通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
証言! 日本のロック70’s ニューロック/ハード... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

証言! 日本のロック70’s ニューロック/ハードロック/プログレッシヴロック編 (単行本) 新書 – 2009/4/8

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 887

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 証言! 日本のロック70’s ニューロック/ハードロック/プログレッシヴロック編 (単行本)
  • +
  • 証言!日本のロック70’s Vol.2 ニューミュージック~パンク・ロック編
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 65pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

GSとは? ニュー・ロックとは? ハード・ロックとは? プログレとは?──

四人囃子、バウワウ、頭脳警察、OZ、バックスバニーなどで日本ロック・シーン黎明期の70年代に最前線を駆け抜けたトップ・ミュージシャンたちが、自ら語りあう70年代ロック・シーンの真実!
フラワー・トラヴェリン・バンドを筆頭とする大物バンドの復活などで、このところ注目が集まる70年代日本のロック・シーン。その実態と意義をミュージシャンたちが自ら語り合い、ロック史を再構築する話題のトークセッション、待望の書籍化です。

ゲスト&ホストミュージシャン:
岡井大二(四人囃子)
ダディ竹千代(東京おとぼけCats)
土屋昌巳(ex一風堂)
難波弘之(ex金子マリ&バックスバニーほか)
PANTA(頭脳警察、exPANTA&HAL)
山本恭司(BOWWOW)

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、07年7月から10月まで毎月1回、新橋のライヴバーZZで行なわれた「70年代日本のロックを語ろう」と題するトークショーの記録である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 296ページ
  • 出版社: アルテスパブリッシング; B6版 (2009/4/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4903951154
  • ISBN-13: 978-4903951157
  • 発売日: 2009/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 769,915位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
これは、ダディ竹千代がオーナーのライブハウス「新橋ZZ」で行われた、
「日本のロック」黎明期のミュージシャンによるトークショーをまとめた1冊です。

読んでみると、当時の日本のロックシーンの「現場からの証言」であり、
当時の空気とか、英米のアーチストに対する日本のアーチストの見方などが、
克明に展開されており、新たに知った事実などもたくさんあって、
うわぁーとか思いながら一気に読んでしまいました。

これが売れると後編も出るそうなので、それも読んでみたいぼくとしては、
何とか皆さんに買っていただきたく、
今まで書いたこともないレビューを書いているわけです(笑)

それにしてもこんなイベント、知ってたら参加したかったなぁ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
レギュラーが、《PANTA》、《難波弘之》、《ダディ竹千代》の3名。司会が《井上貴子》。ゲストが、《土屋昌巳》、《山本恭司》、《岡井大二》の3名。という超豪華メンバーによる、《日本のロック》座談会です。しかも、ただ漫然と話すのではなく、日本のロックの歴史に沿って、その発展の過程や貴重なエピソードを、現場の当事者の視点で語る、という所が最高に面白いです。個人的には、《頭脳警察》の裏話がたっぷり読めたのが嬉しいです。この本には、続編出版の予定もあり、レギュラー、司会は同じ顔ぶれ、次回からのゲストは《鈴木慶一》、《金子マリ》、《遠藤ミチロウ》、《石間秀機》、《鮎川誠》と、これまた超豪華な顔ぶれです。ただし、この1冊目が売れないと、2冊目以降は出版されない可能性もあるということなので、興味のある人は、ぜひ買いましょう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/6/6
形式: 新書
ゲストやホストと同世代です。70年代やその前史とも言える60年代後半から続くロックについては、ラジオやレコードを通してリアルタイムで音楽を追いかけていました。
本書は日本のロックを創ってきた側の証言ですから、リスナーとは違う視点からの情報も多く、知っているはずのロックの流れもまた新鮮に読み通しました。紹介されているレコードなどの音源も聴こえてはこないのですが、どこを説明しているか分かるのは嬉しかったです。

日本のロックを語っているわけですが、大きな影響を受けた海の向こうのロックについても相当なページを割いて語っていました。あの時代の音楽環境や雰囲気を語るには避けて通れませんので。

井上貴子さんが「50年代生まれは『ロック世代』」と位置づけてくれました。ビートルズからGSへ、ニューロックからハードロックへ、そしてプログレへと我々は通過儀礼のように世界中を席巻した音楽を追い求め、自分へと吸収していったものです。

それらの音楽を、本書は実に多彩に、あらゆるロックから解き明かしています。語り手が日本を代表するミュージャンですから当然でしょうが、ロックの聴き手としても素敵なリスナーだったことを知るエピソードが満載でした。

本当に貴重な証言が詰まっていました。同時代の仲間だけでなく、次世代のロック
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
70年代に日本のロックの当事者達が証言する、時代の検証本。音楽性というより当時の音楽シーンや風俗を当事者が行ったトークショウを文章化したものであり、当時の雰囲気はつかみ取れます。でも全ては理解できません。当然言及不足のある部分があることも否めません。でもPANTAの証言や山本恭司・岡井大二の話は当然興味深いものであります。
70年代日本ロックシーンの全体像を掴みたい方にはオススメの本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック