通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本の田舎は宝の山―農村起業のすすめ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】カバー:スレ、ふちヨレがありますが、読む分には問題ありません。アルコール除菌済!帯無し。通常24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政ゆうメール。当店より追跡は出来ますが、追跡番号はありませんので、追跡が御必要になった場合は当店まで御連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、配送期間につきましてAmazonが自動で左記の期間を表示しておりますが、通常発送日より4日以内に到着しております。日曜・祝日での御配送は致しておりませんのでご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の田舎は宝の山―農村起業のすすめ 単行本(ソフトカバー) – 2011/10/15

5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 149
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の田舎は宝の山―農村起業のすすめ
  • +
  • 農村起業家になる―地域資源を宝に変える6つの鉄則
  • +
  • 田舎力 ヒト・夢・カネが集まる5つの法則 (生活人新書)
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 91pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

見捨てられた農地や山林も新たな視点でとらえ直せば、宝の山としてよみがえる。都市・農村交流の伝道師、社会的起業の第一人者が地域の資源を活用し、事業化する実践事例と農村発ビジネスのかんどころを教えます。

内容(「BOOK」データベースより)

農村資源を都市のニーズと結べば、10兆円産業が動き出す!地域活性化のカリスマ伝道師が数々の実践事例と、農村起業のためのかんどころを教えます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 219ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2011/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532317371
  • ISBN-13: 978-4532317379
  • 発売日: 2011/10/15
  • 梱包サイズ: 19.4 x 13.1 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 194,689位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 dream4ever VINE メンバー 投稿日 2012/1/23
形式: 単行本(ソフトカバー)
日本の田舎は宝の山 曽根原久司 日本経済新聞出版社 2011年

曽根原さん(1961−)は都会での幾つかの職種を経験した後に山梨県の白州に移住され、農村起業として薪の販売をされていたそうです。その後、地域の活性化といわれる町興し的な活動で有名になります。本書はほとんど成功体験をもとにされているので、へそ曲がり読者としては若干面白みが減るように思います。おそらく曽根原さんはご自身の失敗も楽しんでいるのかもしれませんが。

高度成長時代は農村からの働き手としての若者の都市集中が起こり、その結果として農村部の人口減少と過疎化が進みみました、そして定まらない政府の農業政策等もあり限界集落などという言葉が生まれ、不耕作農地が増えることになりました。

曽根原さんは、そんな現状こそ逆にビジネスチャンスだと指摘しています。
そして全国で展開される種々な取り組みを紹介して、農村起業の楽しさや人生の充実感を示しています。また当然、起業により収入も得ることを前提にしているので、ビジネスとしてのアプローチも書かれています。

ただ、個人的に知っているプロジェクトで期待通りには進んでいないものもあります、現状ではまだ補助金や助成金といった公金が呼び水になっていて、詳細を詰めていない感はあります。
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
日本の農村や森林資源を新たな視点で見つめなおし、孤軍奮闘してきた著者が持ち前のマーケティング力と実行力で夢を実現。ユニークな着想と規制の壁を乗り越えていくバイタリティに脱帽。この成果をベースに21世紀の日本の新たな方向性として地域資源産業構想を打ち出す。地域、行政、大企業を巻き込んだ今後の展開が楽しみ。著者の事業に賛同し、既に行動をともにし、実現している人たち(NPO法人や企業のリーダー)からのホットな体験談や、県知事、大学学長、行政府の参事官や支援機構の常務理事からの熱いメッセージが盛り込まれている。「未来はつくっていくものだ」という著者の信念がこの国の形をかえるかもしれない。リーマンショック、大震災、EUの経済危機など世界的に波及する深刻な経済情勢が連続するなか、一筋の光明が大きく世界へ輝いていくような読後感だ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
農林業にも大きなビジネスチャンスがあると教えてくれる1冊です。著者の視点、官・民・NPOのwin−win−winモデル、日ごろの仕事のなかで、ビジネスチャンスを見逃しているのではないかということを考えさせられました。著者の行動力に多くの人が引き寄せられ、新しい息吹を感じさせてくれるところにも引き込まれます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は、農業従事者、農業や豊かな自然に憧れる都会人、そして地域活性化の課題を持つ政治家への贈り物ではないでしょうか?そして「読まれるべき本」です。

本書は、地方再生、農業再生、限界集落再生の実践的なHow toを提供してくれます。本書の紹介文には「農村資源を都市のニーズと結べば、10兆円産業が動き出す!」とあります。ホラではありません。著者の曽根原氏が自ら耕作放棄地を開墾し、実践した結果、全国の耕作放棄地の面積等から計算した数字です。

日本の耕作放棄地は約40万ヘクタールもあるとのこと。考えてみれば当たり前のことなのですが、工業製品と同じように、加工前の農業・林業よりも、加工後の食品産業のほうが巨大です。国内農業の生産額が約8兆円(GDP2%以下)、国内食品市場は99兆円(GDPの約20%)もあり、農業の10倍以上もあるのです。

農業・林業に従事されている方が、サプライチェーンを構築することにより(具体的には、加工し付加価値をつけてから出荷するということです)、市場は大きく膨らむ可能性があります。

地方は疲弊している、農業は保護しなければ守れない、だから補助金が必要という論理は、間違いではありませんか。一般の企業、工業、サービス業では当たり前のことであった「ビジネスを自分で考える」ということが
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
あっという間に読み終わった。著者の生い立ちや山梨での実践から得られた問題解決へのアプローチは中山間地で暮らす私にとって大変参考になった。文章がスマートな分だけ実践されたことが簡単に成功したように読者に感じられないか、現実はもっと大変だったはずだと読みながら考えてしまった。10兆円とか1000億円など途方もない金額の地域活性化プランが語られ、やや大風呂敷な数字マジックを見せられた感じを受けてしまったが、イメージとしてそれだけ「農業には、田舎には可能性がある」と言うことだと言いたいのだろう。次の著作では是非「大都市のお金を田舎で使わせ富を再配分する」という構図を全国各地が実践した場合、何が起こるのか。都市の富を奪い合い地域間競争に負けた田舎の活路についても教授いただけたらと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告