通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■帯無しです。■中身は、書き込みはございませんが、古い商品の場合淡いヤケがある場合がございます。■状態はカバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■丁寧に梱包してから迅速に発送いたします。■原則2営業日以内に発送いたします。■発送は原則ゆうめーるとなりますが、大型商品の場合はレターパック又は宅急便にて発送致します。※商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたら誠意を持って、ご対応致しますのでご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2005/7/6

5つ星のうち 4.2 65件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 159

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)
  • +
  • 17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本が農業中心社会だったというイメージはなぜ作られたのか。商工業者や芸能民はどうして賤視されるようになっていったのか。現代社会の祖型を形づくった、文明史的大転換期・中世。そこに新しい光をあて農村を中心とした均質な日本社会像に疑義を呈してきた著者が、貨幣経済、階級と差別、権力と信仰、女性の地位、多様な民族社会にたいする文字・資料の有りようなど、日本中世の真実とその多彩な横顔をいきいきと平明に語る。ロングセラーを続編とあわせて文庫化。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

網野/善彦
1928-2004年。山梨県生まれ。東京大学文学部史学科卒業。名古屋大学助教授、神奈川大学短期大学教授、同大学特任教授を歴任。歴史家。専攻は、日本中世史、日本海民史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 409ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2005/7/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480089292
  • ISBN-13: 978-4480089298
  • 発売日: 2005/7/6
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,269位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
日本社会の歴史3巻をの後にすぐ読み始めたが、書かれている文体が全く異なり口語調で非常に読みやすい。
「日本社会の・・」では、脈絡もない文章やいきなり使われる難解な言葉に辟易することが少なくなかったので、「日本の歴史をよみなおす」には余り期待は持っていなかったが、全く印象が違うので序章「はじめに」から好感を持った。
通史ではなく13世紀からの社会の変遷と人の変遷を歴史学的、民俗学的に述べている。
「日本社会の・・」では民俗学的考察が希薄であったために網野が民俗学を語る人であるとは思えなかったので驚いた。
もしも「日本の歴史をよみなおす」を「日本社会の・・」より先に読んでいたら多分後者三巻を読み終えることはなかったであろう

前半は、非農民である神人や寄人、供御人や職能民がどうして存在し市庭での地位を確かなものにしたのかということ。
社寺により守られている民は、突き詰めていけば、国の頭首の傘下にあるということかと理解した。
国の頭首は突き詰めていけば天皇であろうか。網野は未来には天皇が存在しなくてもよい社会が来ると言っているが、これは右寄りの人にとっては言語道断な話であろう

後半は続編で、歴史文書に現れる農民というのは、農本主義のもと田地を所有するというのが基本である。
しか
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 最近読んで、日本の歴史などの記述がとても面白かった本に、松岡正剛『17歳のための世界と日本の見方』(春秋社)があります。その講義の中で、「網野善彦さんのような日本歴史の研究者が、非定住型の人々を中心にした歴史観を打ち出し始めて、私はおおいに共感しています。網野さんの本は一度読んでみてください」とあって、それで本書を手にとって読んでみました。
 日本の歴史のなかで、南北朝動乱期の14世紀を境にして、文字の普及や貨幣の流通、それに伴う商業と金融のあり方が大きく転換すること。とりわけ興味を惹かれたのが、14世紀を境として「穢れ(ケガレ)」の観念が大きく変化したこと、とともに、中世の非人や河原者など被差別民たちの社会でのあり方の変遷を考察した「畏怖と賤視」の章でした。
 歴史の教科書の表面的な記述だけでは絶対にうかがい知ることのできない歴史の真の姿が、生き生きと立ち上がってくるかの如き記述。深く、幅広い歴史の暗がりへの洞察力。鮮やかに目を開かれる思いがしましたね。歴史的な絵図が多く掲載されているのも、中世の人々の様子が伝わってきて、リアルな雰囲気を出していました。
 日本の歴史のさらに深く、さらに奥へと分け入ってみたくなった時、その取っかかりとなるにはまず格好の一冊ではないでしょうか。本書を読んで、日本の歴史の暗がりを垣間見せてもらった気がしました。
コメント 132人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
今まで自分が知識として得ていたものが必ずしも正しいわけではない、ということを理解することができました。普段読まない類の本だったので、正直難しかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
歴史を文化的知見から再考しているこの本は、「強者達」が作ってきた歴史とは一味ちがう、地に足が付いた歴史を実感させてくれます。日本の信仰から経済まで、その成り立ちを理解するのに適切な一冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
内容は日本史で、仮にも "学芸" 文庫だし、お値段も決して廉価ではないんだから、電子化の際にはもう少し手間をかけて欲しいものだが:

一、目次から本文へのジャンプが今一つ。各章の冒頭へ行くだけで、章の中の個々の項目へのリンクは無し。
二、紙の学芸書なら大概あるはずの「索引」が無し。もし例えば「Kindle 等リーダーの機能で全文検索すればいい」と言われても、実際やると意外と大量のヒット数になって、どれが目的の位置かすぐにはわからなかったりする。そもそもそれは、リーダーの機能であって本の機能ではない。

例えばそういうところ。あえて紙でなく電子で本を作り、読むという意義を見出だすなら。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「日本は農民中心の社会であったというこれまでの常識をくつがえす大発見!」という内容なのですが、そもそもこちらにはその常識がなく、漁師も木こりも商人その他もろもろ人も当然いたはずと思うので、そのセンセーショナルなところが感じられなくて残念です。一般庶民も学者と同じように考えているという「常識」も読みなおしたほうがよさそうです。一般庶民はそれほど学がありません。ただ、中世から近世の日本社会が、意外と都市化していて、海上交通ネットワーク、商業金融ネットワークも発達していた、という説明自体はおもしろい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー