通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
日本の弓術 (岩波文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為多少の使用感 傷み有ります。表紙薄いスレ等有りますが、表紙中身とも比較的 綺麗な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の弓術 (岩波文庫) 文庫 – 1982/10/16

5つ星のうち 4.5 55件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1982/10/16
"もう一度試してください。"
¥ 518
¥ 518 ¥ 100

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の弓術 (岩波文庫)
  • +
  • 弓と禅
  • +
  • 新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)
総額: ¥2,894
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

的にあてることを考えるな、ただ弓を引き矢が離れるのを待って射あてるのだ、という阿波師範の言葉に当惑しながら著者(1884‐1955)は5年間研鑽を積み、その体験をふまえてドイツに帰国後講演を行なった。ここには西欧の徹底した合理的・論理的な精神がいかに日本の非合理的・直観的な思考に接近し遂に弓術を会得するに至ったかが冷静に分析されている。


登録情報

  • 文庫: 121ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1982/10/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003366115
  • ISBN-13: 978-4003366110
  • 発売日: 1982/10/16
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 55件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,333位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

本書は、中島敦「名人伝」のような弓の求道を、日本の達人に師事して達成したドイツ人へリゲル氏の不思議な実話(1926〜1931)です。日本人にとっても、奥義は、不合理・非論理・神秘に思える。それを論理的な西洋人が求めたのですから稀有な出来事です。

 「あなたは弓を腕の力で引いてはいけない。心で引くこと」や「あなたがまったく無になる、ということが、ひとりでに起これば、そのとき正しい射方ができるようになる」、非合理と神秘に満ちた修行の体得に4年間を要したのは頷けます。

 最後の課題「的を射る」は超難関でした。「的を狙ってはいけない。心を深く凝らせば、的と自分が一体となる。自分自身を射なさい」にへリゲル氏は不可能感を抱き、完全に行き詰まる。阿波師範は「的を狙わずに射中てることなどできる訳がないと思う不信感」を除くために、深夜に実演してみせる。微かな線香の灯が方向を示すだけで、的は暗がりの中に没し見えない。師は2本の矢を続けて射た。へリゲル氏が確認すると第一の矢は的の真ん中を刺し、第二の矢は第一の矢の軸を貫き、第一の矢軸を2つに割っていた。師範は言う「こんな暗さでいったい狙うことができるものか、良く考えてごらんなさい。的の前では仏陀の前に頭を下げると同じ気持ちになろうではありませんか」

 ヘリゲル氏は驚愕したに違いない。以来、
...続きを読む ›
コメント 123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 確かに、よく読めばとても内容の深い本なのですが、これは超一級の剣豪(弓豪?)小説として楽しめます。だって、シーンは「修行・求道」「偉大な師匠」「支える妻」「神髄披露(このシーンの盛り上がりはほんと小説そっちのけに凄いです)」…ほら、剣豪小説でしょ?
 友人の「小町谷君」は、ただの良い友人のような役で出てきますが、実は東北大学の偉大な商法学者で、この記録が、国籍も専攻も違うけれど、ともに「学者」である2人の、至高の精神交流の記録であったことに気付かされます。でも、繰り返しますが、読んでいる時は、純粋にエンタテイメントとして面白いので、まさに「気付かされ」るという感じです。
 私は、この本にうたれた勢いでヘリゲルの著作を日本に現存する3冊とも読んでしまいましたが、本書が群を抜いて良いです(というか、3冊とも内容がかぶってます。それだけ、本書の体験はヘリゲルにとって衝撃的なものだったのでしょう。)。
 まずは、新幹線に、飛行機に、持ち込んで読むに最適。
 そして、一気に楽しんだ後、必ずや、今度はゆっくり読み返したくなる、そういう本です。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者はドイツ人哲学者。ふとした契機で日本に長期滞在することになるが、これを機に従来より西欧言語で解明することに限界を感じていた東洋の思想の一端を理解するために、近代日本において弓聖と呼ばれた阿波研造氏に師事し伝統的な弓術を学ぶ。東洋的な精神文化の根本を「禅」の中に見出そうとする著者が、6年間に渡る苦難の稽古の末に彼なりに見出した東洋的「価値」あるいは「自」「他」の認識を、帰国後一冊の書物に著した。西洋人であるにもかかわらず彼の洞察・理解の深度は一般的な東洋人のそれをはるかに凌駕していると言える。友人である訳者の類稀な力量を差し引いても、著者の東洋思想に対する正確な認識は脱帽モノである。師の言動によって自身の精神に引き起こされる葛藤を、西欧的な論理思考と科学的知見を武器に説明し尽くしてみせようとする徹底的な哲学志向が、逆に東洋的な世界観を体得するための十分な下支えとなったことは新鮮である。西洋人と東洋人の間に横たわる認識論上の差異の一面を、弓術という行いを通じて解明した名著。うすっぺらくてすぐ読めるのでおすすめ。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
オイゲン・ヘルゲルの著書「弓と禅」の内容と重複する部分がかなりあるが、
ヘルゲルと阿波研造との仲介になった当時の東北帝大教授小町谷操三の思い出
の記も収録されており、弓と禅の内容の後日談にもなっていて、大変興味深い。
弓人に一読を勧めるものである。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/8/25
 日本の弓道に関する本というよりも、その根底にある精神について述べられている本である。ドイツ人である著者が、弓道の修行を通して、日本独特の精神についての理解を深めていく過程が書かれている。とかく外国からは奇異だと言われるが、我々自身はその特異性に気づいていない日本独特の精神について、おおいに考えさせられる絶好の書。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック