通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
日本の昔話 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

日本の昔話 (新潮文庫) 文庫 – 1983/6

5つ星のうち 4.2 21件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の昔話 (新潮文庫)
  • +
  • 日本の伝説 (新潮文庫 や 15-2)
  • +
  • 妖怪談義 (講談社学術文庫)
総額: ¥1,803
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

『聴耳頭巾』や『藁しべ長者』など、広く世に知られた話から『猿の尾はなぜ短い』や『海の水はなぜ鹹い』など、古くから語り伝えられた形をそのまま残したものまで。私たちを育んできた昔話のかずかずを、民俗学の先達が各地からあつめて美しい日本語で後世に残そうとした名著。人間と動物たちとの騙しくらべや、長者ばなしのなかに、日本人の素朴な原型を見ることができるだろう。

内容(「BOOK」データベースより)

『聴耳頭巾』や『藁しべ長者』など、広く世に知られた話から『猿の尾はなぜ短い』や『海の水はなぜ鹹い』など、古くから語り伝えられた形をそのまま残したものまで。私たちを育んできた昔話のかずかずを、民俗学の先達が各地からあつめて美しい日本語で後世に残そうとした名著。人間と動物たちとの騙しくらべや、長者ばなしのなかに、日本人の素朴な原型を見ることができるだろう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 188ページ
  • 出版社: 新潮社 (1983/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101047030
  • ISBN-13: 978-4101047034
  • 発売日: 1983/06
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 36,207位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
日本各地に残っている昔話を集めてまとめてある本書、「ききみみ頭巾」や「かぐや姫」、「瓜子姫」など誰でも一度は聞いたことのある話から、地名の由来などその土地だけで伝えられてきたようなものまでいろいろあって、とても楽しめました。
「かぐや姫」にしろ「瓜子姫」にしろ、時代が経つにつれていろいろ創作が加えられていって、現在の昔話としてスッキリとした形になっていったのだと思いますが、本書では元の形に近いままのものが収録されています。突拍子もないような展開を見せる話、言葉を変えれば洗練されていないものが数多くありますが、それがかえって興味深く読めました。
中には昔話というよりは伝説の範疇に入るものもありますが、最近の整理整頓された昔話集ばかり目にしていると、逆に新鮮・目新しく見えます。解説によると、その後きちんと整理された改訂版が出たようですが、それをあえて昔の形に戻して出版したそうです。その姿勢に敬意を表したいな。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Amazonではタイトルが同じなので一緒のように扱っていますが、収録作品が随分違います。これは新潮文庫版に書いてあるとおり、昭和35年の角川版が出る時に、厳密筒に昔話と認定された作品に絞り込んだためです。従って、角川版から収録を削除された作品-例えば「長崎の魚石」など-を捜しても当然見つかりません。オリジナルの作品を探すなら新潮文庫版を買う事をお勧めします。
アマゾンの対応が間違っているので星を減らしました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
やっぱり昔話は飽きない。だてに大昔から語り継がれてないと言った所だ。

「海の水はなぜ辛い」「藁しべ長者」などの基本的なものから、日本版シンデレラ「米袋粟袋」や薄気味悪い話の「本取山」、怪談調の「飯食わぬ女房」、鼻をかむだびに願いを叶えてくれる「はなたれ小僧様」。

面白いのを上げていくと切りがない。昔話というと勧善懲悪で道徳的なイメージがあるが、読んでいると、首を傾げたくなる話も多い。「狐女房」などは狐が化けた嫁と本物の嫁を間違えてしまい、家から本物の嫁を追い出すのだが、そこからは「雪女」のような展開で、最後には狐は帰っていくが、家は豊かになりハッピーエンドになっている。

…昔話の荒唐無稽さ、というか無茶苦茶な所が僕は好きです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/1/21
形式: 文庫
 昭和5年にアルス社から出た『日本昔話集(上)』の復刻。同書は1960年に角川文庫『日本の昔話』として改訂版が出ているが、本書は、改訂前のものを用いている。1960年の改訂では、かなりの数の入れ替えがあったようで、昔話としての特徴・整合性は高められているという。本書は未整理な状態ということになる。柳田の昔話の原点と呼ぶべき一冊。

 全国各地から集められた昔話が掲載されている。「海月骨無し」、「飯食わぬ女房」、「藁しべ長者」など、お馴染みの物語が多く、懐かしい思いにとらわれた。

 柳田の解説などはなく、お話だけが並べられている。誰にでも楽しめる。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「桃太郎」や「金太郎」ほどのビッグネームではないが、それでも誰もが一度は聞いた事のある昔話というのはあるだろう。
例えば「猿の尻尾はなぜ短い」とか、「くらげ骨なし」とかいった昔話だ。この本はそういった短編の昔話を沢山集めた一冊だ。
この本に登場する昔話は殆どが1ページ以内で終了するものばかりである。数ページをまたぐものは少ない。だから読みやすいのである。読みやすいので読書の苦手な人にも読めるだろう。そう思いながら読んでいると、かつて子供の頃に読んでいた頃の記憶を掘り返すかのようであった。それはあの頃に読んだものの復習をするようなものであろう。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いわゆる「物語好き」な人にとっては少々物足りなく感じるかも知れません。

なぜならば、柳田版の拾遺集であり文章の修飾を省いているからです。

しかし、素朴で飾らないからこそ骨子が見えやすく、またパターンの類型が見えやすくなっています。

なによりもサクサク読めるのがいいです!

サクサク読んでじゃんじゃん語ってあげましょう

語り部となって初めて価値が出る本だと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
とにかく一つ一つが短いのですが、いまある昔話の原型だったり、話の設定の基礎になっているであろうお話がどんどん出てきます。 8歳の子に読み聞かせをしているのですが、多少言葉の説明や言い換えは必要なものの、普通に理解できます。 名前を知らない妖怪や動物も出てきますので、携帯をそばに置いておいて時折画像検索してみると、絵付きの絵本よりもかなりリアルに感じて読むことができます。
この本はかなりお勧めです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック