¥ 7,344
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本のエネルギー革命 -資源小国の近現代- がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本のエネルギー革命 -資源小国の近現代- 単行本 – 2011/1/14

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 7,344
¥ 7,344 ¥ 4,999
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【第54回日経・経済図書文化賞受賞】

戦後日本の高度成長への道を拓いたエネルギー革命の歴史的意義を、戦前~1960年に至る長期的視野で位置づけ直し、熱管理や臨海開発などの経済政策・企業活動を通じて、資源制約に需要・供給両面から効率的に対応し得た要因を示す。戦後経済史・環境史の理解に新たな扉を開く画期的成果。


【第54回日経・経済図書文化賞選評より】
岩田一政氏 (日本経済研究センター理事長)
「…… 重油の石炭に対する価格面での有利さがあったことは以前から指摘されているが、熱節約技術の展開過程で、技術面から重油が選択されてゆくという技術史的な視点に、本書の分析の斬新さがある。……対象としているのは60年までだが、現在の日本にとって示唆するところの多い秀作である。」
(2011年11月3日付「日本経済新聞」27面より)

出版社からのコメント

【担当者より】

本書は、戦後日本の経済発展を可能にした「エネルギー革命」の実態を、環境史的視野を取り入れつつ新たな視点で捉え直した、戦後経済史研究の最新の成果です。急速なエネルギー革命が実現しえた要因を、石油価格の低下などの構造的理由のみに帰することなく、戦前の日本や満州に端を発する資源節約への営々たる現場・企業・政府の取り組みからたどり直し、その実現が、資源小国である日本の戦後の発展を可能にしたことを、説得的に解明しています。
 新興国の台頭により、再び資源の確保が困難さを増す今日において、戦前からの長期にわたるエネルギー資源問題の再評価を試みる本書は、多くの点で、今日必要な取り組みが何であるかを、豊かな歴史的事実の発掘を立脚点に、考えさせてくれるものと思います。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 432ページ
  • 出版社: 名古屋大学出版会 (2011/1/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4815806608
  • ISBN-13: 978-4815806606
  • 発売日: 2011/1/14
  • 梱包サイズ: 21 x 15.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 640,540位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2011年2月12日
形式: 単行本
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告