通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本に惨敗し ついに終わる中国と韓国 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本に惨敗し ついに終わる中国と韓国 単行本 – 2015/5/21

5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本に惨敗し ついに終わる中国と韓国
  • +
  • 「アジアインフラ投資銀行」の凄惨な末路
  • +
  • 超・技術革命で世界最強となる日本
総額: ¥3,483
ポイントの合計: 106pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

戦後70年を迎え日本攻撃の総仕上げに動く中国と韓国。反日式典が目白押しで「旅順大虐殺」「関東大虐殺」など新たな日本攻撃を用意する両国だが、実態経済はボロボロで、中国が推し進めるアジアインフラ投資銀行(AIIB)は空中分解が必至、政治も混迷を極め崩壊寸前。中韓の共闘も完全に失敗し、中国は日本にすり寄り、韓国は完全に見捨てられる! 今後の東アジア情勢の変化を両ウオッチャーが分析した決定版!

内容(「BOOK」データベースより)

AIIBは空中分解、経済は共倒れ、反日同盟も大失敗!中国は日本に泣きつき、韓国は見捨てられる。「戦後70年」以降の中韓情勢を徹底分析。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2015/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198639353
  • ISBN-13: 978-4198639358
  • 発売日: 2015/5/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 135,043位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 対談本として抜群の出来栄えです。対談本ならではの「わかりやすさ」の上に、ご両人の「鋭さ」が光ります。ご両人の前作「仲良く自滅する中国と韓国」を改めて読むと、日本×中韓の闘いは、急速に日本有利に傾いていることを実感します。それは、米国政府内の実務家・専門家たちが、ようやく「ウソつき大国=韓国」「ウソつきの点では韓国と中国は同質だ」ということに目覚め始めたからでしょう。
 それを世界的レベルに加速するためにも、この本を多くの日本人が読み、理論武装することが大切です。英語あるいはドイツ語はよくできるが東北亜の歴史や現状については、からっきし分からないという人は、この本を読み、反日米国人や反日ドイツ人に、知的な天誅を加えてほしい。
コメント 237人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
確かに欧米人は地理的にも遠いので関係ないかもしれないが
中国と韓国はもはやアジアのお荷物になっている。
この二国は恐ろしく酷似していて同じ問題を抱えている。
中でもAIIBの問題についてメディアは全く報道しなく
今だ中国の経済成長を強調しているが、
中国経済の成長のトリックが明かされ
この国は恐ろしく脆くあっという間に崩壊するのではないかとも思えます。
AIIBによる中国の狙いは成功などするわけなくこれが中国経済崩壊の引き金になる可能性が高いですね。
海洋進出を国際法無視で進め、軍事費拡大で明らかに覇権主義の中華人民共和国
その反面、習近平の態度の豹変、
中国と韓国のエキスパートナーによる対談は非常に興味深かったです。
やはりこの二国を知るにはセットの方がよく理解できますね。

特に日経新聞の中国持ち上げ記事には辟易しています。
あれは中国共産党ご用達の新聞ですね。
1 コメント 259人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この手の本は大好きなので、軽い気持ちで注文した。読んでみると、専門家とはいえ、良くこれだけの情報を得られたものだ、というのが第一印象だ。悪いなと思いながら、日に日に中国・韓国が嫌いになっているこの頃、格好の読み物だった。とくに中国の株式下落など、事象も手伝って、ますます面白く読ませて貰った。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
中国にもよく出かけ、いつも鋭い発信をしている宮崎正弘氏と時事通信社でソウル特派員も務めた辛口の室谷克美氏の対談。お二人の発言は以前にも聴いた内容もあったが、一応興味深く読んだ。

中国が広げた大風呂敷の構想であるAIIBは失敗するとの宮崎氏の予測には同感である。韓国はアメリカに気兼ねしていたが、イギリスが参加したことで、安心して参加し中国に義理立てをした。しかし「バスに乗り遅れるな」式の日本の左巻きマスコミの論調は戴けない。

韓国のトップ企業の大卒の初任給が日本円で約29万円と日本のそれの1.5倍も高いとは恐れ入った。もっとも歳を重ねるにつれてどんどん辞めさせられるので、会社に残るために、上司にゴマをすり、ときには現金を渡し、ライバルの足を引っ張ることが横行する。韓国の告げ口外交も企業文化をそのまま反映している。中国では賄賂というのは文化の一つになっているが、韓国もそのようだ。大学を卒業しても満足な就職が出来ないのは、中国も韓国も一緒。

韓国では建造物の手抜き工事が多いが、一つの原因として輸送中に鉄筋などを抜き取って横流しをすることが良くあるからだとのこと。第2ロッテワールドも水漏れが発生していて、ソウルの友人もたちも「あそこには絶対行くな」と言っている。これは中国でも同じ。「鳥の巣」を含めて、北京オリンピックのときに
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
反日御三家とよく言われ、私は反日御三家に謝罪なんぞムダで必要ないと思っていました。それが完膚なきまで証明されました。日本人全員が読んでもらいたいと思います。特に媚中、媚韓の自民党の某有名議員は必読だと思います。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 古郡集 投稿日 2015/8/11
形式: 単行本 Amazonで購入
私は両国と商売、個人的付き合いが20以上あります。確かに頷くことが沢山ありますが、日本に惨敗はないでしょう。井の中の蛙的に感じます。確かに彼らの日本に対する傲慢があります。しかしその傲慢を許しているのは、戦後の日本の生き方に問題があるからです。日本人は物事をはっきり言いません。
彼らにはっきりものが言えるようになれば、日本の総合力で、頭を下げると思いますが。国旗も揚げない国は日本だけだとおもいます。日本人して、強い誇り養ってゆくことが、ありません。
そんな国が今の日本だと思います。惨敗させるために、両国を批判する前に。日本はものをはっきり言える国になることではないでしょうか。私は日本人です。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー