ポイント: 10pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 10月30日 土曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日10月 29日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
日本ノンフィクション史 - ルポルタージュからアカ... がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
無料配送: 11月1日 - 2日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ★帯付き。アルコール洗浄液等の簡易清掃はしておりますが、中古本相当のコンディションになります。裏表紙に凹みキズが御座います。中身の見えない黒色防水封筒で発送致します。 ◆中古本と言う性質と、環境に配慮した簡易包装になっておりますので、ごくまれに輸送中に包装の上からダメージが本にまで及び、説明に無いキズなどが有る場合が御座います。 ★24時間以内に発送しておりますが、北海道、沖縄等の離島に関しては更に数日、到着まで日数がかかる場合が御座います。 ◆消費資源削減の為、納品書は封入しておりません、アマゾンの注文履歴より印刷できますが、必要な方は注文時にご連絡下さい。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

日本ノンフィクション史 - ルポルタージュからアカデミック・ジャーナリズムまで (中公新書) 新書 – 2017/3/21

5つ星のうち3.9 11個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥968
¥968 ¥268

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 日本ノンフィクション史 - ルポルタージュからアカデミック・ジャーナリズムまで (中公新書)
  • +
  • 現代日本を読む―ノンフィクションの名作・問題作 (中公新書)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

メディア掲載レビューほか

日本のノンフィクションはどう生まれ、どこへ行くのか

「徹底的に取材しているわけでもない」

さるノンフィクション賞の最終候補作に対し、選考委員が痛烈な批判を加える――。本書は冒頭からスリリングだ。議論の推移を読むにつれ、読者の頭にはある疑問が浮かぶ。そもそもノンフィクションとは一体何なのか?

「執筆の動機はそこにあるんです。ノンフィクションで事実を相手にする時、得てして事実さえ伝えればいいんだという単純な話になってしまいがち。いかに伝えるかという方法論の視点が抜け落ちていて惜しいなあと思っていました」

日本のノンフィクションの黎明期から現代に至るまでの変遷、変質が方法論という明確な物差しで解き明かされる。わが国のノンフィクションの“成立"が1970年代だと喝破するあたりは、本書の読みどころのひとつでもある。

「団塊の世代が大きな担い手だったというのもノンフィクション史の大きな特徴です。政治の季節を知る彼らにとってノンフィクションは一種の自己表現の『物語』でもあった。ところが時代が下るとファクトと読者が直に結びつくことを理想とするジャーナリズム観がノンフィクションにも及び、本来その間をつなぐはずの書き手の透明化が求められているように感じています」

そんな現代の気分を吹き飛ばすような、大宅壮一と沢木耕太郎が放つ強烈な個性が印象的だ。

「大宅はノンフィクションの時代を用意した人物として重要です。書き始めるときはそれほど意識していなかったんですが、大宅に触れる分量が自然と多くなっていって評伝的な性格も多少ある本になりましたね。一方の沢木は方法としてのノンフィクションというものにかなり意識的。ノンフィクションが包含する『物語性』をよく分かっている人だけに読者を獲得できている。2人の存在があったからこそ、この本が書けたという指摘は当たっているかもしれません」

大労作だけに新書版のボリュームが惜しまれる節もある。武田さんの案内でもっと多くの名ノンフィクションに触れたいというワガママな気持ちも出てくる。

「過去には名作を紹介したブックガイドもあるのですが、取り上げられている作品が今の出版事情で手に入りづらい面と、事実を扱うだけに事件そのものが風化してしまう悩みがありますよね。でも方法の議論はできるはず。個々の作品論については、いつか是非やりたいと考えています」

評者:「週刊文春」編集部

(週刊文春 2017.06.01号掲載)

内容(「BOOK」データベースより)

「非」フィクションとして出発したノンフィクション。本書は戦中の記録文学から、戦後の社会派ルポルタージュ、週刊誌ジャーナリズム、『世界ノンフィクション全集』を経て、七〇年代に沢木耕太郎の登場で自立した日本のノンフィクション史を通観。八〇年代以降、全盛期の雑誌ジャーナリズムを支えた職業ライターに代わるアカデミシャンの活躍をも追って、「物語るジャーナリズム」のゆくえと可能性をさぐる。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 中央公論新社 (2017/3/21)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/3/21
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 290ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4121024273
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4121024275
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 11個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
11 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年6月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月8日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2017年11月19日に日本でレビュー済み
ベスト500レビュアー
2017年4月2日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年5月28日に日本でレビュー済み
2017年3月23日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年4月20日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告