中古品:
¥ 1,850
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 国内正規品。ケースに微細なスレがございますが、ディスク盤面良好です。当店では、商品をOPP袋(クリスタルパック)で包装し保管しております。そのため、商品保管時における傷み等の劣化対策、更に発送の際の水濡れの防止等、お客様にご満足して頂けるよう、万全の商品管理を徹底しております。International shipping available.【国内送料無料のAmazon専用プライム対象商品】24時間以内にAmazon配送センターより迅速・丁寧に梱包し直接配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

日本のいちばん長い夏【DVD】

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 13,550より 中古品の出品:7¥ 1,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 木場勝己, 池内万作, キムラ緑子
  • 監督: 倉内均
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2011/01/21
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0044BBPTG
  • JAN: 4988101153794
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 92,599位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【解説】
一大座談会“日本のいちばん長い日”は『文藝春秋』8月号に掲載されるや、水面下で繰り広げられていた終戦の舞台裏を明らかにしたものとして大きな反響を集め、やがてこれを基に当時司会を務めた半藤一利氏(当時33歳・文藝春秋社員)の筆で、終戦秘話を描いたドキュメント小説『日本のいちばん長い日』が昭和40年(1965年)に出版(当時は諸事情で“大宅壮一編”として出版。現在は半藤氏の名義で“決定版”が再刊行されている)。翌年には、これを原作とする東宝“8・15”シリーズ第1作『日本のいちばん長い日』(岡本喜八監督)が公開され、大ヒットとなった。
やがて時が過ぎた平成19年(2007年)、この座談会は半藤氏の解説を加えて『日本のいちばん長い夏』(文春新書)として改めて出版され、終戦の真実を後世に語り継ぐ貴重な資料として再評価されている。
本作は、この座談会の再現を主軸にストーリーが展開していく。主人公はテレビ番組の演出家。彼は大胆にも、スタジオに建てられた料亭のセットに当代きっての文化知識人を一挙に集結させ、彼らを俳優として起用するという“文士劇”スタイルをもって当時の模様を再現しようと試みる。さらに彼は原作者でもある半藤氏や、集まった文化人たち個々にも撮影の合間を縫って取材を敢行し、それぞれの戦争観などを吐露させていく。

【キャスト】
木場勝己 池内万作 キムラ緑子
湯浅卓(国際弁護士)中村伊知哉(慶應義塾大学教授) 青島健太(スポーツライター)山本益博(料理評論家) 松平定知(アナウンサー) 富野由悠季(アニメ映画監督)林望(作家・日本文学者) 鳥越俊太郎(ジャーナリスト) 立川らく朝(医師・落語家) 島田雅彦(小説家) 田原総一朗(ジャーナリスト)市川森一(脚本家) 江川達也(漫画家) デイヴィッド・ディヒーリ(ジャーナリスト)

【スタッフ】
監督・脚本:倉内均
製作:與田尚志
原作:半藤一利【編】『日本のいちばん長い夏』(文春新書)

【公開日】2010年8月公開

【スペック】
●映像特典
◆完成発表記者会見・湯浅卓、中村伊知哉、立川らく朝、松平定知 各氏出演「秘話公開!なぜ文化人が“俳優”に?」
◆トークショー“歴史探偵”半藤一利VS“ガンダムの父 ”富野由悠季
「激論!昭和史最大の謎“終戦”に迫る!!」
◆出演者紹介・データファイル

DSTD03316/4,700円(税込4,935円)/COLOR/本編111分/片面2層/1.主音声:ステレオ/16:9 LB

【販売元】東映株式会社【発売元】東映ビデオ株式会社

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『佐賀のがばいばあちゃん』の倉内均監督によるドキュドラマ。昭和38年、東京の料亭で日本を代表する知識人や政治家ら28人が終戦の真実を語る座談会が開催された。その模様を、当代きっての知識人をキャストに起用した“文士劇”スタイルで再現。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 kajiT VINE メンバー 投稿日 2011/2/6
Amazonで購入
1963(昭和38)年6月20日、文藝春秋の編集者であった半藤一利の企画により、アジア・太平洋戦争に関わった28名の人々が東京の料亭なだ万に集められた。戦後18年、あの戦争に深く関わっていたお歴々も顔を揃え、重い口を開き始めたのである。

元内閣書記官長の迫水久常、元外務次官の松本俊一、元駐ソ連大使の佐藤尚武、元軍令部第一部長の富岡定俊、元第八方面軍司令官の今村均、元陸軍省軍事課長の荒尾興功、元内閣総合計画局長の池田純久など、歴史の証言者たちが一堂に会した最初で最後の座談会であった。

本作は、半藤一利の『日本のいちばん長い夏』を原作とした作品であり、この座談会を文士劇スタイルの映画として再現したものである。そもそも文士劇とは、作家・劇評家・新聞記者・画家など、専門俳優以外の文人によって演じられる演劇のことを言う。

キャストには、ジャーナリストの田原総一朗や鳥越俊太郎、アナウンサーの松平定知、アニメ映画監督の富野由悠季、漫画家の江川達也など、テレビでお馴染みの顔ぶれを見ることができる。とりわけ、国際弁護士の湯浅卓の演じる迫水は秀逸であり、これは特に見事な配役であった。

おそらく日本近現代史、特に昭和史や太平洋戦争史に詳しい方は楽しめるはずである。ただし戦争のドンパチを楽しみたいだけのミーハーにはオススメしない。戦争中のシーンは記録映像を除いて一切なく、あくまでも戦後の座談会の再現であることを付言しておく。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
歴史を消し去ってはならない。昭和38年風化しつつある終戦の様子を
残すために各方面の方に集まって行われた座談会。
2010年に映画化された。
原作は「日本のいちばん長い日」
ドキュメント作品
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告