通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、バルテン ブックスが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
日本は誰と戦ったのか がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 しこたま書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに多少スレがありますが綺麗な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


日本は誰と戦ったのか (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2017/11/25

5つ星のうち4.6 83個の評価

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書 ¥1,012 ¥1,000
単行本(ソフトカバー), 2017/11/25
¥1,160
¥1,160 ¥294
5%還元 キャッシュレス払いなら、お得 詳細


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • キャッシュレス・消費者還元5%の対象商品です。5%の還元が注文確定時に適応されます。 Amazonによる割引。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 日本は誰と戦ったのか
  • +
  • コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)
  • +
  • アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄 (祥伝社新書)
総額: ¥3,118
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

◆私たちは嘘の歴史を教わってきた!
日米の歴史学者が隠蔽した歴史を今詳らかに!


◆これは事実であり! 悲劇!
日本もアメリカもソ連のために戦わされた! !


◆最新のアメリカの保守派の歴史見直しはここまで 進んでいる! !

◎アメリカ保守主義運動を牽引してきたM・スタントン・エヴァンズ
◎ロシア革命100年! 今明かされるスターリンの戦争犯罪
◎ヴェノナ文書で裏づけられる! 真珠湾攻撃というコミンテルンの仕掛! !

戦後の歴史観が全てひっくりかえる

●アメリカでルーズヴェルト批判がタブーだったわけ
●ソ連のスパイが書いたハル・ノート原案
●日米開戦へと追い込んだモーゲンソー私案
●変遷する「リメンバー・パールハーバー」
●ソ連の対米工作を描いた『スターリンの秘密工作員』
●ソ連の対日参戦に反対した米軍幹部たち
●天皇と皇族男子を監禁しようとしたソ連
●「過酷な和平」派による日本解体計画
●ヤルタ会談を仕切っていたある一官僚
●マッカーサーも対日参戦に反対していた

■二十世紀とは、ソ連・コミンテルンとの戦いであった!

「東西冷戦」は一九九一年のソ連の崩壊によって終結したと言われていますが、それはヨーロッパの話です。残念ながらソ連崩壊のあとも、アジアには中国共産党政府と北朝鮮という二つの共産主義国家が存在し、アジア太平洋の平和と繁栄を脅かしているのは御承知の通りです。
この中国共産党政府と北朝鮮という二つの「共産主義」国家が第二次世界大戦後、なぜ誕生したのか。その経緯を調べると、アメリカのルーズヴェルト民主党政権がソ連に協力して、アジアの共産化に手を貸した「歴史」が見えてきます。(中略)半世紀が過ぎ、多くの機密文書が公開されたことで日本を開戦に追い込み、東欧とアジアの共産化に手を貸したルーズヴェルト民主党政権の問題点が、アメリカの保守系の歴史学者の手によって次々と明らかにされてきています。端的に言えば、アジア太平洋で戦争を引き起こしたのは日本ではなく、ソ連・コミンテルンとルーズヴェルト民主党政権であったのではないかという視点が浮上してきているのです。 (はじめにより)

◆本書の内容

序 章 日米開戦はスターリンの工作だった
第一章 日米を開戦に追い込んだゾルゲ
第二章 「雪」作戦発動
第三章 オーウェン・ラティモアの暗躍
第四章 乗っ取られたホワイトハウス
第五章 ヤルタ会議を仕切ったアルジャー・ヒス
第六章 握り潰された「反ソ」報告書
第七章 ソ連の対日参戦まで日本を降伏させるな
第八章 ソ連の対米秘密工作は隠蔽されてきた

内容(「BOOK」データベースより)

ヴェノナ文書で裏づけられる真珠湾攻撃というシナリオ。衝撃!米保守派の最新歴史研究。戦後の常識が全てひっくりかえる!ロシア革命から100年今明かされるスターリンの戦争犯罪。日米を戦争に追い込んだソ連の謀略。

著者について

江崎道朗(えざき みちお)

評論家。専門は安全保障、インテリジェンス、近現代史研究。
1962年生まれ。九州大学卒業後、月刊誌編集、団体職員、国会議員政策スタッフなどを経て、2016年夏から本格的に評論活動を開始。月刊正論、月刊WiLL、月刊Voice、日刊SPA!などに論文多数。
著書に『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』(PHP新書)、『アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄』(祥伝社新書)、『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』(青林堂)、『コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾』(展転社)ほか多数。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

江崎/道朗
評論家。専門は安全保障、インテリジェンス、近現代史研究。1962年生まれ。九州大学卒業後、月刊誌編集、団体職員、国会議員政策スタッフなどを経て、2016年夏から本格的に評論活動を開始。月刊正論、月刊WiLL、月刊Voice、日刊SPA!などに論文多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 304ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2017/11/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 458413829X
  • ISBN-13: 978-4584138298
  • 発売日: 2017/11/25
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 2.2 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.6 62件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 190,522位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
評価の数 83

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

62件のカスタマーレビュー

殿堂入りベスト50レビュアー
2019年2月9日
形式: 新書Amazonで購入
113人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年2月9日
形式: 新書Amazonで購入
73人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2019年2月8日
形式: 新書
88人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年1月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
53人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告