通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
日本の税金 新版 (岩波新書) がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 松栄(shouei)
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2012年。カバー、小口に多少の使用感があります。本文は書き込みもなく良好な状態です。【Amazonによる保管・管理・発送を行っておりますので、安心・迅速な対応はもちろん、代引きやお急ぎ便などの発送オプションも利用可能です】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の税金 新版 (岩波新書) 新書 – 2012/3/23

5つ星のうち 4.9 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 299

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の税金 新版 (岩波新書)
  • +
  • 日本の納税者 (岩波新書)
  • +
  • タックス・イーター――消えていく税金 (岩波新書)
総額: ¥2,505
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

所得税、法人税、相続税、消費税、地方税。日本の税制は複雑でわかりにくい。何が問題で、どう改革すべきなのだろうか。政治家や官僚、役人に委ねられがちな税金の仕組み。市民の目線で見直せば、その改善の糸口が見えてくる。財政の行き詰まり、消費税率の引き上げが議論されるいま、必読の書である。

内容(「BOOK」データベースより)

所得税、法人税、消費税、相続税、地方税。日本の税制は複雑でわかりにくい。何が問題で、どう改革すべきなのだろうか。政治家や官僚、役人に委ねられがちな税金の仕組み。市民の目線で見直せば、その改善の糸口が見えてくる。税制の基礎を解説するとともに、改革への課題を指摘する。好評書の新版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 岩波書店; 新版 (2012/3/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004313597
  • ISBN-13: 978-4004313595
  • 発売日: 2012/3/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 10.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,210位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 つくしん坊 トップ500レビュアー 投稿日 2012/5/6
形式: 新書
 税金ほど身近でありながら、詳しい内容の知られていないものはないだろう。あやふやな知識でものごとを論じる程危なっかしいことはない。本書は、複雑怪奇な税制へのコンパクトな入門書である。著者は税制の専門家ではあるが、多くの本にみられるような、財務省の代弁者ではなく、比較的バランスが取れた内容である。

 日本の税制の根本的な問題は、所得税の大部分を納付しているサラリーマンが、源泉徴収と年末調整制度で、ほとんど税金への問題意識を持たない(あるいは持たせない)仕組みになっていることだ。また、税制を全体として理解しているとはいえない「専門家」がマスコミに出没して、財務省の意図に沿った内容を宣伝し、ますます国民の眼を本質から逸らしている。

 本書では、税制全体を戦後史の中で位置づけ、外国とも比較しながら、各税金の概要とその問題点を簡潔に説明している。個別の税金を詳しく調べる前に、本書を読むことで大きな流れを間違えなくて済む。また、現在話題の消費税についても、逆進性緩和の具体的な方法、および消費税が派遣労働を促進する恐れがあることなど、通常あまり議論されない問題点についても言及していて参考になる。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiroshi トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/6/22
形式: 新書
消費税率アップの是非を論じる前に日本の税制がどうなっているのか、どのような課題があるのか知りたくて読みました。現在の税制の体系を説明しながら戦後の税制の歩みや各国の制度もわかりやすく紹介されています。

憲法は変わったのに税制は戦前のまま継続したのであちこちに矛盾やほころびが出ており、不備を繕うために無理な補修を重ねてきました。その結果、税制は徴収する側に有利で国民の目線でつくられてはいないと著者は指摘しています。

たとえば酒税法。1950年にビールは「金持ちが料理屋で飲む高級酒」と高い税率を決めたのでアメリカの6倍もの税金を課している。その隙間を突いて発泡酒が出てくると政府は高過ぎるビールの税率を下げずに、発泡酒の税率を上げたのです。

また、基礎控除、扶養控除、配偶者控除は生活保護制度と同様に憲法25条の生存権を根拠としていて、かつては生活保護費と同額であったのが、引き上げを怠り38万円と低いまま置かれている、など随所に新しい発見がありました。
話題の消費税についてはその欠点である逆進性の克服策にまで言及しています。また低い税率を求めて海外へ転出する企業や富裕層に対して、各国が税率低下競争を繰り広げており、それが財政悪化を招いているとの指摘、それに対する著者の税制での国際的な協調の主張は時機を得ていると思い
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
所得税、法人税、相続税、消費税、地方税といった日本の主要な税金について、
導入の背景や意義、問題点を分かりやすく記した一冊。
普段あまり意識することのない税金ですが、おかしな部分も多々あることが指摘されています。

たとえば相続税。同じ3,000万円を相続するのでも、一族全体の遺産が3億円あり、
大いに遠慮してそのうちの3,000万円を相続するのと、3,000万円しかない遺産を全て独り占めした場合では、
前者が多額の相続税を払う一方、後者は税負担はありません。
また、4月から8%に増税した消費税でも、消費者は店舗でしっかり負担をしていますが、
必ずしも店側が全てを納付しているとは限らず、店側の益金となっている額も少なからずあります。
消費増税分は社会保障に回すと喧伝されていますが、こうした点は触れられていないのが実情ではないでしょうか。

このように普段あまり意識することのない税金の裏側まで非常に読みやすく書かれており、
税制に関心のある人にとっては読んで間違いなく損のない一冊だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本編は、1章から所得税、法人税、消費税、相続税、間接税等、地方税、国際課税の全7章で
それぞれ15頁~50頁ほど、コンパクトにまとめられています。

われわれが住む社会の根幹をなすもののひとつであり、実際に人々の関心が高いにもかかわらず
その基礎となる知識が十分に広まっていないもの、それが税金ではないでしょうか。

そんな現状であるがゆえ、行政、政治家、そしてマスコミなどからの様々な情報を正確に取捨できず
ますます税金に対する無関心が広がっている、そんな気がします。

しかし、複雑きわまる税金のシステムについてはどう学べばよいのか。
その点から、本書は質、量ともにとてもバランスが良いと思います。

制度の概要、問題点、背景などを、初学者が嫌にならない程度に解説しています。
(個人的には、やはり消費税についての解説が興味深く読めました。)

本書を一読するとしないとでは、ニュースの見方がまた違ってくると思います。
増税=悪、減税=善と反射的に考えてしまう方に、お勧めします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック