日本フィル・プレイズ・シンフォニック・フィルム・ス... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 五線堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。ケースは新しいものに交換済みです。ブックレット縁にケース蓋の爪のはさみ跡(窪み)があります。ブックレットに細かいスレがあります。ディスク盤面良好です。その他目立つ傷み等特に見当たりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

日本フィル・プレイズ・シンフォニック・フィルム・スペクタキュラー Part2~風と共に去りぬ(感動とサスペンス篇)~

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,365
価格: ¥ 2,356 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 9
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本フィル・プレイズ・シンフォニック・フィルム・スペクタキュラー Part2~風と共に去りぬ(感動とサスペンス篇)~
  • +
  • 日本フィル・プレイズ・シンフォニック・フィルム・スペクタキュラー Part3~スター・ウォーズ(SF・ファンタジー篇)~
総額: ¥4,325
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: 日本フィルハーモニー交響楽団
  • 指揮: 沼尻竜典
  • CD (2003/9/3)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: キングレコード
  • 収録時間: 61 分
  • ASIN: B0000ABB97
  • EAN: 4988003288990
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 453,183位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 荒野の7人
  2. カサブランカ 組曲
  3. 風と共に去りぬ タラのテーマ
  4. 栄光への脱出
  5. マイ・フェア・レディ セレクション
  6. スパルタカス メイン・タイトル
  7. パリは燃えているか
  8. ミステリー・ゾーン テーマ
  9. サイコ プレリュード
  10. 大地震 (パニック映画組曲)
  11. タワーリング・インフェルノ (パニック映画組曲)
  12. ジョーズ (パニック映画組曲)
  13. 大草原の小さな家
  14. フォレスト・ガンプ メイン・タイトル
  15. スター・ウォーズ 王座の間とエンド・タイトル

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

実は“キング・オーディオ・ファイル・シリーズ”と銘打たれていて、音楽的充実以外にも重要ポイント多し。はじめは少し遠目かな? と感じる録音は、実は自然なオーケストラ・ダイナミクスを目指したもの。耳が慣れるにしたがって、そのこだわりを実感できる。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Norio001 投稿日 2010/6/23
1980年代以降、映像音楽の録音といえば、ジョン・ウィリアムズの指揮するボストン・ポップス・オーケストラとエリック・カンゼルの指揮するシンシナティ・ポップス・オーケストラによるものが、質的に突出したものとして存在してきた。
しかし、前者に関しては、オリジナル・サウンドトラックの演奏と比較すると、しばしば、演奏に生気を欠くことが多く、また、後者に関しては、近年になり、編曲に劣悪なものが増え、指揮者も精彩を欠くようになり、徐々にこのジャンル自体が魅力を失うようになった。
しかし、今世紀にはいり、日本フィルハーモニー交響楽団によってたてつづけに録音された6枚のCDは、上記の両横綱の録音と比較しても遜色のない、高水準の内容を誇るものである。
沼尻 竜典と竹本 泰蔵という有能な指揮者の的確な演出のもと、20世紀の古典ともいえるハリウッドの代表的な作曲家の傑作の数々が実に見事に奏でられている。
これらの演奏の特徴は、あえていえば、オリジナルの魅力を過剰な演出をくわえることなくありのままに表現していることにあるといえるだろう。
いずれの作品も、世界中に配給される映像作品の付随音楽として作曲されているために、もともと高度の娯楽性と表現性をそなえた作品である。
ここに収録された演奏は、それらの作品が堅実な職人性のうえに自然体に演奏されるだけ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック