通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本の色辞典 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に軽い擦れと上部よれがあります。本文は良好です。商品は清掃後、クロネコDM便(追跡番号付き)にて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の色辞典 単行本 – 2000/6/1

5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,564
¥ 3,564 ¥ 1,500

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の色辞典
  • +
  • 日本の色・世界の色
総額: ¥5,724
ポイントの合計: 172pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

日本の色辞典について 日本の伝統色を植物染料で再現し、総カラー最新ダイレクト製版で見せる、色名解説の集大成。襲の色目 (かさねのいろめ) 42種も掲載。 日本には美しい色の名前がいくつもあります。この「日本の色辞典」では収録した466色のうち209色の日本の伝統色を完璧に再現するとともに、和の色の歴史や文化を平易に解説。 万葉から江戸時代の終わりまでの染職人が行っていた、自然の植物から日本の色を出す業を半生をかけて再現したのは、日本の染色界の第一人者、吉岡幸雄氏と染職人の福田伝士氏。日本の伝統色を、自然の恵みから得た天然染料や天然顔料をもとに再現し、色名にまつわる逸話や歌、物語などにもふれた色名解説の集大成です。和の伝統を身近に感じられる格好の一冊

内容(「MARC」データベースより)

万葉から江戸時代の終わりまでの染職人が行っていた、自然の植物から日本の色を出す業をたどる。日本の伝統色を、自然の恵みから得た染料や顔料をもとに再現し、色名にまつわる逸話や歌、物語などにもふれた色名解説の集大成。


登録情報

  • 単行本: 302ページ
  • 出版社: 紫紅社 (2000/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4879405493
  • ISBN-13: 978-4879405494
  • 発売日: 2000/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 123,328位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本の伝統色を知ることにより、日本人の美意識の高さと、色彩感覚の豊かさを再確認できました。
四季と共に培ってきた色彩にはそれぞれに意味があり、そして優美さがあるのです。色彩を尊ぶ古人が目に浮かびます。
一色一色を吟味し、歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。日本の歴史というものをちょっと違う視点(伝統色)から見てみるのも楽しいものです。
本書はフルカラーなので全ての色が確認できます。なおかつ簡潔な解説なので、子供でも楽しめると思います。日本の伝統色の奥深さを味わってみてはいかがでしょうか。
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
当然写真ではあるが、実際に布や和紙に、自然の染料や顔料で染められたものが色見本として掲載されており、
日本の伝統色の染色を研究されている著者の思い入れが、読む側にもまさにじんわりと染まってゆくような美しさ。
つけられた色の名前、添えられた色に由来する写真など、眺めているだけで、
先人達がどのような気持ちで色を表現しようとしていたのか、垣間見えるような気分にさえなってくる。
他にも、四季を表す襲(かさね)の色目など、きもの好きの私にはとても参考になっている。
たとえ帯の「色彩を観る 日本を識る」域には達しなくとも、心から購入して良かったと思う本。
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
美術館を巡ることが好きなのですが、色々感じることがあります。

その中には、日本と諸外国との色彩感覚の違いもあります。

今まで詳しくは知らなかった、日本文化の中に息づく伝統色ですが、

この本は、全部カラーで掲載されています。

また、充実した内容の解説は、さらなる興味へといざなってくれます。

例えば、茶系の色に関してですが、

「蝉の羽色(せみのはねいろ)」「雀茶(すずめちゃ)」「葡萄茶(えびちゃ)」など、

言葉だけでも楽しいですし、

「檜皮色(ひわだいろ)」「胡桃色(くるみいろ)」「落栗色(おちぐりいろ)」などは、

源氏物語にも登場すると、知ることができます。

日本古来の色から、先人の感性を感じることができる気がしますし、

自分の心も、豊かな日本の歴史へ文学へと、拡がっていくのがわかります。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
色見本が美しい。
普段の色に関するボキャブラリーの貧弱さに気付きます。繊細・微妙な多くの色に各時代の日本人はちゃんと素適な名前をつけて認識してきたんだなーと思うと感動します。各時代の流行色もわかって、その時代の空気をかんじさせます。
私は学生時代古典文学を専攻していましたが、それらの作品にもいろんな色が出てきたことを改めて思い出しました。この本を参考にしながら再読したいです。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
カラー写真が豊富で、視覚的に満足を覚える辞典と言えるでしょう。
特に、気に入った点は、かさねの色目が、より明確に表示されているという点でしょうか。
専門的に勉強なさっている方に関しては、分かりませんが、趣味の範囲においては、優れた辞典であると思います。
表題にあるように日本の色に興味をお持ちの方は、是非、手に取ってみることをお薦めします。勿論、重ねの色目は、内容の一部であり、他にも様々な染色技術に基づく色や、染料の材料に至るまで、写真が出ているものもあります。参考文献としても、活用できるのではないかと思います。
勿論、ビジュアル的に、見て楽しむこともできる一冊でしょう。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hinomalu VINE メンバー 投稿日 2003/6/30
形式: 単行本 Amazonで購入
本を開いていると、著者や昔の日本人の色に対する尊敬の念が
伝わってくるような感じがします。
一つ一つが掛け替えのない色の小宇宙であり、その色達にこんなにも
囲まれていた(と言うより、気付いていた)日本の文化に改めて、脱帽です。
美意識の高さは色のネーミングだけで、一目瞭然です。
名前や意味、用途など、様々な方向から美の綾が織られています。
載っている色数もとても豊富です。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
鉱物顔料に触れた内容の事実誤認に言及しておくことは、染色専門の著者には決して失礼にはならないだろうと考え、書かせていただきます。

1.「アフガニスタンのバダクシャンあたりで出土する良質のラピスラズリ、あるいはアズライトなどの鉱物は、磨くと濃い青地に金色の斑点が輝くように現れて青金石と呼ばれ」[p.120]

文章が変です。「あるいは」という言葉でラピスラズリと同列に置いたアズライトをも「磨くと濃い青地に金色の斑点が輝くように現れ」、それを「青金石と呼」ぶというということになれば、それは誤りであるとしか言えません。

2.「石では群青がしばしば瑠璃石と混同されるが、ラピスラズリはその中にある白い部分と青い部分の比重が同じなので分離することが不可能なため、細かく砕くと白が混じって本来の色とはならないので顔料としては使われない。したがって群青は藍銅鉱(アズライト)から採取されるものである。」[p.121]

という表現は、日本の絵画にラピスラズリを用いなかった理由として一見通用するように思われるかもしれませんが、現時点で日本で使用例がないその主な理由は、、少なくとも著者が挙げる理由からではありません。
さらに、著者の挙げる理由から顔料として使えないとすれば、ではどうしてラピスラズリを顔料として使用
...続きを読む ›
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー