通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本を動かす次世代メディア デジタルサイネージ戦略... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 若葉堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーややコスレ 本体概ね良好 帯付き ◆Amazon.co.joが発送します。管理用シールは剥離しやすいタイプを使用しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本を動かす次世代メディア デジタルサイネージ戦略 電子看板最前線 単行本(ソフトカバー) – 2010/4/23

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 80

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本を動かす次世代メディア デジタルサイネージ戦略 電子看板最前線
  • +
  • デジタルサイネージ入門 ─世界の先進事例に学ぶビジネス成功の条件
  • +
  • デジタルサイネージ2020
総額: ¥7,128
ポイントの合計: 212pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

テレビ、パソコン、ケータイの次にやって来るのは「デジタルサイネージ」

電子看板の枠に収まらない可能性を秘めた新しいメディア「デジタルサイネージ」の現在と課題・将来を、実例とインタービュー記事で紹介した、国内サイネージのいまの姿がわかる本です。特に、大日本印刷・森ビル・丹青社・ジェイアール東日本企画・内田洋行・博報堂DYメディアパートナーズなどをはじめとする各分野のサイネージ担当者のインタビュー記事は、現在のディスプレイメディアを取り巻く状況におけるさまざまな戦略やビジネスモデル、動向を知ることができ、たいへん興味深い内容になっています。このほか、国内各地を回って得た日本型サイネージの試行と効果、広告市場や宣伝販促とサイネージの関係、放送波や携帯電話との連携などについての考察も、各メディア業界の関係者やビジネスマンには役立つ情報となるはず。ぜひご一読ください。

内容(「BOOK」データベースより)

日本中の街で動き始めた次世代メディア。国内サイネージの現在と課題、未来がわかる。博報堂、SI、大日本印刷、森ビル、ソニー、内田洋行、JR、医療サイネージ業界キーマン35人の貴重なインタビューを掲載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 244ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2010/4/23)
  • ISBN-10: 4048684795
  • ISBN-13: 978-4048684798
  • 発売日: 2010/4/23
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 232,510位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
網羅的ではあるが、この本を読んで国内のデジタルサイネージの動向や各地での試みの現状、課題がわかった。いずれも、著者らが日本中を調べて回って得た記事だ。また、メディアとしての次のステップへのヒントが組み込まれている。著者の、サイネージによって「旧来の広告市場を奪いあうのではなく、メディア融合の新しい広告市場を形作る」という意見は重要。融合が具体化した時点で、サイネージの方向性がさらに明確化するだろう。ただし、サイネージは広告メディア以外の側面も大きいので、私はその点に期待している(広告というと、どうしても従来型の業態や景気云々に縛られる)。通信と放送の融合による新しいインフラとの関りに始まり、アートやポップカルチャーがサイネージを活用すれば家庭や映画館といった従来の場所以外での映像表現が出現するかもしれない。Webとの連携も注目だ(街角に進出するWeb)。その点で本書に書かれているとおり、それらをリードする「総合プロデューサー」の登場が待たれる。できることなら、若い世代の発想でこのメディアを盛り上げてほしいとも思う。さらに本書では、さまざまな業界のサイネージ関係者へのインタビューが豊富に掲載されており、本書のボリュームの半分以上を占め、いずれも興味深い。ハード・コンテンツ・通信などの業界関係者にはインタビューの内容も参考になるだろう(サイネージにまったく絡んでいないが、ホンダの広報戦略の考え方は独特だ)。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
東京などでは街中にあふれるようになってきたデジタルサイネージについて,実際にそれを展開している企業の短文もまじえて紹介している. あふれるようになったとはいえ,まだ視聴率のような効果の測定法が確立されていないという. そのためか,また不況のためもあり,コストダウンがもとめられている. 紙にくらべるとコストがたかいが,ポスターなどの紙より人気があったり効果がたかかったりするわけでもない.

テレビ CM の効果がうすれるなかで,それにかわる手段として模索されているが,まだキメ手を欠いているといったところだろう. くるしさがにじみでている.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告