Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥622

(税込)

獲得ポイント:
6ポイント (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[瀧澤中]の日本はなぜ日露戦争に勝てたのか (中経の文庫)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


日本はなぜ日露戦争に勝てたのか (中経の文庫) Kindle版

5つ星のうち4.6 3個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥622
文庫
¥1
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

大久保利通が、暗殺される当日の朝に語った日本の将来とはどんな姿か。山県有朋が、西郷隆盛を殺そうとしたのはなぜか。日本がはじめて不平等条約から脱却するキッカケをつくったのは? 日露戦争勃発当時、中立を宣言していたアメリカを親日世論に動かした金子堅太郎は、セオドア・ルーズベルト大統領にトイレを案内させたが、その事情とは?
明治日本がなぜ日露戦争に勝ったのか、ということを、戦争の場面ではなく、そこに至る道の途中を覗いてみることで、現代日本の生きる道、現代日本が抱えている問題を解決する手段を見出せる。少なくとも、歴史は現代を生きる者にとって、生き方のヒントを与えてくれる。

出版社からのコメント

本書は、司馬遼太郎氏の『坂の上の雲』に描かれた時代や人物を、

少し別の角度から眺めてみよう、という試みから始まったもの。


本書の時代としては、司馬遼太郎の『翔ぶが如く』の後半から始まる。

大久保利通が、暗殺される当日の朝に語った日本の将来とはどんな姿か。

山県有朋が、西郷隆盛を殺そうとしたのはなぜか。

日本がはじめて不平等条約から脱却するキッカケをつくったのは?


日露戦争勃発当時、中立を宣言していたアメリカを親日世論に動かした金子堅太郎は、

セオドア・ルーズベルト大統領にトイレを案内させたが、その事情とは?

明治日本がなぜ日露戦争に勝ったのか、ということを、戦争の場面ではなく、

そこに至る道の途中を覗いてみることで、現代日本の生きる道、

現代日本が抱えている問題を解決する手段を見出せる。

少なくとも、歴史は現代を生きる者にとって、生き方のヒントを与えてくれる。


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2551 KB
  • 推定ページ数: 226 ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2014/2/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00IKF4LMU
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.6 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 203,324位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
評価の数 3
星5つ
62%
星4つ
38%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2012年10月13日
形式: 文庫Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年12月28日
形式: 文庫
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年2月9日
形式: 文庫
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover