この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の数字―データが語るこの国のゆたかさ 単行本 – 2004/10


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

著者からのコメント

今の日本では、あまりにも多くのウソが、公然と流通しすぎています。それが人々をミスリードし、先人たちが積み上げてきた知的経済的環境的財産を危うくし、それだけでなく、世界の中の日本、そして世界そのものの、本当の姿を見えなくさせています。
 例えば日本は「本当にとてつもなく豊かな国」ですが、それさえよく認識されていません。現実を数字で認識し、その上に立って、日本人は豊かでない国々への目線を取り戻さねばいけないと思います。
 例えば、この地球上にいったい全部でいくらお金があるのか――。そんなことを考えたことはありませんか? お金は人工的なものですから、必ず上限があるはずです。ところがなぜか、その総額を聞いたことはありません。それなのに、日本の景気だアメリカの貿易赤字だとかいった経済金融情報が流通しています。私は「おかしい!」と思います。だから、全世界のお金の約2割も持っている「大金持ちの日本」という事実さえ、たぶん日本人だけが知らないのです。
 赤字国債700兆円と言われますがを、それなら、国の保有する金融資産350兆円も正しく伝えるべきです。不景気の10年といいますが、それでも日本のGDPは500兆円もあるのです。1人当たりでアメリカとほぼ同額です。
 日本の年金資産300兆円は、アメリカやヨーロッパ諸国に比べてはるかに潤沢です。日本の社会保障関係費も、人口が2倍もあるアメリカとほぼ同額なのです。1人当たりで日本より多い北欧諸国は、人口が数百万人の小国家です。1億2700万人もの人口を抱えて、しかもこれだけの社会保障制度を備えた国は、私は「現代の奇跡」としか言いようがないと思います。だから平均寿命が世界一でもあるのでしょう。
 地球環境、経済、食料、エネルギー、産業、科学技術の数字も、日本がいかに凄いか知ってください。わかりやすく集計・加工しましたが、「元データはすべて公開されているものです。

内容(「BOOK」データベースより)

世界のお金の何%を持っている?海外資産は何兆円?特許の数は世界で何位?軍事費や兵力は?CO2排出量は多いのか?森林面積は国土の何%?日本人が知らないニッポンの実力。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 202ページ
  • 出版社: 白日社 (2004/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4891731125
  • ISBN-13: 978-4891731120
  • 発売日: 2004/10
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,189,859位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ハイキュー 及川