通常4~5日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、京都大垣書店オンライン が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
通常配送無料 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 【帯付き】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の現場:地方紙で読む2016 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/5

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/10/5
¥2,200
¥2,200 ¥700
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

早稲田大学ジャーナリズム研究所(J-Freedom)
早稲田大学総合研究機構に承認されたプロジェクト研究所で、前身のジャーナリズム教育研究所を引き継いで、2015年4月に設立。ジャーナリズムに関わる教育・研究・社会貢献を通じて、デモクラシーとジャーナリズムの接続と再接続に貢献することを目的とする。教員の研究所員と外部の協力者の招聘研究員とによって構成される。財源は寄付金、研究員の拠出金、受託研究費。所長は花田達朗。ホームページ:http://www.hanadataz.jp/

花田達朗(はなだ・たつろう)
早稲田大学ジャーナリズム研究所長。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。東京大学大学院情報学環教授を経て、2006年より現職。早稲田大学では全学共通副専攻ジャーナリズムを運営し、学部学生向けのジャーナリスト養成教育を行う。単著に『公共圏という名の社会空間―公共圏・メディア・市民社会』(木鐸社)、『メディアと公共圏のポリティクス』(東京大学出版会)。共編著に『レクチャー現代ジャーナリズム』『エンサイクロペディア現代ジャーナリズム』(ともに早稲田大学出版部)、『いいがかり―原発「吉田調書」記事取り消し事件と朝日新聞の迷走』(七つ森書館)など。

高田昌幸(たかだ・まさゆき)
早稲田大学ジャーナリズム研究所招聘研究員。高知新聞記者。名古屋大学大学院および高知大学非常勤講師。1960年、高知県生まれ。法政大学法学部政治学科卒。1986~2010年、北海道新聞記者。1996年、取材班の一員として「北海道庁公費乱用の一連の報道」で新聞協会賞・日本ジャーナリスト会議(JCJ)奨励賞を受賞。同じく2004年、取材班代表として「北海道警の裏金問題取材」で新聞協会賞、JCJ大賞、菊池寛賞などを受賞。著書・編著に『権力vs.調査報道』『希望』『伝える技法』(いずれも旬報社)、『真実 新聞が警察に跪いた日』(角川文庫)、『@Fukusima 私たちが望むものは』(産学社)など。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
ベスト1000レビュアー
2016年12月29日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告