通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本の起源 (atプラス叢書05) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の起源 (atプラス叢書05) 単行本(ソフトカバー) – 2013/8/29

5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 99

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の起源 (atプラス叢書05)
  • +
  • 中国化する日本 増補版 日中「文明の衝突」一千年史 (文春文庫)
  • +
  • 日本人はなぜ存在するか 知のトレッキング叢書
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

古代の天皇誕生から現代の日本社会までを貫く法則とは? 歴史学がたどりついた日本論の最高地点。

いつから私たちは「こんな国、こんな社会」に生きているのだろう。どうしてそれは変わらないのだろう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
目次

まえがき 與那覇潤

第一章 古代篇
起源の天皇は女帝だった/豪族チャンピオンとしての大王/「聖母卑弥呼」は存在したか/科挙を生まなかったマルチタレント登用/はやり歌による革命と桓武天皇の純血作戦/唐物グローバリズムとクールジャパン政策の起源/平安京荒廃が生んだ「かのように」の論理/『芋粥』に見る官治国家の起源/院政がリセットした「二五年間同一内閣」/「空虚な中心」を囲んだ家産官僚/令外官の増設は温泉旅館形式/古文書が語る『文字禍』の世界

第二章 中世篇
バッファーの多すぎる国/イエ制度は自然ではない/三国志としての源平合戦/東西分割統治と道州制の起源/戦後歴史学が求めた統治権の理想/貞永式目はマグナ・カルタか/元寇が領域国家の起源/南北朝は何を転換したのか/未完のプロジェクトとしての「江湖」の観念/一揆の傘連判は「空虚な中心」/印判状が作った近代行政の起源/中途半端だった義満と信長/ポピュリスト秀吉と起源のクリアランス

第三章 近世篇
東アジアと日本の動乱はつねにリンクする/徳川氏がコピーした皇祖皇宗の神話/中世を終わらせた元禄時代/忠臣蔵はブラック企業の起源/歴史は進歩か、反復か/武家社会が作った「失敗の本質」/公共事業入札と復興予算流用の起源/享保の飢饉が生んだ自己責任論/「災害ユートピア」は現出したか/江戸が示したアソシエーショニズムの限界/アウトローだけが自律する社会/「四民平等」幻想からこぼれ落ちるもの

第四章 近代篇
幕末は不真面目な改革の起源/西洋化できずに中国化した明治/「市民」を探した丸山眞男の苦悩/荻生徂徠から進歩しない論壇/元老制はバッファー政治への回帰/議会政治は二党制よりも二頭制/都市を食べさせることに失敗した政党政治/さも自然を作為する社会/日本文化論と「古層」の永久運動

第五章 戦前篇
第一次世界大戦に起源を見る/大正デモクラシーは議会制不信の起源/天皇に独占された一般意志/アジア主義に可能性はあったのか/儒教を使いこなせなかった日本人/江戸時代に回帰した「田舎臭いファシズム」/総力戦体制も律令以来の背伸び/古代をも下回った「無責任の体系」

第六章 戦後篇
敗戦まで続いていた権門体制/挫折した「天皇に代わるもの」の夢/ウィキ版『太平記』としての歴史論争/日本を変えなかった高度成長と六八年/「大きな物語」の終わりと「津波てんでんこ」のはじまり/八〇年代が隠蔽した長い江戸時代/混乱の平成へ、そして歴史学は何をすべきか

あとがき 東島誠



索引

内容(「BOOK」データベースより)

古代の天皇誕生から現代の日本社会までを貫く法則とは?歴史学がたどりついた日本論の最高地点。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 376ページ
  • 出版社: 太田出版 (2013/8/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477831378X
  • ISBN-13: 978-4778313784
  • 発売日: 2013/8/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 84,252位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
全然別の評価軸が混じって☆四つです。

教科書や通俗書などで常識となっている歴史知識が、専門の研究分野ではどんどん過去のもの
になっていることがわかり、知的刺激という点で、ものすごくエキサイティングです。
本書での対論を下敷きに、参照文献や、一方の著者である東島誠氏の著作をどんどん読み進め
たい誘惑に駆られます(ってか、自分はそうするつもり)。

また網野善彦の議論に親しんでいたところからは、石母田正の高評価はやや意外な点もあり、本書
の対論でも斯界の学説史にさかんに言及している点でも、東島誠氏の著作をどんどん読み進めたい
ところ。

一方で、與那覇潤氏には大きく疑問が。
私はかつて氏の『中国化する日本』を当レビューで(主に前段の趣旨で)高く評価しましたが、今やそ
れは大きく下方修正されています。

本書では、新しい視点から、オリジナルの一次資料であれ、学説史であれ、解釈し直すことが対論
形式で行われています。その新しい視点は、従来気付かれてこなかった別の時代の類似性だったり、
様々ですが、與那覇氏が時に持ち出すものがいかにも浅薄で鼻白みます。

フーコーと同じレベルでウルリヒ・ベックに言及した
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 本書「日本の起源」というタイトルに興味を持ち手にした。
 本書は、歴史学者の東島誠氏と與那覇潤氏の対談を収録して編纂されている。
 古代編において天皇号の始まりを、東島氏が「天寿国繍帳銘系譜」から天武・持統朝を否定し推古朝とした対話から始まる。
 これは本書でのほんの一例であるが、この説が東京大学の大津透氏からの典拠であり、とにかく引用文献は多岐にわたり読み進むのに知識の乏しい評者は疲れてしまった。
 日本史教育の現場で曖昧で混乱しているのが中世と近世の画期をどこに見るか、中学までだと「近世といえば江戸時代」なのが高校では「安土桃山から近世」になって、大学なってからは内藤湖南の「応仁の乱からひと続き=戦国以降が近世」と、どんどん境界線がぼやけてゆく印象があるようである。(P130)
 東島氏も與那覇氏もこの問題について喧々諤々と語り合うのだが、「中世を終わらせた元禄時代」という章があることで、なるほどお二人の見解がこのあたりにあるのだろうと読者は推察するであろう。
 縦横に博学を披瀝する両氏の対談も佳境に入ると読むのに難儀しページを繰るのも遅くなってしまった。
 近代編に入ると、両氏が明治維新を白村江や元寇の危機に比べ幕末の危機などたいした事件ではないと論じていたことに少々違和を感じてしまった。
 明
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 θ トップ500レビュアー 投稿日 2014/2/11
形式: 単行本(ソフトカバー)
日本史の気鋭の二人の若手による対談集。
内容は、古代から現代にいたるまで非常に幅広い。

本書で出てきている事実(歴史学の知見)には、知らなかったものも多くためになった。
常識的な歴史イメージを崩してくれるものも多々あり、その点は非常に面白い。
また、対談とは思えないぐらいに出展や引用が多く、その点も便利である。

しかし、その一方で「物語的」な説明も多く、この傾向は中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史でもあまり良いとは思っていなかったが、さらに強まっている印象を受ける。
特に、現代に近づくにつれて「これは日本人の〜と
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
東島氏のほうがひと回り(12歳)年上なので、ひとえに蓄積がものを言うらしい歴史学のような
分野では、まだ若い與那覇氏ではなかなか太刀打ちできない部分も多々あるのだろうなあ、
というのが正直な感想だが、内容はやや難しいながらそれなりに面白くもあった。

その上で思ったことを一つ。学者としての実力には差があっても、東島氏の「江湖」に対して、
「日本の中国化」といういかにもキャッチーなフレーズを考えついた與那覇氏のほうが、
知名度や本の売れ行きといったことでは、ゆうに一桁(か二桁)は上を行っているだろう。

東島氏のほうも、こうして與那覇氏との対談を出していること自体、学者にありがちなように
一般受けを頭から軽蔑しているわけではなく、その種の色気が全くないわけでもなさそうだが、
その割には発言が時々高踏的過ぎて嫌味に聞こえるし、他の著書のタイトルも、『自由にして
ケシカラン人々の世紀』とか、なんか今一つなのである。高踏的でありながら、一般受けも
それなりに追及している先人として、山内昌之氏あたりを参考にしていただきたい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー