この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本一の変人経営者 単行本 – 2009/11/13

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,891

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

常識の逆をやれば上手くいく。オンリーワン、ナンバーワンへのこだわり。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

宗次/徳二
1948年、石川県生まれ。愛知県立小牧高等学校卒業後、八洲開発株式会社を経て、1970年、大和ハウス工業株式会社入社。1973年に独立し、岩倉沿線土地を開業する。1974年、喫茶店「バッカス」開業。1978年、「カレーハウスCoCo壱番屋」を創業する。1982年に株式会社壱番屋を設立し、代表取締役社長に就任。1998年、同社代表取締役会長に、2002年には引退し創業者特別顧問となる。2003年、NPOイエロー・エンジェルを設立し、理事長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 214ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2009/11/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478009856
  • ISBN-13: 978-4478009857
  • 発売日: 2009/11/13
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 43,033位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者はココイチの創業者であり、本書は自叙伝的な内容。
経営のテクニックというより精神論的な内容であり、前時代的感は否めなかったが、一つの読み物としては面白く読めた。
以下、内容を簡単に。

著者は高校卒業後、不動産仲介会社に就職。その後大和ハウスを経て独立、24歳で不動産仲介会社「岩倉沿線土地」を開業。仲介からスタートし、建売も手掛け、コンスタントに売上を上げるなど比較的順調。
しかしながら、好不況の影響を受けやすい不動産業に不安も感じていた著者は、副業のつもりで喫茶店「バッカス」を開業。想定以上の売上と、接客業の面白さにやりがいを感じ、不動産業を廃業する。
その後コーヒー専門店も開業し、商売は大繁盛。
売上拡大を目指し出前を開始。メニューの主力として「カレー」を加え、これが大好評。
1978年1月、著者29歳の時に、3店舗目として、愛知県清洲市にカレー専門店を開業する。
「自分の店のカレーが1番。ここがいちばんや」
今も残るココイチの1号店である。
2012年5月現在、売上398億円、店舗数1,237店を誇る一大外食チェーンの誕生である。

著者は自身を「変人」と言う。
両親不明で3歳まで養護施設、養父はギャンブル狂いで養母は蒸発、夜逃げは当
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
カレーハウスCoCo壱番屋に行ったことがない人にお勧めの一冊です。

本書を読み終えたら、お店に行って、そのサービスとおいしさを確認
したくなること間違い無しです。私も初めて明日行ってみます。

創業者である著者が、苦労を常に楽しみながら情熱をもってCoCo壱番屋を
育ててきた、生き様そのものが気付きや学びになります。

フランチャイズ展開しているにも関わらず、お店からのロイヤリティーが
無いこと、出店数を増やすのではなく、失敗店を出さないことを優先して
考えていること、社員にも独立の道を用意していることなど、驚くべき事実
とその成果に感心してしまいました。

シンプルだけど簡単ではない商売の王道を見た気がします。実践の重要さも
改めて感じさせられました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
牛丼は、吉野家、すき家、松屋が3強であり、

ハンバーガーでは、マック、モス、ロッテリアが3強だ。

ところが、カレーチェーンだけは、ココイチが一人勝ちである。

その理由がわからなくて、永年、考え続けてきた。

ネットで調べたり、評論家の本を読んでも、解決しなかった。

ところが、この本に出会って、疑問が氷解した。

「形の真似はできても心の真似はできない」に尽きる。

ココイチと同じ味は、他店でも真似できるが、考え方とやり方は真似できない。

著者は、最初、喫茶店を開業したが、他店のようなモーニングサービスを

しなかった。東海地方では、コーヒーに厚切りトースト他3品もつける

ような過剰サービスが当たり前である。これで、料金はコーヒーの分だけ

なのだから、サービス競争で利益などほとんど出ないのだ。

これが、消耗戦である事を見抜いた著者の眼力は、素晴らしい。

「ライスの量と辛さはお好みで」

「夫婦で専業で、大事なのは、意欲」

「ロイヤルティを取らなかった」ことで、加盟店が成
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
経営者としての視点すばらしい! お客様から送られてくるアンケートの中から次のようなことが分かったという記述など、人間心理を学びたい私にはとても参考にさせていただきました。

◎店内のきれいさにまず感心したお客様と、どこかだらしのないところに気づいたお客様とでは、同じカレーをお出ししても「うまかった」と「まずかった」に分かれてしまう。

◎「悪い評価」で常に上位にくるのは「注文のとり方」と「提供の遅さ」、それに「私語」の三つである。

◎「待たされた」というクレームには「態度も悪かった」と書かれていることが多い。

数あるカレーショップのなかで、なぜココイチが増殖を続けているのかが分かるヒントが満載の良書です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック