中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く 単行本 – 2007/9

5つ星のうち 4.6 43件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

21世紀は「歴史力」「歴史解釈力」が国家の命運を左右する時代。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

櫻井/よしこ
ハワイ州立大学歴史学部卒業。「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙東京支局員、日本テレビニュースキャスターなどを経て、現在ジャーナリストとして活躍中。95年、『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』(中央公論新社)で第26回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。他に『日本の危機』『何があっても大丈夫』(新潮社)など著書多数。現代日本の諸問題を提起した数々の言論活動に対して、98年に第46回菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 299ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2007/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416369420X
  • ISBN-13: 978-4163694207
  • 発売日: 2007/09
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 14 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 408,442位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
本書の狙いは、事実に沿って理性的に歴史を見つめ、日本の歩みを検証することである。具体的には「日本悪玉史観」「自虐史観」「東京裁判史観」を、歴史家や国際政治学者など十数名が登場し、様々な観点から対談、座談会を収録している。本書で初めて知った出来事や、歴史認識などが余りに多く、私にはハイレベルであった。そこで、本書で紹介のある『南京事件の探求』『リットン報告書』『閉ざされた言語空間』『歴史の嘘を見破る』『韓国・北朝鮮の嘘を見破る』を矢継ぎ早に購入した。これらの書物を参考にして、近現代史の事実関係を整理していきたい。本書は近現代史のナビゲーターとして有益な書物の一つである。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
自らに連なる歴史を意識したとき、自国への誇りや教訓になるだけでなく、他国を貶める材料や、政治活動を有利に進めるカードにもなる。それらを全てひっくるめて歴史には力があるのだと、本書を読みながら考えました。それは価値の争いの武器となる力です。
先の戦争で日本がしたことは他国から言われるほど悪くなかった。むしろ事実をねじまげてまで日本を糾弾する韓国や中国の卑劣さこそ明るみにすべき。というのが本書のスタンス。内容には頷けるところもあります。
ただ思うに歴史に100%の悪はほぼありえないでしょう。80%や90%の悪ならあるかもしれません。一つの面だけから見ると100%の悪に見えても、立場を変えてみるとそれなりの事情があったりします。
編者の桜井よし子さんは複数の立場を検証した上で自らの見解を打ち出している聡明な人だと思います。しかし本書にあるような情報から、韓国や中国を叩くことを快感にする人も出やしないかと余計な心配をしたりします。一方的に攻撃されないための護身術としての歴史知識は、暴行のための武器にだってなるかもしれません。
歴史の探求は興味ぶかく、深入りできてしまうだけに、リミッターをかけておきたい気持ちも自分にはあります。時間が進む方向は前しかありません。過去の歴史論争にエネルギーを費やすことで、得られるものと失われるものの両方があることは感じました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
フツーに公立の学校で義務教育を受けてきた戦後世代に、
「みなさん、目を覚ましてください!」というスタンス。

今後の日本の内政・外交の舵取りがゆがまないためにも、
このような事実が広く国民に知れ渡ってほしいと思う。

ただ、能動的に本を読む人が少ないので期待は薄いかも知れません・・・
コメント 182人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これからの日本の梶取りは現代史をしっかり見つめないといけないと思います。しかし、活字にされた現代史は捏造されたものが多いと知りました。冷静に考えれば、「変なこと」は一杯あります。そうした事に気付かせ、ぶれない歴史観を教えられる一冊だと思います。
コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
学校では、さらっと流して終わってしまう日本の現代史。
それを櫻井さんと歴史の専門家の先生達が、対談形式で深く掘り下げていきます。

文庫本化の際に追加された慰安婦問題に関しては、今ではかなりの日本人に真実が
広まりつつありますが、南京虐殺や東京裁判に関しては、一般的な書籍では、今まで
あまり触れられなかった内容です。

右寄りの思想本と思われがちですが、あくまで徹底的に調べられた、客観的な事実に
基づく歴史検証本です。日本が共産圏の情報操作により、じわじわと国力を削がれて
いった事実を知ることができますが、この状況は、中韓によって現在も続いています。

捏造された歴史によって、誇りを失ってしまった日本。
この呪縛を解くためにも、国民のひとりひとりが、正しい歴史認識を持たないといけない
と痛感させられます。各章が程よい長さで、読みやすい本でした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これまで「正しい歴史認識」とされている各事案に対して実に多方面から客観的に論証されており、教育現場でも是非活用してほしい一冊。
読み始め当初は、捏造の中国・韓国、GHQに対して腹立たしくもなりますが、読み進めて冷静になると我々もあらゆる場所に視野を広げることが大事と分かる。
もはや歴史とは単なる学校の教科の一項目ではなく、国家の根幹・外交手段であると認識すべき。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー