通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか 単行本 – 2014/10/24

5つ星のうち 4.5 240件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 740

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
  • +
  • 日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか
  • +
  • 本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 78pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

なぜ戦後70年たっても、米軍が首都圏上空を支配しているのか。
なぜ人類史上最悪の事故を起こした日本が、原発を止められないのか。
なぜ被曝した子どもたちの健康被害が、見て見ぬふりされてしまうのか。
だれもがおかしいと思いながら、止められない。
日本の戦後史に隠された「最大の秘密」とは?

大ヒットシリーズ「〈戦後再発見〉双書」の企画&編集総責任者が放つ、「戦後日本」の真実の歴史。
公文書によって次々と明らかになる、驚くべき日本の歪んだ現状。
精緻な構造分析によって、その原因を探り、解決策を明らかにする!

<目次>
PART1 沖縄の謎――基地と憲法
PART2 福島の謎――日本はなぜ、原発を止められないのか
PART3 安保村の謎(1)――昭和天皇と日本国憲法
PART4 安保村の謎(2)――国連憲章と第2次大戦後の世界
PART5 最後の謎――自発的隷従とその歴史的起源

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、戦後70年たっても、米軍が首都圏上空を支配しているのか?なぜ、人類史上最悪の原発事故を起こした日本が、再稼働に踏みきろうとするのか?なぜ、被爆した子どもの健康被害が、見て見ぬふりをされてしまうのか?なぜ、日本の首相は絶対に公約を守れないのか?だれもがおかしいと思いながら、止められない。日本の戦後史に隠された「最大の秘密」とは?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 集英社インターナショナル (2014/10/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797672897
  • ISBN-13: 978-4797672893
  • 発売日: 2014/10/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 240件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,655位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者は、ベストセラーの孫崎亨著『戦後史の正体』(創元社)など「戦後再発見」双書の編集者である。これらの双書も十分すぎるほどのインパクトがあったが、本書は編集者自らが、戦後史の先行研究の数々をジグソーパズルのピースを集めるように、隠蔽された戦後史を再現し、分かり易く解説したものである。本書には、基本的には「新発見」は含まれないものの、全体像が明確になることでこれまでの戦後史に関するどの本よりも強い衝撃を与える本となった。評者は、本書で知った隠蔽された戦後史に関して、隠蔽の主犯である政治家・官僚・マスコミ・御用学者に強い怒りを覚えるとともに、沖縄を始めとする基地周辺住民や、福島を中心とする原発事故被害者の怒りと悲しみを改めて共有したいと痛感する。そして、戦後70年はあまりに長いが、本書のように真実を知ることそのものが次の希望につながることを確信する。

著者は、『戦後史の正体』の発刊後、読者から著者に届いたメールにあった、「3・11後、日本人は大きな謎を解くための旅をはじめた」というメッセージに感銘を受けたという(はじめに)。同感である。福島原発事故は、戦後日本の隠された支配構造を顕わにした。沖縄で進行中の、辺野古への基地移転反対運動も同様である。本書は、この「基地」と「原発」を手掛かりに、隠蔽された戦後史を白日の下に晒し、次に目指すべき目標を探し出す、旅の記録であ
...続きを読む ›
コメント 196人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
良くも悪くも、1945年8月15日から全てが変わってしまった。
あの世界戦争に負けて、大日本帝国の終わりと同時に、独立国家「日本」は完全に終わった。
その後のGHQの占領政策により、戦勝国の都合の良いように、日本の国体と日本国民の精神が、根本的に改造された。

当初、米国は米軍基地を日本に残すつもりはなかった。そんなおかしな独立国家などありえないと、紳士的に考えていた。
ところが朝鮮戦争が起きてしまった。米軍基地の完全撤退計画は消えた。そこには昭和天皇の御希望があった。これも意外だった。
でも当時は共産主義拡大の恐怖が凄かった。朝鮮戦争さえ起きなければ。「歴史に“if”は無い」とはいうけれど。

そうして日本は、日米安全保障条約などの「条約」が最も重視され、最高法規である自国の憲法がその下にあるという、
基本の狂った国家になった。同盟国の都合の前では、三権分立すら機能しなくなる。もはや法治国家ではない。
基地や原発に関わる裁判での、到底腑に落ちない、論理の崩壊した、理不尽な判決の数々がその証だ。

そして、国連憲章にいまだに残る「敵国条項」により、日本は常に、喉元にナイフを突き付けられている。

日本が独立国家として真に自立し我が道を行けば、戦
...続きを読む ›
コメント 187人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本人で選挙権を持った成人であるならば、政治家は誰に入れても結局同じ…
と、日本の政治・民主主義について悲嘆に暮れたことが一度はあるのではないだろうか。

また、自分が期待し投票した政治家がいざ当選し国政の場に立つと
態度を翻し、議員になる前に主張していたことがすっかり鳴りを潜めてしまい
その態度に落胆させられてしまうといったことを経験した人も多いのではないだろうか。

本書は、戦後日本がアメリカとの間で結ばされた数々の条約などの内容について真実を暴露した衝撃の本となっている。
この本を読めば、先に提示した内容がどうして起こるのか一瞬で疑問が氷解するであろう。
詳しい内容は、既に他のレビュアー諸兄が詳しく書いているので当方で書くことはことさら無いが
この内容を平易な文章で出来るだけわかりやすく書いている、その筆力・構成に脱帽である。

日本に住んでいながら、アメリカ軍が大手を振って日本国民以上の厚遇を得ているのはなぜなのか。
その事実の背後にある事情を知った時、怒りに打ち震えるのと同時に、余りにも強大な相手が
裏で全ての糸を操っていることに、虚無感を感じる人も多いかもしれない。

それでも、これらの事実を全く知らずに生きてい
...続きを読む ›
コメント 454人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
孫崎享氏の「戦後史の正体」や沖縄基地ガイド本をすでにプロデュース・執筆した、矢部宏治さんの新刊。

この矢部プロデュース本の中には、他にも前泊博盛氏による日米地位協定解説本や吉田敏浩、新原昭治、末波靖司らによる砂川裁判と日米密約交渉の本がある。したがって、じつは私はこの本はその総集編のようなものではないかと思っていた。

つまり、日米地位協定の不当さ、それに加えて日米原子力協定の不当さを訴える本だろうと思っていた。

ところが、そうではなかった。この本の本当のテーマは、安倍晋三首相が基地と原発の問題の本かと思いきやさにあらず。これは憲法の本だった。矢部氏は憲法9条を金科玉条のごとく崇め奉る戦後左翼リベラルの考えについて、一定の評価を見せつつも「それは戦術論でしか無い」(181ページ)と今やその時期ではないと述べている。日本は憲法9条を盾にアメリカの再軍備要求に抵抗するべきだという「戦術」はもう通用しないのだという認識に著者の矢部氏は立っている。

日本の安全保障政策をめぐるムラ社会的な発想は保守派や外務省の日米安保村にあるだけではない。日本には「絶対護憲主義」を掲げるリベラルの護憲ムラがあり、保守の安保ムラがあるということである。そして、両者は巨大な壁で隔てられている事がわかる。それが日本人の手で国の形
...続きを読む ›
1 コメント 470人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック