通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本の南洋戦略 ―南太平洋で始まった新たなる〈戦争... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 ウキウキ書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全体的に良い状態の商品です。目立ったアンダーラインや書き込みは見受けられません。商品の保管・梱包・発送等は安心アマゾン配送センターが行います。アマゾン専用商品なので在庫切れの心配もありません。 また、お急ぎ便も利用可能です。お支払いには代金引換・コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い等がご利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本の南洋戦略 ―南太平洋で始まった新たなる〈戦争〉の行方 単行本(ソフトカバー) – 2013/7/4

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,137

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本の南洋戦略 ―南太平洋で始まった新たなる〈戦争〉の行方
  • +
  • 学校が教えてくれない戦争の真実 ─日本は本当に「悪い国」だったのか (もっと日本が好きになる親子で読む近現代史シリーズ)
  • +
  • 日本軍は本当に「残虐」だったのか―反日プロパガンダとしての日本軍の蛮行
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 167pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

中国は“尖閣"だけじゃない!
覇権国家〈中国〉が狙う南洋の巨大資源地帯!


豊富な天然資源の確保と安全保障における主導権をめぐり、
南太平洋で急激に覇権を拡大しつつある国、中国。
近い将来、必ずや日本の〈生命線〉となるこの地域で、
我々はこの〈脅威〉に、どう立ち向かうべきなのか―


いま、南洋の“親日国家"が危ない
“日本の生命線"を包囲する中国の影!
海洋国家・日本の復活――これが、日本の「新・南洋戦略論」だ!

太平洋における覇権確立を目指して強気を崩さない中国。
かつての影響力を失いかけている
旧宗主国オーストラリアと超大国アメリカ。
そして、これからの鍵を握る資源大国パプアニューギニア。
日本は、今こそ「海洋国家」として復活し、
日米豪による新たな「ジャンザス体制」を構築して、
「日本の裏庭」南太平洋の安全保障体制を維持すべし。

出版社からのコメント

「はじめに」より

あの美しい南太平洋が、これから資源戦争、そして米中覇権争いの「主戦場」となる。
そしてその戦いの結果は、日本にとっては厳しいものになる……。

これは、この一〇年間、パプアニューギニアやオーストラリアを中心にして南太平洋情勢を見つめてきた者としての、
確信に近い感想である。このことを七年以上も前から、いろいろな政治家や経営者たちに言い続けてきたが、
関心を持つ人はごくわずかだった。なぜなら、ほとんどの日本人にとって、南太平洋といえば茫洋とした美しい海が広がり、
ヤシの木々が茂る白い砂浜が続いているだけで、新婚旅行やスキューバダイビングに行くのはいいかもしれないが、
それ以外にめぼしいものは何もない、という程度の場所だからである。

しかし、この認識は明らかに間違っているし、日本の将来を考える上では「危険」ですらある。
なぜなら、地政学的にも日本の「裏庭」に位置している南太平洋地域は、日本に大量の食糧や資源を供給している
オーストラリアとの間の海上交通(シーレーン)の要所であると同時に、日本が必要とする資源の多くが手つかずのまま
眠っている「未開発地域」でもあるからだ。

事実、この地域は現在、世界有数の「巨大資源地帯」として注目されており、各国政府や資源メジャーが熱い視線を
注いでいる。そしてそんな南太平洋地域の安定を脅かしつつあるのが、急激な海洋進出政策を推進する、中国の存在である。

南太平洋島嶼国といえば「親日国家」の集まりである。しかしここ数年、中国が「政・官・財・業・軍」のすべての資源を
惜しみなくこの地域に投じ続けてきた結果、貧しかったそれら島嶼国の多くが中国の進出を受け入れるようになり、
資源争奪戦の最前線と化しつつある。これによって、南太平洋地域は、かつては考えられなかったような「米中覇権争い」
の新たな「主戦場」となりつつあるのだが、当の日本は充分な対策を打ち出すことができていないのである。
一日も早くこの厳しい現実を直視し、ただちに具体的な対策を実行しなければ、日本はやがて取り返しのつかない過ちを
犯すことになるだろう。

私は今、凄まじい勢いで変化する南太平洋の戦略環境やその重要性を何としても日本人に伝え、何がしかの提言をせねば
ならないとの思いからこの文章を書いているが、そんな本題に入る前に、なぜ私自身がここまで南太平洋の問題に関わる
ようになったのか、その「きっかけ」を説明させていただきたい。キーワードは「日本軍将兵とパプアニューギニア人が
築いた絆」と、そこから生まれた「親日の情」であった。
(以下略)


youtubeやニコニコ動画で本書の内容の一部を紹介した動画をご覧いただけます。

youtube
http://www.youtube.com/playlist?list=PLt2gfBRPKFm8yrbO4gBLslpguzluTlxIL

ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/mylist/38136944

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 416ページ
  • 出版社: ハート出版 (2013/7/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4892959278
  • ISBN-13: 978-4892959271
  • 発売日: 2013/7/4
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 432,586位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2013年10月21日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年9月6日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年2月26日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年9月15日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告