通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本の鯨食文化――世界に誇るべき“究極の創意工夫”... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 センチュリー
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾンコンディションガイドラインを基準に出品しております。発送は,ヤマトDM便等(ポスト投函)となります。小口等ヨゴレ使用感 表紙カバー等イタミ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の鯨食文化――世界に誇るべき“究極の創意工夫”(祥伝社新書233) 新書 – 2011/6/2

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 64

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の鯨食文化――世界に誇るべき“究極の創意工夫”(祥伝社新書233)
  • +
  • 白人はイルカを食べてもOKで日本人はNGの本当の理由 (講談社+α新書)
  • +
  • イルカ漁は残酷か (平凡社新書)
総額: ¥2,654
ポイントの合計: 64pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【本書の主旨】
学校給食から「クジラの竜田揚げ」が消えて久しい。
鯨肉の供給量は、反捕鯨勢力の圧力で激減し、すっかり高嶺の花となった。
一度も食べたことがないという日本人が増えている。
私たちは古来、食べることを前提にクジラを捕ってきた。
皮も内臓も軟骨も、一頭を余すところなく食べる。
江戸時代に、八〇種以上の部位を解説した料理本が書かれていたほどだ。
なにより愛着と敬意をもってクジラに接してきた。
こんな優れた食肉文化は、世界を見渡しても他にないだろう。
固有の食文化こそが、民族性の基本である。
途絶えさせることなく、後世に伝えなくてはならない。
【本書の内容】

序章  クジラが大衆食だった時代
  1、日本人を救ったクジラ
  2、「クジラの竜田揚げ」が消えた日
3、なぜ日本は、「調査捕鯨」をするのか

第一章 日本の鯨食は、いかにして発展したか
1、食文化こそが、民族文化の基本である
2、鯨食の土台を築いた「鯨組」
3、「一頭を食べつくす」という文化
4、クジラに向けられた強い憧れ
5、外国人も食べたクジラ
6、近世捕鯨を終わらせた二つの事件

第二章 鯨食は生きている
1、鯨肉はどこから来ているか?
2、いちばんおいしいクジラは何か?
3、忘れ得ぬ鯨食の記憶
4、「鯨ベーコン」──まさしく創意工夫の鯨食文化
5、一度は食べたい部位・調理法

第三章 日本全国の鯨食文化を訪ねて
1、クジラと歩んだ日本人
2、千葉の鯨食を訪ねる
3、大阪の鯨食を訪ねる
4、和歌山の鯨食を訪ねる
5、高知の鯨食を訪ねる
6、山口の鯨食を訪ねる
7、長崎の鯨食を訪ねる
8、佐賀の鯨食を訪ねる
9、東京にいながらクジラを食べる

終章  未来食としてのクジラ
1、増えている鯨類資源──南氷洋と北西太平洋
2、クジラは、人類最高の食材

本書紹介店リスト

内容(「BOOK」データベースより)

学校給食から「クジラの竜田揚げ」が消えて久しい。鯨肉の供給量は、反捕鯨勢力の圧力で激減し、すっかり高嶺の花となった。一度も食べたことがないという日本人が増えている。私たちは古来、食べることを前提にクジラを捕ってきた。皮も内臓も軟骨も、一頭を余すところなく食べる。江戸時代に、八〇種以上の部位を解説した料理本が書かれていたほどだ。なにより愛着と敬意をもってクジラに接してきた。こんな優れた食肉文化は、世界を見渡しても他にないだろう。固有の食文化こそが、民族性の基本である―。途絶えさせることなく、後世に伝えなくてはならない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 236ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2011/6/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396112335
  • ISBN-13: 978-4396112332
  • 発売日: 2011/6/2
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.7 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 140,167位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
第三章、日本各地に残る捕鯨・鯨食文化の紹介が素晴らしい。本書にある通り「地域の活性化のために、画一化した文化や歴史が存在した例などない」(p167)のだから、このように豊かで多彩な、地域独自の鯨文化を守るためにも、これらの地域文化と関係のない国策=南極海でのノルウェー式捕鯨は廃止し、その予算や人員を、各地の沿岸地域捕鯨振興に使うべきだと感じた。

ただ日本の捕鯨史には、本書が(おそらく敢えて)触れない、いくつかの事実があるので、読者には注意を促したい。

例えばその一つは、我が国の捕鯨もかつては欧米と同様、鯨油生産が主目的だったことだ。貝原益軒『大和本草』にも、当初は搾油後の肉を食用とせず、多くを棄てていたと書かれているし、1934年の南極海捕鯨進出の目的も鯨油で、肉の大部分を棄てていた。

また鯨肉食(特に赤肉の食用)が全国に普及したのは昭和期以降で、1912年の『大日本水産会會報』でも当時、名古屋以東では、クジラの赤肉はほとんど食べられなかったと報告されている。1941年の調査でも、近畿〜中部の13府県・279集落のうち、半数以上の集落では赤肉を食べていない(「近畿中部地方に於ける鯨肉利用調査の報告概要」伊豆川淺吉1942)。
それより以前の江戸時代、「クジラは貴重で高価な食べ物だった」ことは、本書にある通り
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
シーシェパードで捕鯨に注目を集めるが、自分自身は鯨を食べたことがなかった。
そのため、捕鯨の国際問題を考える上で、実際にはどの程度日本で鯨が食べられているのか知りたく思いこの書籍を手にした。

自分がこの書籍を読んだ結果としては、鯨食の文化は日本各地で見られるがそれは全国的なものではない。
過去、給食で鯨が出されたことはあるがそれは戦後の食糧不足による一時的な措置であり、日本全体の文化として根付いているかといえばそうではない。1度も食べたことがないのに日本全国の文化といわれても感覚的に受け入れにくいものである。
日本各地で見られる鯨食文化は保存されるべきで、これからも捕鯨を続け守っていかなくてはならない。しかし、保存されるべき捕鯨文化は江戸時代までのものではないか。明治以降は軍国主義に付随する1つの行動に過ぎない気がした。

捕鯨について考える上でとても参考になり良い書籍だった。歴史についても知ることが出来た。
しかし、本文は感情的な文がところどころに見られそれがこの書籍の信ぴょう性を落としていた。もう少し客観的な記述であればもっと良い書籍なのだが。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/6/12
形式: 新書
 著者は水産庁時代に捕鯨問題などでならした論客。
 本書は、日本の捕鯨が伝統的なものであり、また国際関係や科学的な立場から見ても、まったく問題がないことを力説したもの。他の著作と主張としては同じであり、あまり目新しさはない。
 鯨食文化という部分に力点が置かれているが、分量的にはかなり控えめで、またあまり詳しくもなく、その点では期待はずれであった。
 とはいえ、捕鯨問題に関しての格好の入門書であることは間違いない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
シー・シェパードは許せない暴力犯罪集団である。

ところで、調査捕鯨によって獲られた鯨肉がだぶついて売れないそうである。
日本人のDNAに染み付いているように喧伝される「日本の伝統文化鯨食」であるが、
数十年ほどで廃れてしまったようだ。

著者は調査捕鯨を管轄する水産庁の元お役人である。

政府は850頭の枠があった物をシー・シェパードの暴力行為に屈し170頭でやめたと言うが、
食べたい人はいるだろうし、その分くらいを調査捕鯨でとればいいのではないか。
鯨肉の価格は水産庁が実質上決めているわけだし、高級品にすれば良いのである。

本書には次のような趣旨のことも書いてある。

1945年(昭和20年)レ号国軍総司令官マッカーサーは日本の食糧事情に鑑み、日本港の捕鯨を許可した。
ところが1982年になってアメリカが中心となって全く捕鯨と関係ない内陸国も巻き込んで設立された
国際捕鯨委員会(IWC)は、商業捕鯨を禁止してしまう。
もともと捕鯨国であったアメリカは、ミサイルの潤滑油を鯨油に求めていたが、人口の潤滑油が完成したため
環境団体に同調したほうが得策と考え、強力な反捕鯨国に転身したのである。
<
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す