通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書) 新書 – 2017/3/23

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2017/3/23
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 599

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書)
  • +
  • プロテスタンティズム - 宗教改革から現代政治まで (中公新書)
  • +
  • モラルの起源――実験社会科学からの問い (岩波新書)
総額: ¥2,635
ポイントの合計: 81pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

政党政治を生み出し、資本主義を構築し、植民地帝国を出現させ、天皇制を精神的枠組みとした日本の近代。バジョットが提示したヨーロッパの「近代」概念に照らしながら、これら四つの成り立ちについて論理的に解き明かしていく。学界をリードしてきた政治史家が、日本近代とはいかなる経験であったのかを総括する堂々たる一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

政党政治を生み出し、資本主義を構築し、植民地帝国を出現させ、天皇制を精神的枠組みとした日本の近代。バジョットが提示したヨーロッパの「近代」概念に照らしながら、これら四つの成り立ちについて解き明かしていく。学界を主導してきた政治史家が、日本近代のありようについて問題史的に考察する重厚な一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 288ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2017/3/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004316502
  • ISBN-13: 978-4004316503
  • 発売日: 2017/3/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 499位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 バジョットは、近代をそれまでの「慣習の支配」から「議論による統治」への変換ととらえ、「貿易」とその拡大に伴う「植民地化」をサブ概念として提起した。著者は、日本における「議論による統治」を議会制の成立と権力の分立の在り方に探り、「貿易」を日本の資本主義確立の歴史に、「植民地化」を文字通り、日本の朝鮮や満州支配の歴史に探っている。また、西洋における「権威」と「権力」の分離による統治を、明治日本で
は、「精神的権威の象徴」として「天皇制と国家神道」の導入の歴史の中に探っている。
 日本近代史の通史として一読に値する力作である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者の三谷太一郎氏は、日本政治外交史を専門とし、東大法学部学部長も務めた政治学者・歴史学者。
本書は、明治維新後の日本の近代化を、政党政治、資本主義、植民地化、天皇制という4つの切り口から考察したものである。尚、「近代」の概念については、19世紀後半の英ジャーナリスト・W.バジョットを引用し、「「慣習の支配」する「前近代」から、貿易と植民地化を変革要因として、「議論による統治」の確立したのが「近代」」としている。
4つの切り口の主な分析は以下である。
◆政党政治・・・明治憲法下での体制原理ともいえる日本の立憲主義は「権力分立制」と「議会制」を基礎にしているが、幕藩体制の中に既に、「合議制」、「権力分散メカニズム」、「相互的監視機能」として、立憲主義を受け入れる条件が準備されていた。更に、明治憲法の特質であった分権主義的な体制を統合するためには、非制度的な主体の役割が求められたが、それは、藩閥と政党が自らの限界を認識した結果相互接近することにより、政党が幕府的存在化し、複数政党制が出現することになった。しかし、大正の終わりに本格作動した政党政治は、1930年代初頭には「立憲デモクラシー」から「立憲的独裁」に変質していった。
◆資本主義・・・明治維新後の日本は、外資導入に不利な不平等条約下にあったため、「自立的資本主義」に向かわざるを得なかった。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
<政党政治>、<資本主義>、<植民地帝国>及び<天皇制>という4つのキーワードを基に、「日本の近代」を総括・分析した類い稀なる出色の論考書。まず、本論に入る前の<序章>が凄い。主に、バジョットの論を引用する形で、(日本が目指した)英国を中心としたヨーロッパの近代を総括・分析しているのだが、その流麗かつ緻密な論理展開(それでいて、筆致は穏やか)によって<序章>だけで満腹になる程に充実している。この<序章>を説明した方が本書の意図を理解出来ると思うので、まずは、<序章>について。

「近代」というからには「前近代」があった筈である。「前近代」は「慣習の支配」の時代であった。そして、「『近代』=『慣習の支配』からの解放」であって、「近代」と「前近代」とを別つものは(進化論などの)「自然学」であるとする。更に、「議論による統治」が複雑系としての「近代」に最も適合する政治形態であるとする。また、ヨーロッパの「近代」が「旧い東(ここでは主にインドを指す)の慣習的文明」から「新しい西の変動的文明」への移行であって、英国はインドを「植民地」化する事によって体現したという構図を提示し、これが英国を中心としたヨーロッパを目指した日本が、「東」にありながら、
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
日本近代を扱った新書の白眉です。評者が特に印象深く思ったことを記します。
①日本に政党政治をもたらしたのは明治憲法下で体制統合の象徴だった藩閥の希薄化だった。
②日清戦争までの平和が日本資本主義形成に大きな役割をもった。
③植民地は明治憲法が適用されない「異法区域」であり経済的利益よりも軍事的安全保障のためだった。
④天皇制はヨーロッパにおけるキリスト教の機能的等価物として作られた。
⑤日本近代は日中戦争と太平洋戦争で挫折し、戦後日本は「強兵」なき「富国」路線をとり成果を得たが今試練に直面している。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す