この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の農業は“風評被害”に負けない (アスキー新書) 新書 – 2011/6/10

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

数多くの現場のルポを通して、ニュース・報道や行政発表からは伝わらない「風評被害の真実」について、当事者である農家や販売者の視点から浮き彫りにしたのが本書である。
彼らはけして絶望だけではなく、消費者に安全を届け、これからも農業を続けるために、それぞれの取り組みを続けている。
そして彼らへの取材から見えてきたもの、たとえば今回の風評被害では何が農家にとって問題だったのか、どんな取り組みが効果的だったのか、実際の補償はどの程度なのか……、それらについて、本書では第三章としてページを割いた。

なお、本書の終章では、これまで中国毒ギョーザ事件をはじめとする、数々の食品事故について警鐘を鳴らしてきた食品品質管理の専門家、河岸宏和氏が問題への対応策を徹底検証している。
未曽有の危機に対して、これまでにない「食の安全」への希求が高まっている。原発事故後、農家と消費者の意識はどう変わるべきか。法規制や農協などの組織も含めて、国の対策はどうあるべきか――。

これからの日本の農業を支えるための緊急提案と、現場の声に、ぜひいま、目を通してほしい。

内容(「BOOK」データベースより)

福島原発事故による放射能汚染に対して、これまでにない規模で農作物の“風評被害”が広がった。しかし、動揺と諦めのなかでも、農家たちの再生への試みはすでに始まっていた―。10件の農家、販売者ルポを通して見えてきた、報道には表れない本音と被害の真実。そして、危機に対して何をすべきなのか、農業の「安心・安全」を守る提案も収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2011/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048707000
  • ISBN-13: 978-4048707008
  • 発売日: 2011/6/10
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,081,560位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2011年9月26日
形式: 新書
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年7月18日
形式: 新書
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年7月22日
形式: 新書
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。android wear