Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 480
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[石井和裕]の日本のサポーター史 (+KeLBOOKS)
Kindle App Ad

日本のサポーター史 (+KeLBOOKS) Kindle版

5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 480

商品の説明

内容紹介

1993年5月15日、日本にプロサッカー「Jリーグ」が誕生。サポーターは時代の寵児となった。それから20年以上、サポーターは日本サッカー躍進の原動力だった。日本初のサポーター集団の誕生は1962年12月9日。それ以来、スタジアム内だけではなく、日本社会にも大きな影響を与えてきた。本書では、サポーターの歩みが社会に与えてきた影響、逆に、社会の流れがサポーターに及ぼした影響を関連づけながら、もう一つのサッカー史であるサポーターの歩みを追跡した。

こんな本が欲しかった。でも、書いてくれる出版社がなかった。だから著者が自分で書いた一冊。

「横山やめろ」「Japanese Only 事件」など、様々な事件が、なぜ起きたのかについても、その背景を再検証している。

こんな時代をご存知ですか?
⚫︎試合後に有名サポーターと記念撮影をしたい女子の行列ができた時代。
⚫︎国立競技場で日本代表よりも対戦国の代表のサポーターの人数が多かった時代。
⚫︎チケットを持たないサポーターがスタジアムになだれ込んだ時代。
などなど、今では信じられないような出来事がたくさんありました。

最後に、1990年代からスタジアムに通うサポーターの中から何名かの今を追った。のちに自らFC岐阜を立ち上げることになるサポーター、INACレオネッサで女子サッカーの革命的なチーム作りをすることになるサポーター、横浜フリューゲルスの消滅を経験したサポーター、今もスタジアムに通い続けるサポーターなど、あらためて彼らの歩みを振り返ってみると、サポーターとサッカー、そして仲間との関わりが見えてくる。

本書を読めば、サポーターが、なぜ常に前進し続けてきたのかを理解していただけるだろう。ドーハの悲劇を知らない若いサポーターに、特にオススメしたい。

1◆日本サポーター創生期・日本サッカー狂会誕生
2◆「サッカーブーム」到来
3◆冬の時代とサポート活動の芽吹き
4◆韓・中・朝 の壁
5◆初の監督解任運動とサッカー浮上の兆し
6◆サポーターが各地でデビュー
7◆沸騰したJリーグブーム
8◆多方面に影響を及ぼしたサポーター
9◆ドーハの悲劇
10◆ワールドカップ初出場に向けて
11◆日韓サポーター新時代の到来
12◆サポーター史上最大の大事件
13◆2002年に向けて
14◆熱狂の頂点2002年
15◆ポスト第一世代
16◆国際社会の変化とサポーターの変化
17◆意見とビジュアルの時代が始まる。
18◆再び躍進が始まる。
19◆生まれた絆と連携
20◆崩れた信頼
21◆地方の時代とサポーター
22◆この人サポーターが歩んだ道

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1904 KB
  • 紙の本の長さ: 83 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BJSN7NS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 87,507位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
微に入り細に入り、公正な立場から書かれた貴重な資料です。他にはない内容でした
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
時系列でまとめられて、歴史を知ること、感じることができて非常にわかりやすい。
ただ、ひとつのひとつの事柄(事件?)の内容が物足りない。
サポーターの想いが書かれると思う続編、サポーター論に期待します
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
日本サッカーの歴史、Jリーグの歴史を語るうえで欠かせない存在なのが「サポーター」である。
この本はそのサポーターに焦点を当てたとても貴重な記録書となっている。

私が個人的に思い出深いのは、1989年6月のイタリアW杯予選、国立競技場で行われた北朝鮮との試合だ。
この本にも書かれているが、試合前のバックスタンドではあちこちで在日朝鮮人と日本人との喧嘩が起きていた。
危険を感じた私はバックスタンドの上のほうへ避難することにした。
しかし困ったのが在日の人と我々は見た目にはほとんど同じで区別がつかないということ。
だから空いた席に座るときに隣の人に「あのう~すみません、日本人の方ですか?」
という質問をして確認したのだ。今思えば我ながら間抜けな質問だと思うけど、その時は本当に
怖くて確認せずにはいられなかった。それほど両チームサポーターが入り混じって異様な雰囲気だったのだ。

こうした観客席から見たサッカーというのは記録にほとんど残っていないだろう。記者やライターは通常スタンドにはいないからだ。
しかしこういった現地にいるサポーターが経験した出来事こそが、語り継がれるべき歴史なのだと思う。
だから本書はぜひスタジアムの、普段は観客席にいないサッカー関係者に読
...続きを読む ›
1 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
こういった一つのジャンルの近代史を読むときには、一冊で二つの楽しみ方を同時に味わえる。ひとつは自分の体験していない過去、そういった意味ではまさに歴史を知識として吸収できること。もうひとつは自分史をトレースし、さらに体験できなかったことや視点を追加し、より明確にできることだ。
私にとってその分かれ目は、ほぼJリーグの開幕に当たる。
前者は筆者も恐らく体験していないことも多く、膨大な資料・書籍から積み上げられた知識や取材からまとめあげられたもの。これは筆者の努力と人脈、人間力があってこそ書き上げられるものだ。誰も書かなかったからと書いた、とは筆者の談だが、これは謙遜でしかない。彼にしか書き得ない、私にとっては教科書のような内容だ。
J開幕以降の内容は私自身も体験している内容であり、多くの読者も同じくトレースできる内容ではないか。だからこそこちらはより前のめりに読める内容となっている。
詳しい内容は割愛するが、自分なりに注目した点はコミュニケーション手段や情報収集などの大きな変化と日本のサポーターの歴史がほぼ同じことだ。
SNS等により顔も本名も知らない"サポーター仲間"という存在も珍しくないが、開幕当初では考えられない。電話(しかも自宅の固定電話)をかけなければ出来なかった様々な情報交換も、いまや時間を気にすることなく文
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover

関連商品を探す