通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注意:初版。この商品は併売(HN)のため品切れの際はご容赦ください。商品の状態も展示疲労している場合があります。包装後、都内より発送いたします。(単行:人文・上段7.8)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか 単行本(ソフトカバー) – 2016/5/26

5つ星のうち 4.5 51件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 705

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか
  • +
  • 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
  • +
  • 本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 120pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ベストセラーになった前作(『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』)を、はるかに上まわる衝撃の事実!
日本の戦後史に、これ以上の謎も闇も、もう存在しない

この本には、日本国民のみなさんが知ったら、卒倒しかねないことがたくさん書かれています。
しかし、それらはすべて、公文書にもとづく疑いようのない事実なのです。
なかでも驚かされるのは、1950年6月の朝鮮戦争・勃発以来、アメリカの周到な計画のもとでむすばれた数々の条約や協定が、わたしたち日本人の知らないあいだに、次のような恐るべき密約を成立させていたという事実です。

戦争の脅威が生じたと米軍司令部が判断したときは、
すべての日本の軍隊は、アメリカ政府によって任命された
最高司令官の指揮のもとに置かれる。

これが本書のテーマである「指揮権密約」という、アメリカがもつ巨大な法的権利の正体であり、日本が負う巨大な法的義務の正体なのです。

——えっ! いったい、いつ、どこで、だれが、そんなひどい取り決めをむすんだのだ!?
それは、この本をお読みになればわかります。そしてこの密約の存在を知れば、いま日本の国境というしばりを越え、海外へ派兵されようとしている自衛隊が、いかに重大で深刻な歴史的役割を負わされているかがわかるでしょう。

——でも、日本には憲法9条があるじゃないか!
この本を読めば、その憲法9条が、どのようにしてその理想と効力を奪われていったかが、はっきりとわかります。そしてその理想を取りもどすために、わたしたちがいったいなにをすればいいかも、わかります。
膨大な資料群のなかから、「指揮権密約」という戦後最大のタブーを浮かび上がらせ、その存在を証明した著者の緻密な思考と情熱。本書では、日本の戦後史に隠された謎のすべてが、ついに解き明かされます。

【本書の目次】
序 章 六本木ヘリポートから闇の世界へ
PART 1 ふたつの密約──「基地」の密約と「指揮」の密約
PART 2 ふたつの戦後世界──ダレスvs.マッカーサー
PART 3 最後の秘密・日本はなぜ、戦争を止められないのか──継続した「占領下の戦時体制」
あとがき 独立のモデル──私たちは、なにを選択すべきなのか

内容(「BOOK」データベースより)

ベストセラーとなった前作、『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』をはるかに上まわる衝撃の真実!日本の戦後史に、これ以上の謎も闇も、もう存在しない!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 320ページ
  • 出版社: 集英社インターナショナル (2016/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797673281
  • ISBN-13: 978-4797673289
  • 発売日: 2016/5/26
  • 梱包サイズ: 19 x 13.3 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 51件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,963位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 rikimaru 投稿日 2017/6/6
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
教科書で教える内容は時の勢力が操作するのが歴史の真実だが
法治国家と言えないこの現実を多くの国民が直視しないといけない
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/2/3
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
『日本はなぜ「基地」と「原発」をやめられないのか』の著者の本ということで手に取り、類似のテーマを扱った吉田敏浩さんの『「日米合同委員会」の研究』と併せて読みました。吉田本も内容の充実したすごい本ですが、基本的に吉田さんが入手した秘密文書を淡々と一つ一つ読んでいく形式ですし、法律や協定の文章は専門的なのでどうしても固くて読みにくい部分があります。本書は文体が語り口調ですし、内容は再読を要する難度とはいえ文章そのものは読みやすいかと思います。
 また、両書ともに「日米合同委員会」と「日米間の密約」を扱っていますが、本書は国連憲章条文執筆にも携わった戦後世界の設計者のひとり、ジョン・フォスター・ダレスがマッカーサーを巧妙に操作し、自分の思い描いていた日本統治と戦後世界構築を行ったということがかなり紙幅を割いて書かれていますが、吉田本はダレスについては言及がなく、日本の法は戦後「占領管理法体系」から「安保法体系」へと移行していった、という面から著述されています。

 なぜ、日本はアメリカの言うなりになってかつてはイラクに、今また南スーダンのような危険地帯に自衛隊を派遣するのか?なぜ、沖縄の基地問題はいつまでも解決しないのか?なぜ、基地反対の訴えはこうまで退けられてしまうのか?

 そこには独立した法治国家としてあるまじき、日本国憲法に優越す
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みやさま トップ1000レビュアー 投稿日 2016/10/23
形式: 単行本(ソフトカバー)
「我々はいつしか奴隷として生きていることに慣れてしまっている。自分で判断しなくていい奴隷は楽だ。
 他人がこうやれということをやればいいだけだから、これほど楽なことはない」
 そう、これがまさに現在の日本の状況なのだということが、本作によってあらためて明らかにされています。
 基地によるアメリカの占領状態が今も継続している日本。
 そしてその状況が、アメリカから押しつけられたものではなく、日本自らがイージーな道を進むべく自身から望んでアメリカの奴隷としての道を受け入れているという事実。
 アメリカの国務省自身が、現在の異常な状況はやめるべきだとの見解を持っていたにもかかわらず、日本政府自身が占領状態をたのみ、米軍への従属状態を望みつづけ現在に至っている。
 
 著者による前作「日本はなぜ基地と原発を止められないのか」は、沖縄の人々がなぜ基地問題であれほど反対行動をとるのか、その根幹となる事実を読みやすい文章で明らかにした良書で、日米関係を考えるきっかけにもなりました。
 日本の防衛という国家レベルの問題を沖縄という一地方がとやかく言える筋合いではない、との意見も耳にしますが、果たしてそれはアメリカの奴隷状態である日本の現状を理解したうえでの意見なのでしょうか。他国に占領を続けて欲しいなどと考える国が日本
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
軍事指揮権や在日米軍の法的地位、米外交筋や米軍の立場など、これまでに知らなかったことが多く書かれており、大変勉強になった。

ただし・・・ただし、だ。
著者は残念ながら日本と米国しか見ていないのではないだろうか。
指揮権の密約に関しては、「密約」という点は確かに問題だが、朝鮮戦争勃発という特殊状況においては当然あり得た話だという評価が正しいのではないか。
韓国などは、いまだに戦時作戦統制権を在韓米軍が持っている。
数年前にこの戦作権を韓国に返還することが決められたものの、その後政権が替わり、韓国側がむしろ返還の先延ばしを希望している。
北朝鮮の脅威を前に、韓国はこのように態度を改めた。
その点についてどう考えるか、著者の意見を聞いてみたい。

また、在日米軍の撤退を進めるにあたり「フィリピン・モデル」を提唱していることは残念だ。
フィリピンから米軍が撤退したあと、南シナ海で何が起こったか、そして今どのような状況か、著者は全く考慮していないようだ。
むろん、米軍撤退と中国の海洋進出は完全なる因果関係があるものではない(そんなものは証明できない)。
しかし近年、米軍がフィリピンの基地を利用できるよう新たな協定が結ばれたことを見れば、当事者が「因果関係がある」
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー