中古品:
¥ 150
+ ¥ 0 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: こちらの商品はゲームソフト・ディスクケース・説明書のセットとなります。その他付属品は原則ございません。ユーズド品ですので、全体的に汚れや傷がございます。動作は確認済です。商品に不具合が発生した場合は、弊社規約に基づき、返金させていただきます。14時までに弊社に注文確定メールが到着したご注文につきましては即日発送致します。発送は、梱包サイズや日時指定により異なりますが、ゆうメール、もしくは佐川急便宅急便での発送となります。商品到着までの日数や、プライバシーポリシーにつきましては、出品者情報をご覧ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 640
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: 阿頼耶識レコード
カートに入れる
¥ 630
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: ぎゃんすた★【安心確実に15時までのご注文は年中無休で当日出荷】
カートに入れる
¥ 1,000
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: e-ネットショップ フジシロ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

英雄伝説 碧の軌跡(通常版)

プラットフォーム : Sony PSP
CEROレーティング: CEROレーティング審査中
5つ星のうち 3.6 149件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
通常版
  • 零の軌跡」の続編!正統派RPG
  • 前作「零の軌跡」からのデータ引継ぎ可能

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

エディション: 通常版
  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

エディション: 通常版
  • ASIN: B004TJ4M1Q
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.2 x 1.5 cm ; 109 g
  • 発売日: 2011/9/29
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 149件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 6,044位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

エディション:通常版

・英雄伝説 碧の軌跡(通常版)(PSP) ・「零の軌跡」の続編!正統派RPG。 ・前作「零の軌跡」からのデータ引継ぎ可能。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

版: 通常版
空も零も好きで買ったのですが、終章前までは本当に面白かったです。
空の面々がちょい出てきたり、結社絡みの話も出てきたり、極めつけは終章前の急展開。
続きが気になって眠い目をこすりながらやりました。

でもその先にあったエンディングに期待しすぎたのか、待っていたのは酷い脱力感。
これクロスベルを守る立場の若い警察官達のお話ですよね?
警察官ってこの世界でも悪い人を逮捕するのがお仕事ですよね?
黒幕を逮捕しない終わり方って有りなんですかね。全く納得行きません。

前作遊撃士は国家に縛られず、ある程度冒険者のような私的な行動もすることも許されていたので、
主人公たちの行動も理解できていたのですが、今回は前作のように遊撃士を主人公とは敢えてせずに、
クロスベルを守る警官という違う立場での物語を考えた、そこは新鮮で評価すべきだと思います。
零ではぼちぼち職務をこなしていましたし。

でも碧ではキーアの存在で特務支援課が皆私情に走ってしまう。キーアの能力を考慮しても納得いかない点が多いです。
零では「このクロスベルを守りたい」とか言ってた人達が葛藤も無しに国よりもキーアが大事といった行為に
出たのはガクッとしました。何よりもキーアと特務
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 通常版
※ネタバレありです

前作ではクロスベルの闇がどうのこうの言ってましたが、そんなものはEDのスライドショーであっさり片付けられてしまいます。
本編ではひたすら身喰らう蛇や赤い星座の強さを思い知らされるばかりで、ロイド達は結局クロスベルを守れてないですよね。
終章までは結局、敵の計画通りに進んでいきました。
敵がチート級に強いので多少は仕方ないけど、ずっと敵の手のひらの上で転がっているばかりの主人公達の物語を「英雄伝説」と呼んでいいのだろうか?
そして、終章ではクロスベルそっちのけでキーアを救う物語にすり替わっているし、
散々クロスベルを混乱させた連中を追い詰めても、根はいい奴だと言って能天気にほったらかしておくのには納得がいきません。
逮捕しろよ(笑)逮捕するまでが警察の仕事ではないの??
人が乗った列車を平気で破壊するようなテロリストが「根はいい奴」なわけがないと思うのですが・・・
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 通常版
※ネタバレありです
中盤から終盤への盛り上がりが素晴らしくボリュームも
十分で楽しめました、しかしながら不満も多かったです。

 まずシナリオですが盛り上りは素晴らしかったのですが最後は
不完全燃焼でした、その要因はやはり敵キャラクターを支援課メンバーが
聖人のごとく見逃し、許してしまうことが原因だと思います。

 自身らの大切な人を含め大きな被害をもたらした敵は一度倒した後
逮捕する気も見せず逃がしてしまったり逃がした先でちゃっかり結社入りしていたり
首謀者についても支援課メンバーに憎めないとか言わせてしまったりと聖人すぎて
やさしいというより1週回ってすごく冷たい印象になってしまいました。

 また前作から気になりだしてはいましたがギャルゲーのような作りに
するのはやめてほしいです、軌跡シリーズは一本の長い物語を描いている
わけですからパラレルのようにして主人公に多数の女性キャラを攻略させる様なものは
私は望んでいません、今作ではそれが露骨でした。

 次回作以降ロイド達の人間関係はどうするのでしょうか?
次回作でも弟ブルジョワジーだのとハーレムを形成していたらさすが
...続きを読む ›
コメント 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 masa 投稿日 2012/7/11
版: 通常版 Amazonで購入
悪人が山ほど出てきますが叩きのめしても叩きのめしてもみんな戦闘終了後には元気でさっさと逃亡するので非常に徒労感が強いです。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 通常版
ゲームは楽しめましたが、主人公達に不満が多いです。
キーアを大事に想うロイド達に感情移入できませんでした。
前作の零の軌跡で、キーアを助けて一緒に過ごした日々の描写がインターミッションぐらいでしか詳しく描写されていないので、ロイドと同じ気持ちにはなれませんでした。

絆も、前作はあっさりしていましたが、今作は日焼け止めオイルを女性に塗るとか気持ち悪いです。
エリィの絆だと、終盤の告白シーンでロイドがエリィに、ずっと憧れていたとか好きだよとか言いますが、そんな描写が本編で全然なかったのでハァ?と思ってしまいました。
それどころかまだセシルに気持ちが残っているような台詞が終章にあったのに。
なんだか、セシルに脈がないからエリィで妥協した、みたいに見えてしまいました。
主人公のロイド以外のキャラ同士の客観的な描写なら、いつの間にかくっついてた、いつの間にか好きになってた、実は好きだったってのは全然アリです。(現実でも電撃結婚がありますし)
でも、主観である主人公ロイドでそれをやられると萎えます。
主人公の気持ちの変化や流れは見えるようにしてほしい。
空の軌跡のエステルは、ヨシュアを異性として意識しだした時期ははっきり書かれていました。
絆を導入してしまったためにそういう
...続きを読む ›
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す

エディション: 通常版