通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本は中国でどう教えられているのか (平凡社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。d9527a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本は中国でどう教えられているのか (平凡社新書) 新書 – 2007/11

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

歴史認識問題で、しばしば摩擦が生じる日本と中国。日清戦争、満州事変、「南京大虐殺」、太平洋戦争…、中国の学校で、日本はどう教えられているのか?現役の社会科教師が北京の中学・高校を訪ね、近現代史の授業の詳細と生徒の声をレポートする。中国の若い世代は「反日」なのか、「親日」なのか?彼ら彼女らの本音が、ここにある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

西村/克仁
1969年兵庫県黒田庄(現西脇市)生まれ。関西大学大学院修了。専攻は東洋史。94年より同志社香里中学・高等学校社会科教諭。授業を担当する傍ら、中高生に対する近現代の歴史認識についての授業方法を研究。イラク戦争、憲法などのテーマについて、生徒に自ら考えさせる教案も展開。中国語を独学で勉強し、2006年4月より1年間、同校の教員研修制度により北京の中国政法大学に留学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 225ページ
  • 出版社: 平凡社 (2007/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582853986
  • ISBN-13: 978-4582853988
  • 発売日: 2007/11
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 721,404位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
著者は同志社高校の社会学教師。中国語をマスターし、2006年から1年間、
北京の中国政法大学に留学。さらに飛び込みで中国の中学・高校の歴史授業に
半年も参加・調査・分析。

こんなことをした日本の講師は初めてかも。単なる評論家先生とは違う。

私は零細企業コンサルとして、年間100回講演し、著書も2冊出した。
年間約2500人の中小企業経営者と会い、中国関連のビジネスが増えているのを実感。
さらに2006年4月から2007年3月まで、小学生の子供2人と妻の家族で1年間世界一周したが、
各国で中国人がスゴク活躍しているのをこの目で見た。中国の勢いは本国だけでなく、
世界中で凄い。

既に我々の衣食住には、多くの中国製品が進出しているが、
今後、もっともっと増えるし、中国の発展を考えると、
否応なしにつき合わざるを得ないと思う。

中国関連で経済経営の本は多数あるが、その大元の中国人の世界観・歴史観、
しかも、今後の中国を背負う学生の意識をも知るのは、非常に大事だと思う。

しかし、中国は面白い。2007年11月には、4回目となる上海〜洛陽〜杭州を廻ったが、
どこも「三丁目の夕日」のように
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告