通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本に住む英国人がイギリスに戻らない本当の理由 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本に住む英国人がイギリスに戻らない本当の理由 単行本(ソフトカバー) – 2014/10/21

5つ星のうち 3.3 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 358 ¥ 19
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本に住む英国人がイギリスに戻らない本当の理由
  • +
  • 外国人だけが知っている美しい日本~スイス人の私が愛する人と街と自然~
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 88pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【内容紹介】
英国人だからこそ見えた
「日本」の素晴らしさ! !
イギリス人100人に徹底取材!
日本と英国社会の知られざる違いとは?
イギリスは、EU加盟国の中で「訪日数」10年連続第1位!
そして、日本を訪れたイギリス人の多くが、日本の素晴らしさを再認識し、日本ファンになっていきます。
果たして、彼らは日本のどこに魅力を感じているのでしょうか……?
ともに島国で、君主国で、文化度が高い日本とイギリス。
ベストセラー『イギリス式』シリーズの著者が、
「在日イギリス人はなぜ日本に憧れるのか?」を解き明かす一冊です。
新感覚の日英比較文化エッセイ!
【目次より】
第1部 在日イギリス人はなぜ「日本」を選んだのか?
【教育】子どもを育てるなら、「イギリス」より断然「日本」!
【食事】イギリスの味覚を一変させる「和食」
【文化】「クール・ジャパン」が世界を席巻する
【サービス】お金以上の働きをする日本人 他
第2部 イギリスに住んで見えてきたもの
【契約】と【自己責任】サインをしたらあとの祭り
【個】と【公】社会が混乱しない“線"の引き方
【宗教】と【経済】教会を買いませんか?
【階級社会】と【ロイヤルファミリー】ひがまず、偉ぶらずのヒント
【移民】と【治安】中東とアフリカに密接な国・イギリス 他
第3部 日本とイギリス文化の違いとは?
【仕事観】日本とイギリス、どちらが働きやすい?
【結婚観】一心同体の楽しさと厳しさ
【死生観】なぜ年を重ねることが楽しいのか 他

内容(「BOOK」データベースより)

英国人だからこそ見えた「日本」の素晴らしさ!イギリス人100名に徹底取材!!ベストセラー『英国式シリーズ』の著者が、日本とイギリス社会の知られざる違いを解き明かす―

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2014/10/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584135991
  • ISBN-13: 978-4584135990
  • 発売日: 2014/10/21
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 232,102位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
イギリスびいきの井形さんにしては、珍しく冷静な内容で、しかも日本をほめている。
イギリス大絶賛では、すでに読者を引き付けられないのかもしれない。

前半は面白く読んだが、日本の公務員批判のところのリサーチはものすごく雑。
井形さんの中では、なぜか政治家も公務員も一緒。あれま。(編集者もここは意見しなくてはいけないのでは)

公務員を叩きたいのであれば、最低5人は取材すればよかったのに。
消防士についても、危険手当がどうのこうのと、聞きかじったことだけで判断するのはいかがなものか。

井形さんは、タイトルをつけることや、なんとなく社会が求めているイメージに本を仕上げる才能はあると思う。
だけど、絶対的にリサーチ不足で、じっくり考えて本を出すタイプの人ではないので、話半分ぐらいで付き合うのがちょうどいいと思う。
コメント 123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
井形さんは、吉祥寺に自分と娘のためのお墓を買ったそうです。
それで? 日本には住むイギリス人がイギリスに戻らない理由と、どう繋がるのですか?

文章は雑です。ひとつの章のなかで、前半はAについて語っているのに、いつの間にかBが主役にすりかわっています。
雑誌編集に長く携わっている人、のはずですよね。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
これまでイギリス大絶賛だった井形さんが日本のほうがよいとしている。
ご自身の老後は日本で送りたいとも書いておられる。
あれま、井形さんは金融資産すべてをポンドに変えたんじゃなかったけ。
てっきりイギリスで最期を全うするのかと思っていた。
井形さんがイギリスで手に入れたフラットも値上がり益目的かしらね?

本書のタイトルに惑わされてはいけない。
内容的には、日本がイギリスより勝っているところ、イギリスのほうが勝っているところをそれぞれ記載しているだけである。
それも、あくまで著者の井形さんの価値観での勝敗がつけられているにすぎず、異なる考えもあろうかと思う。
井形さんは文章がうまいが、本書は少し掘下げ不足かなと思う。
考察が浅いと言っては失礼かもしれないが、さらりとした読後感で、うわすべりな感じが否めない。
もっと重厚な内容のものを読みたかった。ファンとしては少々残念である。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
最初のあたりは知らないことが多くて驚きながら(著者の独断はかなり強いとは思いますが)、面白く読んでいたのですが、後半なんとなく散漫に。後半の内容は記憶に残りませんでした。でも、外から見た日本の教育の良い点も知れたのはよかったです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
最後まで読んで、「日本に住む英国人がイギリスに戻らない本当の理由 ...」
がわからなかった・・・

第1部第2部第3部と別れ、第一部は日本の良いところが書かれて良かったのですが、
2,3部はイギリスの話と日本の違い、しかも個人的な価値観が特出して考察も浅い感じがします。
もっと調べる必要がある。
イギリスに興味ある方、移住する方は読んでもいいかもしれません。
お勧めはできません。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
英国人はプライドが高く、
自分の国が一番だと思っている人が多いです。
日本に来ている英国人は、日本で仕事をしたいか
興味がある人がほとんどです。
この種の本は極論で辟易します。
ポーランド、トルコ、イラン、ベルギー、フランス、イギリス、台湾、フィンランド、ロシア、
無理やりにこじつけていて、ここまで日本が好かれているようにアピールするのは
余程危機感を感じているとしか思えません。

日本のメディアは一部だけを取り上げ極端にクールJAPANなど
世界中で人気があると報道していましたが
大嘘なのは現地に行けばすぐわかりますけど。

ただ今の英国は中国に傾いているのは明らかであり
金の切れ目が縁の切れ目ですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 小次郎 VINE メンバー 投稿日 2015/2/23
形式: 単行本(ソフトカバー)
イギリス人は夫婦の時間を大切にする、単身赴任など考えられない、寝る時はかならずダブルベッド、子どもが家を出たら夫婦の時を存分に楽しむ・・・といった描写があり、それだけをみると、大人の国は違うな、個人主義が徹底されているなという気もします。ですが読了後、本を置いてちょっと考えてみると、どうも個人主義や自己責任の名の下、子供をほったらかしにしているだけ、自分が楽しみたいだけで、幼いなという気もしてきました。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー