通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本・中国の文様事典 (みみずくアートシリーズ) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に多少のキズがございますが、中身は折れ・書き込み・線引き等なくキレイです。アルコール消毒・防水加工の上、ゆうメールにて24時間以内に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本・中国の文様事典 (みみずくアートシリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2000/1/1

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 2,441

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本・中国の文様事典 (みみずくアートシリーズ)
  • +
  • ヨーロッパの文様事典 (みみずくアートシリーズ)
  • +
  • 世界装飾図 (マールカラー文庫 (2))
総額: ¥6,794
ポイントの合計: 199pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本、中国の文様を、植物、動物、自然、器物といった具体的なキーワードで分類し、豊富な図版で説明しています。
文様の図だけでなく、「文様のコラム」で文様にまつわる知識を、
「文様の歴史」で文様の移り変わりや文様の表す意味についてまとめています。

出版社からのコメント

文様の造形的知識だけでなく、文様の表す意味、移り変わりなどを知ることで、
背後にある文化的なものにまで関心が向かいます。
眺めているだけでも、文様の楽しさや奥深さが伝わってくる楽しい本です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 327ページ
  • 出版社: 視覚デザイン研究所 (2000/1/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4881081500
  • ISBN-13: 978-4881081501
  • 発売日: 2000/1/1
  • 商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,377位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
本の厚みは約2cm。読み応え十分です。
この本のすばらしい点は、一つの文様の項目中に
その文様の変形型がいくつものっているので、
それらの文様の共通部分に着目することで
その文様の本質がさらによくわかる点です。
たとえば「立涌(たてわく)」という項目では
「立涌」のほかにも
「雲立涌」「波立涌」「桐立涌」「葡萄立涌」「破れ立涌」
などさまざまな立涌の文様が紹介されているので、
それらの文様の共通項である、向かい合わせに並べられた
波打つ縦縞が立涌文様の本質であることが理解できます。
この本質がわかっていれば、たとえ本に載っていない文様に
出会っても、その文様を各要素に分解して、その文様が大きく
何の文様の部類に分類されるのか理解できるでしょう。
その応用性を身につけられるのがこの本の良さといえます。
文様にはすべてふりがながふってあり、4cm四方の模様の
モノクロ図案がそれぞれついています。
さらにキモノや美術工芸品などに使われた例も豊富な写真で
紹介されています。
惜しまれる点はカラーページが少ない点です。
オールカラーだったらさぞかし美しい本になっていただろうと
残念です。そういう意味で☆を5つではなく4つにしました。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/10/7
形式: 単行本(ソフトカバー)
¥3000という価格に、買うまで時間がかかりました。手元に来て大興奮。紙がいい、写真、デザインももの凄く豊富なんです。狂言の肩衣の大胆なデザインに興味を持ち、他の和の文様も知りたくて捜した末、見つけた本です。高いと思っていた価格も、内容を知った今は、「視覚デザイン研究社」に感謝です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
どこを開いても楽しめる本です。また、通しで読んでも読み甲斐があります。
この値段で何度見ても楽しめると言う点では対費用効率が非常によろしい。

文様の力は「形」にあります。単色の図譜主体で、写真版を必要最小限に抑えてある点に編者の識見を感じました。文様リストのページの間に基礎用語、歴史、由来や伝播などをコラム風にはさんである構成は秀逸で、造形としての文様に対する興味をその背後にある文化への関心へと自然に導いていく点で教育的ですらあります。「日本・中国」とした理由はそこにあったのですね。

文様の名称には難しい漢字が多いのですが、大きな文字で示されているのでわかりやすく、読みをちいさくひらがなで添え、枠とも見えるカッコでくくったレイアウトがおしゃれです。そう、この本は実におしゃれでもあります。

龍・鳳凰や虎・獅子など、中国の文様には雄大な想像力や力への渇仰を感じます。ちいさな虫やそこらのすずめを掬いあげて文様としてきた日本人には、慈しむと言う言葉がよく似合います。天地を凝縮し、虫に天地を見る。文様の「形」の力は、「凝縮された想像力」であるのかもしれません。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
お着物や茶道、工芸など日本の伝統がお好きな方には知識の宝庫になると思います。知人宅で見たのがきっかけで、手元に置きたい1冊!エイッ!と買いました。文様の絵だけでなく、それにまつわる説明もあるので、見ごたえ読みごたえあります。歴代の役者の文様、屋号、紋の説明も分かりやすいので、歌舞伎ファンにもオススメです。シルクロードから到来した文化や琳派などの美術だけでなく、ダジャレやアニメ的センスといったユーモアが文様になっていることも分かり、とても楽しめます。第2弾を期待します。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
日本の伝統文様の勉強をしているのですが、なかなか説明文付の文様集ってないんです。その中でこの本は図版がいっぱい載っているし、見ているだけで勉強になり、図版の大きさも統一してあって、非常に見やすいです。

文様って長い歴史の中で作り上げられてきた物なので、歴史と共に勉強しなくては意味がないので歴史と一緒に文様が学べますよ!歴史も基本的な歴史なので入門にはぴったりだと思います。

また、歌舞伎の役者の屋号や家の紋も説明付ですし、役者色もきちんと色見本付でイメージを持ちやすい作り方です。ただ、屋号のページはもう少し整理してあるとよかったかなとは思いますが…。

なかなか文様の名前って見ないので、美術品を見るときに今まで気に留めなかった文様の名前や由来に興味を持てる内容で面白いと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック