肝心要のストーリー自体が
残念ながら小粒(一部に至っては支離滅裂)で、魅力が薄い。
ひたすら恐怖感に欠けるのも残念。
捜査方針を自問自答方式で決定する「セルフ・クエスチョン」。
現在の捜査状況を、人物相関図で整理する「推理ロジック」など、
他タイトルとは一線を画す独自システムを採用している点は
評価すべきだが、フタを開けてみればそのどちらも「正解」を
選ぶだけの物で、自由度は極めて低い。
自由度の高さを期待させるようなつくりになっているが、
基本的には「正解の選択肢を選べば話が進む」タイプの
旧態然としたADVのため、過度な期待は禁物。
各シナリオには科学ルート、オカルトルートなる二つの
ルートが用意されているのだが、一つしかない本筋を
無理に二つに分割しようとした設計が祟って、どちらを
選んでも釈然としない展開になる事が多いのは残念。
これでは、無理に二つに分けずに、完全解決のシナリオを
一本用意した方がマシだった、と言わざるを得ない。
システムが繰り返しプレイを要求する割には、読み飛ばし時の
速度の遅さがネック
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す

エディション: 通常版