通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本の未来について話そう がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の未来について話そう 単行本 – 2011/7/1

5つ星のうち 4.0 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の未来について話そう
  • +
  • 2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」
  • +
  • 2050年の世界―英『エコノミスト』誌は予測する
総額: ¥5,022
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界をリードする65人が執筆

2011年3月11日に日本を襲った東日本大震災、津波被害、そして福島第1原発問題。現在、世界中の目が日本に向けられている。日本は復興に向け動き出したが、震災以前から抱える数々の問題は依然日本の将来に影を落としている。国内政治の混乱や巨額の負債、高齢化、硬直化した教育制度と若者の意欲喪失に加え、技術や革新の分野での国際競争力の低下や外交問題など、憂事は尽きない。本書は、世界的な経営コンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーが、世界のオピニオンリーダーに日本が直面する問題について、それぞれの視点での提言を求め、それをまとめた1冊である。著者の方々はその優れた洞察力のもと、時折ユーモアも交えながら、日本への愛情に満ちた筆によって日本の過去、現在、そして最も重要な未来を描き出している。グローバル企業のCEO、ピューリッツァー賞受賞作家、ゲームクリエイター、サッカー監督、民間人校長、漫画家、建築家など、幅広い顔ぶれの寄稿者がそれぞれの視点で日本を語るというユニークな企画により編まれた本書は、いまの日本を読み解くための手がかりとなるだろう。

【編集担当からのおすすめ情報】

世界のオピニオンリーダーの言葉を、以下に一部紹介します。65人の著者の名言がたくさん詰まった一冊です。

「変化への抵抗」という錯覚
「難局に立たされたときの回復力、能力、規律、集団としての創造力、それらがひとつになって発揮される日本人の力は、一夜にして生まれるものではない。そしてその力は簡単に消えるものでもない」-ジョン・ダワー マサチューセッツ工科大学(MIT) 名誉教授

変革へのギアチェンジ
「日本にはもうあまり期待できないと言う人は、本当の日本が分かっていない。日本をよく分かっている人ほど、実は楽観的だ」-カルロス・ゴーン ルノー 取締役会長兼最高経営責任者(CEO)、日産自動車 社長兼CEO

目利きの文化
「日本の顧客はかつてないほど要求が高く、知識があり、洗練さを増している。こうした高い水準に合わせていけば、我々は日本だけでなく、世界中で成功するものと確信している」-ベルナール・アルノー LVMH 会長兼最高経営責任者(CEO)

ジャパン・アズ・ナンバーワンはどこへ
「日本の将来については正直言って心配です。なぜなら、日本には政治家が長期的視点に立って考えることのできる制度が必要なのに、いまのところそういう制度が存在しないからです」-エズラ・F・ヴォーゲル ハーバード大学 社会学名誉教授、『ジャパン・アズ・ナンバーワン』著者

出版社からのコメント

世界のオピニオンリーダーの言葉を、以下に一部紹介します。65人の著者の名言がたくさん詰まった一冊です。

「変化への抵抗」という錯覚
「難局に立たされたときの回復力、能力、規律、集団としての創造力、それらがひとつになって発揮される日本人の力は、一夜にして生まれるものではない。そしてその力は簡単に消えるものでもない」-ジョン・ダワー マサチューセッツ工科大学(MIT) 名誉教授

変革へのギアチェンジ
「日本にはもうあまり期待できないと言う人は、本当の日本が分かっていない。日本をよく分かっている人ほど、実は楽観的だ」-カルロス・ゴーン ルノー 取締役会長兼最高経営責任者(CEO)、日産自動車 社長兼CEO

目利きの文化
「日本の顧客はかつてないほど要求が高く、知識があり、洗練さを増している。こうした高い水準に合わせていけば、我々は日本だけでなく、世界中で成功するものと確信している」-ベルナール・アルノー LVMH 会長兼最高経営責任者(CEO)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 418ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093881898
  • ISBN-13: 978-4093881890
  • 発売日: 2011/7/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 40,793位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
■作品紹介
マグニチュード9.0を記録し、その後の津波で2万人を超える死者を出した2011年3月11日の東日本大震災。さらには福島原発の放射性物質漏れとその後の政府や東電の不誠実な対応は、「安心」と「信頼」の代名詞であったジャパンブランドを失墜させ、日本は今や先の見えない停滞感に悩まされている。本書はそのような歴史的転換期にある日本において今日本で何が問題になっていて、日本はこれからどのような道を歩むべきか、そしてそのためにどのような施策が必要かについて、様々なバックグラウンドを持った多くの識者がそれぞれの観点を論じたものである。

■感想
まずこの本を読んで感じるのが、寄稿者の日本への愛である。これだけ多くの著名人(その半分以上が外国人)が日本と日本人を深く愛し、日本の復興を信じそのための助言を惜しまず、日本が再び栄光と信頼を取り戻すことに期待を寄せてくれている。僕はひとりの日本人としてこの事実に勇気づけられると供に、日本には再生の可能性が少なからず残されていて、その実現を信じるに値すると確信することができた。日本の未来に希望を抱かせてくれたという意味で、本書の存在に感謝したい。

さて、本書は記者や経営者、学者、あるいは建築家や小説家といったその道の第一人者達が「日本の未来について」というテーマに基づいて3〜6ページ程
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本では日本の現状と再生について様々な意見が紹介されています。

取り上げられているテーマは、
少子高齢化、国債、国際社会での日本の存在感のなさ、
リーダーシップの欠如など、かなり昔から議論されているものがほとんどで
特に真新しいものはありません。
ただ、経営者、記者、学者、文化人やスポーツ選手など、
幅広い顔ぶれの寄稿者がこれらのテーマについてどのように考えているのかを知れる点が面白いと思いました。

各章は5〜6つのエッセイで構成されているので、
空いている時間にその時の気分でテーマを選んで読んだりすることもでき、
気になる著者を選んで読むこともできる点もいいと思います。

人によって、この本から得るメッセージは違うと思いますが、
読み終わる頃には、日本が抱える問題は解決不可能ではなく、
真剣に向き合い、取り組むことで、
明るい未来を切り開いていけるのだと感じられるのではないでしょうか。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は日本語版と英語版が同時発売されたように、外国人が日本の現状について知ることを目的に編纂されたのだと思います。事実、日本に長年住んでいながら日本語も話せず日本企業についての知識も豊富とは言えないアメリカ人上司は、「今の日本の課題がよく分かった」と言って英語版を絶賛していました。逆に日本人が読むと、基本的な考察や他でも目にする意見が多いように見受けられ、物足りないかもしれません。それでも、やはりこれだけの各界の著名人を一堂に集めた構成は見事で、これこそが本書の一番の価値だと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
マッキンゼーの本書への計らいに感謝したい。
本書購入で、被災地への寄付に一部充当されるとのこと。
思想、文化、歴史、企業経営、外交、次世代エネルギー、
等々本書のスコープは異常に広範囲である。
しかし、中には心の琴線に触れる言葉や提言に溢れている。
じっくりと読み進めたい。

小学生の息子も漢字を調べながら、読んでいます。
家族で、友人と日本について語る機会を与えてくれる
そんな一冊です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
世界を代表する経営コンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・
カンパニーによる、日本の課題と可能性に関する提言集です。

寄稿者には世界的企業の経営者やオピニオンリーダーが並び、
さすがマッキンゼー、です。

各氏が語る日本の課題や日本人・日本社会の可能性については、
以前から指摘されてきたものが多いです。もちろんこれは寄稿者の
責任ではありません。課題は以前からはっきりしているのにいつまでも
改革を先送りにしてきたという問題の根深さを示すものでしょう。

一方、マッキンゼー社内からの寄稿もいくつかあったのですが、
これも同じように目新しさがないのが気になりました。
「おわりに」で、マッキンゼー社日本支社長は「日本のロードマップ−
これから20年の道筋」と題して日本の採るべき方策を列挙しています。
ただ、「20年後」の日本を取り巻く環境への分析が不十分なうえ、
これまで問題が先送りにされてきた日本において、どのように方策を
実現するかという点は強調されず、ロードマップというにはどうも
中途半端に感じます。

(本稿の最後で、「地図は結局、地図でしかない。「旅」を進めていくのは、
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー