通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本の敵 よみがえる民族主義に備えよ (文春新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 配送は基本的にポスト投函となります。ご住所(表札が無い場合や、表札と荷物の名前が違う場合は返送される場合があります)、メールアドレスの再確認をお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の敵 よみがえる民族主義に備えよ (文春新書) 単行本 – 2015/9/18

5つ星のうち 3.6 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 102 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の敵 よみがえる民族主義に備えよ (文春新書)
  • +
  • 語られざる中国の結末 (PHP新書)
  • +
  • 哀しき半島国家 韓国の結末 (PHP新書)
総額: ¥2,527
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

冷戦、ポスト冷戦とはケタ違いの大波が日本を襲う!
生き残れ、日本!!
安倍晋三が信頼を寄せる「本物のインテリジェンス」が分析した圧倒的サバイバル戦略論。

誤解を恐れずに敢えて言おう。南シナ海で今起きていることは、中国にとって「満州事変」となる可能性がある──。

今年半年で、著者のもとには、海外からの巧妙に仕組まれたスパムメールが27件届いた。新聞記者を装うなど実に高度なもので、それほどまでに世界のサイバー戦は苛烈さを増している。
帰ってきたロシアの熊、「イスラム国」の出現、劣等感と不健全なナショナリズムに苛まれ、米国の虎の尾を踏んだ中国、凋落が囁かれる米国、従来戦術が失敗しつつある韓国・・・・。この複雑極まりない国際情勢は、「ある視点」を導入することによって実にクリアに見えてくる。そこから日本の「本当の敵」もその正体を現す。

米国防総省には長い間秘密のベールに隠された部署があった。ネットアセスメント局(ONA)。その初代にして事実上の最期の室長がネットアセスメントの第一人者、アンドリュー・マーシャルである。表舞台に出ることや手柄を嫌悪し、めったに人前に姿を現さなかったマーシャルを人は「伝説の老軍師」「国防総省のヨーダ」と呼んだ。
このマーシャルのネットアセスメントこそ、冷戦を勝利に導いた真の功労者であり、ソ連はマーシャルに敗れた。従来型の情報分析やCIAの情報網は、経済力などの視点を軽視し、ネットアセスメントを前にその脆弱性、不確実性を露わにした。
そのマーシャルは早くも90年代以降中国に並々ならぬ関心を持っていた。この本のもう一つの挑戦は、未だ知られざるネットアセスメントの全貌を紹介し、その手法を中国に応用することを試みることだ。

状況判断を誤ることは、国家の「死」に直結する。
今、「ポスト・ポスト冷戦」の熾烈なサバイバル競争の幕が開く──。

内容(「BOOK」データベースより)

戦後70年を経て、世界では未曾有の大波がうねり始めている。日本はこの激流をいかに生き延びるのか。安倍晋三が信頼を寄せる「本物のインテリジェンス」が冷徹な眼で分析した戦略論。冷戦を勝利に導いた伝説の戦略思考家A・マーシャルの「NA(ネットアセスメント)」。その謎に包まれた真実も今明らかに。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/9/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166610333
  • ISBN-13: 978-4166610334
  • 発売日: 2015/9/18
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 84,810位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
外務省のアラビスト出身で外交評論家の宮家邦彦氏による「これから世界はどうなるのか」についてのグランドビジョンを記した本である。

基本的な彼の国際情勢認識は以下の通りである。「1945年以降の国際社会は、世界史上まれにみる安定した時代であった。なぜなら共産主義と自由主義という二つの国際主義・理性主義が世界を制し、それまで世界をかき回し悩まし続けてきた民族主義が封印され後景に押しやられていたからだ。しかし、1989年のソ連崩壊でそのすべてが崩れ、またぞろ民族主義というパンドラの箱の蓋があき、世界に民族主義の嵐が吹き荒れるようになった」「民族主義の嵐がまず吹き荒れたのが旧ユーゴスラビアである。チトーによって無理やり治められてきた「七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家」はあっけなく崩壊し、血で血を洗うエスニッククレンジングに明け暮れるようになった」「9.11事件以降、中東を覆った紛争も、封じ込められてきたオスマン帝国崩壊の最終章ではないか。中東にはトルコ民族主義、ペルシャ民族主義、スンニーアラブ民族主義、シーアアラブ民族主義が鎬を削っている」「ロシアの熊が復活した。ロシアに根深く巣食っているロシア民族主義が息を吹き返し、またぞろ暖かい海を求めての南下をはじめるのか。クリミア半島侵略はロシアの熊復活を世界に告げる号砲である
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書のタイトルには『日本の敵』とあり、副題に見える『民族主義』との言葉から察するに、『日本の敵』とは中国共産党、習近平独裁流のイデオロギー、「中華民族の偉大なる復興」という対外覇権主義を彷彿とさせるものがあるが、終章で著者は「『保守』を『進化』させれば、日本は必ず生き延びる……これに対する最大の障害は……こうした『進化』に抵抗する日本自身のガラパゴス型『保守主義』なのかもしれない」と指摘しており、本書の趣旨はそれほど単純ではない。即ち著者の現状日本に求める東アジア外交・戦略では、殊に東西に拡張する中国共産党の覇権と朝鮮半島の事大主義・民族主義的傾倒、米国の国際的プレゼンスの相対的低下、ロシア対欧州の綱引き、中東を巡るイスラム民族主義と政治的不安定など、多面的・複合的要因を提示する。そしてかかる大国間の多面的・複合的要素から総合的にライバル国と自国の競争状態の大局観を導く「ネットアセスメント」ーー自国とライバル国の有する武器・兵器システム、軍隊、作戦方針・実践、訓練、兵站、兵器設計・取得、資源分配、戦略及び兵力効果の現状と将来の予測を比較する分析評価する手法ーーを援用しつつ(第3・4賞)、日本のあるべき外交戦略を探求するのが、本書の趣旨と言って良い。総論(帰結)としてはやや観念的で曖昧な印象も否めないが(終章)、各論では(一部巷間類書との重複も観られるが)アメリカ(オバマ政権)の意思...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
数か月で一気に書き上げたそうで、その分内容がどれもタイムリー。詳細は本書を読むべきだが、日本人は危機感を広く共有すべきだろう。世界情勢、特に膨張する中国を前に、日本が急ぎ自らの改革および総合戦略評価(ネットアセスメント)を実行できるような国家になることで、激変するこの世界の危機(好機とも書かれている)を生き延びよという主旨が書かれている。その通りだ。

国の統治システムは、現代において成熟していることは言うまでもない。しかし世界秩序はそうではない。それは日本の中世と同レベルだ(世界が遅れているという意味ではない)。鎌倉幕府や室町幕府は、国を統治しているとしてもその能力には限界があった。国内の諸勢力の実力を追認する形であり、御成敗式目などの法がありつつも、諸勢力が無法を犯した際、それを取り締まりきるような能力は持っていなかった。今の世界はそれと同じである。パクスアメリカーナによって、一定の秩序は存在するが、国際法があってもクリミアや南沙、ISの無法を、アメリカや国連は取り締まりきることができない。

この世界の統治システムがいわば中世である以上、そして無法が取り締まれない以上、日本人が、安定した日本国内だけで通用しているその統治と平和のイメージを世界に投射しては、あまりに危険だ。実力がものをいう世界の中で存立が脅かされる。危機はそこに迫っている
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容そのものは悪く無いのだが、著者の語り口が時折傲慢に思えて、
読み進めるのが少々苦痛だった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー