中古品
¥1
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

日本オラクル―日本の会社になりきる外資 (日本語) 単行本 – 1999/10/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1
¥1
お届け日: 11月27日 - 28日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

日本型外資系企業の強さの秘密
今年2月、株式店頭公開を果たした外資系企業日本オラクル。米国の親会社オラクル・コーポレーションは、マイクロソフトに次ぐ世界第2位のソフトウエア会社である。なぜ今、日本オラクルとして店頭公開を行う必要があったのか。本書は、同社が歩んだ9年間の足跡、その独創的な経営方針とビジネス活動を描いている。

店頭公開は、全世界のオラクル・グループの中でも異例の戦略だ。しかし佐野力氏は、社長に就任した1990年から日本独自の経営スタイル、すなわち「ジャパン・モデル」の構想を描いていた。例えば、グループの基本的な販売手法である直接販売方式を導入せず、ディーラーを立てる間接販売形式を日本独自に展開。その結果、91年度には17億円だった売り上げが、96年度には300億円にまで急上昇した。

また人事面でも、「基本年俸制」の採用、他の職種への異動を奨励する「ジョブ・エントリー制度」を導入するなど、従来のモデルとは異なる斬新な体制を打ち立てた。

外資系企業が「日本の会社」であることを目指した結果、「日本型でも、米国型でもない」独自の強い企業が生まれた過程が詳しくわかる。


(日経ビジネス1999/11/29号 Copyright©日経BP社.All rights reserved.)
-- 日経ビジネス

内容(「BOOK」データベースより)

オンリーワン・カンパニーへの挑戦!大企業のサラリーマンでは、逆立ちしたってこんな成功はできない。ベンチャー企業の旗手日本オラクルのパワーの源泉を全解明。

登録情報

  • 発売日 : 1999/10/1
  • 単行本 : 245ページ
  • ISBN-10 : 4478311773
  • ISBN-13 : 978-4478311776
  • 出版社 : ダイヤモンド社 (1999/10/1)
  • 言語: : 日本語

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません