¥ 1,944
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の戦争と平和 単行本 – 2009/5/21

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 16
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の戦争と平和
  • +
  • 国防軍とは何か (幻冬舎ルネッサンス新書 も-5-1)
  • +
  • 軍事を知らずして平和を語るな
総額: ¥4,490
ポイントの合計: 96pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

私が石破氏と初めて会ったのは、自民党本部で開かれた「情報衛星に関するプロジェクトチーム」の席だった。当時は北朝鮮による弾道ミサイル・テポドン1号の発射直後で、衛星画像解析の世界的権威、坂田俊文東海大学教授とともにブリーフィングを行った。
石破氏の父・二朗氏(元自治大臣)とは、鳥取県知事と県紙・日本海新聞の記者の間柄でお世話になったが、石破氏とは初対面だった。次に会ったのは、栗栖弘臣元統合幕僚会議議長の追悼会の席だった。このとき石破氏は防衛庁長官をすでに2年ちかく務めており、防衛力のあり方検討会議などによって防衛庁改革を精力的に推進しているところだった。私のほうも小泉内閣の「押しかけブレーン」として自衛隊のイラク派遣などに深く関わり、いわば当事者の立場だった。 直後の8月30日、防衛庁の大臣室で1時間半、主にイラク派遣と米軍再編について二人きりで話し合った。正直私は舌を巻いた。兵器をはじめ、軍事に明るいことは知られていたが、安全保障に関する法律・制度と故事来歴について、日本に並ぶ者がいないのではないかと思うほどのレベルに達していた。
このあと武力攻撃事態対処法などについて私の考えを聞いてもらう機会があったが、石破氏は午後の3時間の時間確保を求め、場所も国会図書館の議員閲覧室を指定してきた。石破氏は、「ここなら必要な資料をすぐに持ってきてもらえますからね。国会図書館は議員活動のためにあるのに、使う人が少ないのは残念です」と苦笑していたが、ここでも私は政治家としての石破氏の真剣さを感じないではいられなかった。
石破氏はその後、福田内閣で防衛大臣に就任し、官僚機構の面従腹背ぶりを目の当たりにすることになる。政策などに通暁している政治家ほど官僚機構から嫌われ、疎まれるが、それだけでは一人前ではない。いかに大臣の主導で決まったものでも、怖がられる面がないことには実行は覚束ない。麻生内閣の農林水産大臣就任直後、官房長を更迭した石破氏には、防衛省での学習の跡が強く感じられた。
本書の対談を始めた直後、話題が自民党総裁選に及んだとき、どちらからともなく「どうして総裁選の候補者は世界の平和、国家の安全を国民に訴えないのだろう。平和と安全があって初めて、安定した経済活動も可能となり、繁栄を実現できるというのに、不思議なことですね」ということになった。翌々日、石破さんは自民党総裁選に立候補し、経済的繁栄の前提となる平和と安全について国民に強くアピールすることになる。総裁選出馬で石破氏に対する国民の評価が上昇したことは周知の通りだ。
中国の『三国志演義』に「男子三日会わざれば刮目して見よ」という言葉が出てくる。人の学業や仕事、人間性などがいかに向上したか、よく見なさいという意味である。初対面から6年後に会った石破氏は、政治家としてだけでなく、その言葉を思わせるに十分な軍事専門家に大化けしていた。
ひょっとしたら、大政治家の伝記に大化けするかもしれない。
本書は、ジャーナリスト・坂本衛氏が企画し、対談の構成・まとめを行ったものに、石破、小川が加筆したものである。

内容(「BOOK」データベースより)

戦争や平和について語らない、語れない不思議な国・日本の「戦争力」と「平和力」を検証する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 330ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2009/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4828415025
  • ISBN-13: 978-4828415024
  • 発売日: 2009/5/21
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 89,168位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本の安全保障を軍事・外交両面から具体的な根拠を伴って冷静に評価している良書。日本が抱える安全保障に関わる課題と論争をここまで集約・網羅的に理解できる形でまとめることができている書物はない。この分野ではそれぞれの論点に係わって一般向けの書物としても数百もの書物がでており、一般の多くの人には、それらを読めば、その時々に、どの書物も説得力があると思える。そしてその書物を批判する他の書物を読まないかぎり、それが正しくも思える。ある意味でそれぞれの方が影響を受けたグループの言いなり的な読みしかできない人も多い。批判的な読みをできる能力こそ育てねばならないのに、ただただ自分(や自分を囲む集団)の好む読みを暗記し、その暗記した知識?で論争するやからも多い。
そうではない、批判的な読み方がこの書物をとおして初めて多くの一般の人に開かれたような気がします。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
なかなか分かりやすくていいです

本のおびに付いている 爆笑問題の太田は好きではないので、すこし嫌でしたが

内容はさすがの二人なのでちゃんとしてます
1 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本の自衛隊の役割やあり方について、膨大な勉強量と深い洞察に基づいて、問題提起しています。立ち入った内容が多いですが、自衛隊の抱える問題点を知るのに大変役立つ本です。石破氏は日本の政治家の問題意識が低すぎることに危機感を抱いており、思いつきや情緒に寄らぬ論理的な議論が広まることを望んでいます。氏の真面目さや使命感が良く伝わってくる書です。帯で太田氏が”喜劇的”と言っていますが、これは全く意味不明で、中身を読んでいないのがバレバレです。 
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
これまで軍事や国防について関心があったわけでもないのですが、
NHKで”日米安保50年”みたいなタイトルの特集をみて関心を持ち、
関連しそうなので買ってみました。

軍事装備の具体的な例や、憲法の条文など、ちょっと読みづらいな〜、
マニアックだな〜という部分もありますが、日本とアメリカの関係の本質や、
将来の国際情勢など、新聞やテレビのニュースでは全く報道していない
ことが知れて、読む価値があったなと思える本でした。

石破さんの論理的な説明は、政界ではあまり好かれないということが
書いてありましたが、論理的なゆえに、とても正直に物事をおっしゃって
いるような感じがして好感を持ちました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す