中古品
¥ 258
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 24時間365日Amazonn倉庫より迅速に発送します・安心返金保証付きです★海外発送/コンビニ払い/受け取り・代金引換可能.国内送料無料.Amazonプライム対象商品。amazon専用在庫ですので在庫切れは御座いません★【帯】あり【カバー】表面に微スレがありますが綺麗な状態です◆【本体・中身】ダメージ、書込み、ページの折れ曲がり等無く綺麗な状態です。◆商品のコンディションはAmazonのガイドラインに基づいたものですが万一のチェック漏れの際はご了承ください。状態等不明な点に関しましては、ご購入前にご質問頂けますようお願い致します。カバーや外装をアルコール消毒済みです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の戦後〈下〉定年を迎えた戦後民主主義 単行本 – 2005/7

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

沖縄返還、全共闘、バブルの功罪、そして教育改革から構造改革!
戦後から55年体制の崩壊へ保守と革新、財政と消費、愛国主義とグローバリズム二項対立の時代に、あえて中途半端である勇気を持て!
超軍事大国であるアメリカは力にまかせた強引な政策を取りがちである。そんなとき、日本は、アジアの国々の信頼があってこそアメリカに異議申し立てができ、そういうことのできる日本をアジアの国々はなお信頼することになる。無理をして超軍事大国アメリカと同等の役割など演じる必要はない。もちろん軍事的責任を回避せよと言っているのではなく、アメリカと役割をはり合わないがゆえに、アジアをはじめアフリカ、南アメリカ、そして中東の国々に信頼されていて、日本に期待される役割は数多くある。——<終章より>

内容(「BOOK」データベースより)

沖縄返還、全共闘バブルの功罪、そして教育改革から構造改革!戦後から55年体制の崩壊へ保守と革新、財政と消費、愛国主義とグローバリズム二項対立の時代に、あえて中途半端である勇気を持て!「月刊現代」巨弾連載完結。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 425ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406212923X
  • ISBN-13: 978-4062129237
  • 発売日: 2005/07
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 578,095位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 walkingdictionary VINE メンバー 投稿日 2007/9/4
形式: 単行本 Amazonで購入
この下巻では、上巻に引き続き、佐藤栄作の頃から、小泉政権までを振り返っている。著者自身が生きてきた時代であり、しかも、この期間は大部分、ジャーナリズムの世界にいた。そのため、その時の新聞報道、著者自身の当時の考えと、今現在知っている事実や思いが随所で対比され記述されている。それにしても実に驚くのが、新聞などの報道が実に不正確であったという点である。保守反動の急先鋒のように見られていた佐藤栄作が、実は社会党、共産党などより平和主義者であったことや、1000万を超える犠牲者を出したと言われる中国の文化大革命や北朝鮮が理想とされ、多くの国民がそれを信じていたこと、バブル経済が実の繁栄だと多くの専門家が真面目に信じていたことなど、今振り返って見ると実に滑稽でさえある。素人から見れば評論家や新聞の記事は信頼の置ける情報にも思えるのだが、やはり、少ない時間で出来ることには限りがあるということなのだろう。著者は自分自身報道の立場にいたはずなのに、かつての自分の誤解、見誤りなどを極力隠さず記述するようにしている。しかし、そのおかげで私たちは、今の危機意識を煽る報道にも冷静さを持って対応が出来るようになるように思う。つまり、この本は、戦後日本民主政治の総括であると共に、ジャーナリストである著者自身による、報道へのつきあい方も示唆されている。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック