中古品
¥ 205
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。商品の状態に不備が見つかった場合のみ、確認のメールをお送りいたします。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本のものづくりが中国を制す―旺旺集団と岩塚製菓が挑む「世界品質」への道 単行本 – 2006/6

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 205
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

20年前に創業した台湾の菓子メーカー・旺旺集団は、いまや中国全土に90以上の工場を稼動させ、スナック菓子ではNo.1のシェアを持つ。売上でも日本のグリコ、森永製菓、明治製菓を凌駕し、ロッテをも超える規模に。なぜそれほどまでに急成長できたのか。
旺旺集団飛躍の秘密は、新潟の老舗米菓メーカー「岩塚製菓」の存在なしに語れない。物語は、旺旺集団の創業者である若き蔡氏が岩塚製菓のヒット商品『サンフレンド』を食べて感動したところから始まる。蔡氏は岩塚製菓の槇社長(先代)に技術指導をお願いするが、なかなか首をタテに振ってくれない。その理由は、米菓の命はよい原料と高い加工技術であり、日本と気候と風土も違う台湾で同じような品質の商品をつくるのは難しいと判断したからである。
しかし、蔡氏の情熱と行動力が槇社長を動かし、ついに旺旺集団への技術指導が始まる。米菓づくりに命を賭ける男たちの感動のドラマ。

内容(「BOOK」データベースより)

中国市場を席捲する食品メーカー「旺旺集団」。その品質を支えてきたのが新潟の「岩塚製菓」。なぜ日本と台湾の企業が結びついたのか?米菓づくりに命を賭ける男たちの感動のドラマ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 230ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2006/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569654002
  • ISBN-13: 978-4569654003
  • 発売日: 2006/06
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 147,026位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
台湾の人の中には 日本的な美徳が深い水流として 流れていることを感じた。
『縁』 自分が 気に入っているものを とことんあきらめない意志。
『自信』 必ず、成功するという自信。
『一気呵成』『臨機応変』
台湾での成功は 品質を守り通したこと。
積極的に 中国に進出し、最初は 苦い水を飲まされたが、
それを跳ね返す チカラと強い意志があった。
何よりも、圧倒する スピード。ブランディングの巧みさ。
いや。いや。スゴイね。
日本人のもつ 誠実さの上に 大きく挑戦するたくましさが。
もう少し、心のひだに入ってほしいなぁ
と感じたが、物語としては いい感じですね。
浄土宗の中にまで入り込むのが 意外感があっていいね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック