通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本の弓術 (岩波文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の弓術 (岩波文庫) 文庫 – 1982/10/16

5つ星のうち 4.5 63件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 518 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の弓術 (岩波文庫)
  • +
  • 新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)
  • +
  • 弓と禅
総額: ¥2,938
ポイントの合計: 90pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

的にあてることを考えるな、ただ弓を引き矢が離れるのを待って射あてるのだ、という阿波師範の言葉に当惑しながら著者(1884‐1955)は5年間研鑽を積み、その体験をふまえてドイツに帰国後講演を行なった。ここには西欧の徹底した合理的・論理的な精神がいかに日本の非合理的・直観的な思考に接近し遂に弓術を会得するに至ったかが冷静に分析されている。


登録情報

  • 文庫: 121ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1982/10/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003366115
  • ISBN-13: 978-4003366110
  • 発売日: 1982/10/16
  • 梱包サイズ: 15 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 39,919位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
弓術は、弓と矢をもって外的に何事かを行おうとするのではなく、
自分自身を相手にして内的に何事かを果たそうとすること。

本書では弓道を切り口に語るが、xx道という古来より日本で修練されてきた「術」は、
他者と競う西洋スポーツの概念の真逆であり、自己と向き合い純粋に精神的な鍛錬を積み重ねるということだろう。

的の真ん中を矢で中てる弓術において、的を狙わずに自分自身を狙う、
さすれば、的は私の方へ近づいてきて私と一体になると先生から著者は指導されるが、
西洋人代表の彼が「why japanese pepople」と反論してしまう気持ちが分からなくもない。

的を中てるという行為を表面上の世界で考えている著者、一方、
その裏側にある科学や論理では説明がつかない、神秘性や精神性の世界である無我の境地の世界で語る先生。

当初、先生と著者の議論は平行線をたどるが、流石は哲人のオイゲン氏である。
ある日を境に、彼は疑うことも問うことも思いわずらうこともきっぱりと諦め、
成果を求めず稽古(自己と向き合い)を続け、畢竟、極意を学び得た。

千日、万日の鍛錬を積み重ねても無我の境地に至ることは我々には困難かもしれないが、
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 草薙素子 投稿日 2016/12/29
形式: 文庫 Amazonで購入
明治時代に日本にいたドイツ人が弓を習いながら書いた本です。
日本人の師匠は「狙おうとしてはいけない、的の事も、中てることも、その他どんな事も考えてはいけない」と教えます
なぜ的に当てるのに狙ってはいけないのかドイツ人は戸惑います
ドイツ人は意識的な自己を強くもってしまうのですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
弓道経験者です。偶然にも、地元の話で半ば嬉しく思い、最後まで読み進めました。

もう亡くなられた弓具店店主の先生、
射手の心持ちについて、言葉ではなく佇まいによって厳しく説かれた高校時代の顧問の先生、
優秀な師がいながら、当時の自分には弓道というものがいまいち理解できなかったことを思い出しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
禅として、考えると、ん??と最近は感じますが、
これはこれですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kinari 投稿日 2012/9/2
形式: 文庫 Amazonで購入
弓道関連で何か良い本ないかなーと探していて見付けました。読んでみると思っていた内容と全く違いましたが、エッセー風でとても読みやすく面白かったです。

講師として来日したドイツ人の著者が日本人の言動に ある規則性を見出すのですが、それが一体どこから来るのか素朴な疑問と関心を持ち始め、理解したい欲求にかられます。そして弓道と出会うのです。

が、西洋思想で真髄を理解するのは当然困難な事でして。氏の疑問も日本人からすると「そこ?」と思ってしまったり、その洞察や頭で理解できず苦悩する様も、真面目に淡々と書かれているが故に逆に面白いのです。

それにしても、こういう切り口は外国人だからこそ説得力があるのかも。あのジョブズ氏然り、欧米人が日本かぶれすると必ずと言って良いほど禅に行き着くのが個人的に不思議だったのですが、著者も無意識のうちにそこに辿り着き、奥義にまで到達します。

海外に住む友人に「大昔からいつもどこかで日本ブーム」と言われた事が有るのですが、氏が日本人の精神に見た東洋の神秘=何だか分からないもの だからこそ知りたい、惹かれてしまう、これは外国人が未だに日本に抱くイメージや憧れでもあるようです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
第一次世界大戦の前、日本で弓術を学んだドイツ人の手記。全て「合理的」で「説明がつく」ことを素晴らしいとするドイツ人から見た、日本人の独特の物の考え方がつづられている。

現代日本人も、「ロジカルシンキング」一辺倒になりつつあり、この本につづられている日本人の「感覚」を忘れている。弓術なのに「弓を引かない」とはどういうことなのか。弓術なのに「的を射ようとしてはいけない」とは何なのか。日本人が忘れている神秘性を思い出すために、必ず読むべき良書だと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 写楽 投稿日 2013/5/18
形式: 文庫 Amazonで購入
弓術は単なるスポーツではなく、理屈を超越した精神修練(神秘的修練)であり、終局的には神秘的合一・神性との一致・仏陀の発眼が目的である(弓・矢は、あくまで目的へ至るための道具)。

的を狙って射るのではなく、あるがままに、自然に(無心・無我・無限の極み)、目に見えない正しい心で。

無心(無我の境地・宇宙との一体)は、意識的になるものではなく、経験により会得するものである(徹底的に正しい練習の繰り返し)=基本・呼吸法・丹田に力を込める。

○術・○道を真剣に取り組んだことのない凡人には理解しにくい面もあるが、技術(コツ)より心であり、ブルース・リーの「考えるな・感じろ!」に通じるものがあるのか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー