通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本にはびこる「トンデモ左翼」の病理: 中国から帰... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付■丁寧にクリーニングしています。若干の使用感、経年劣化、軽度の、色褪 変色、傷 汚れ、破れやページに書き込みなどがある場合がございますが、おおむねきれいな状態です■アマゾン倉庫より発送の場合は送料込み、弊社より発送の場合は紙袋とビニールの簡易包装、手数料257円となります■万が一不備があったときは速やかに返品、返金対応いたしますので安心してお買い求めください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本にはびこる「トンデモ左翼」の病理: 中国から帰化して驚いた フォロワー18万人のツイッターで大反響のリベラル批判 単行本 – 2016/9/29

5つ星のうち 5.0 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 603
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本にはびこる「トンデモ左翼」の病理: 中国から帰化して驚いた フォロワー18万人のツイッターで大反響のリベラル批判
  • +
  • 在日特権と犯罪
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

共産主義の独善を嫌って中国から日本に帰化してみれば、日本のリベラルはもっと欺瞞に満ちていた! 好戦的な平和主義者、脱法行為を平然と推奨する護憲派、レッテル貼りで口汚く罵る反ヘイト主義者、中国や北朝鮮の軍事的脅威は存在しないことにする反戦団体…その様相はレーニンが批判した「左翼小児病」にそっくり! 現実を無視して理想論に走り、その挙句に自己矛盾を起こし続ける日本の左翼リベラルのおかしさを、中国での体験と重ねて解説する!

内容(「BOOK」データベースより)

好戦的な平和主義者、脱法推奨の護憲派、SEALDsは紅衛兵そっくり…共産主義の欺瞞を嫌って帰化してみると日本のリベラルはもっと変だった!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 188ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2016/9/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198642567
  • ISBN-13: 978-4198642563
  • 発売日: 2016/9/29
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 126,348位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
24
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(24)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
よくぞ書いてくれました。久々溜飲が下がりました。全く今の日本は(日本人は)、はっきり物言わなくてはいかんですね。戦争の責任はもう済んでいるのに何故中国・韓国に「はっきり言わない」のでしょう。こんな事していたら50年経っても日本を追い抜けませんぞ。日本は既に米国と共に時代を進んでいますぞ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
日本の国益を損なう行動ばかり続ける「日本の左翼」を、論理的に切り捨てる石平さん。名著です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「左翼」と言うより、「リベラル」の正体を暴いた力作。
横山やすしが国政で落選した時、「日本人はアホや!」と言ったが、鳥越俊太郎
が全く同じレベルだったのは笑える。
「政権交代可能な保守2大政党制」という小沢一郎のスローガンが見事に失敗
したこと、上から目線、自己陶酔のリベラルの愚かさを痛快に描いている。
ジャーナリスト(???)と言われる人が政界に転ずれば、みんな民進党。
こんな人が、語るニュース聞いていたのか思うとぞっとする。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
リベラルや左翼的立場の人から言わせれば石平氏は右翼と言うことになるのだろう。
しかし、石氏は非知性的人物でないことは確かだ。
批判するのであれば、レッテル貼りではなく、堂々と中身の議論を挑むべきだろう。

本欄で、良いコメントをしている人は多いと思うので、私は別の観点から紹介してみたいと思う。
本書125ページで石氏は、「それほど国民のことを思い国民に尽くされるような君主はこの日本以外、
世界のどこにいるのか」という氏の今上陛下を称賛したツイートを紹介しているが、
それに対するリツイートは4087、いいねは4213で、他の石氏のツイートに対する反響より遙かに多いのだ。

これは、何を意味するのか?
普段、石氏のツイートに良い反応をしていなかった人たちが、
この陛下に関するツイートには「いいね」をしたということだ。

これを見て私は、「かくも今上陛下は人々に愛され支持されているのか」と感じたものだ。

その事を再確認させてくれた石平氏に感謝したい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「私はこれまで現在の中国体制を批判する本を書いてきたが、
(中略) これまでの私の本では書いていないテーマだから新鮮に映ることもあるだろう。
共産主義の中国から来た男が語る『日本の左翼やリベラルの欺瞞』には、
生粋の日本人とはまた違った観点があるのだろう。
それと同時に、既存のメディアに対する不信感もあるのだと思う」



・・・石平さんが自身のツイッターを紹介するとともに、その事象の背景や後日談を解説する本書は、
上記の一文にあるように、石平さんにしては珍しく、(ほぼ)日本国内限定の社会事象を語る本になっています。

さて、石平さんは日本国内の「リベラル」を自称する人たちを、本書の中でこのように評しています。

「精神勝利法」  「自分の考えが絶対に正しい」  「我こそ正義」  「反対する者はすべて悪」  「守りたいのは『平和』ではなく『平和主義』」

「反民主主義」  「奇妙なエリート意識」  「『すべての国民の代弁者』という全体主義志向」  「『言論の自由』を都合よく使い分ける」

「外国メディアは公正だと信じる」

・・・などなど。
これらを書き連ねてゆくうちに、あることを思
...続きを読む ›
3 コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2016/10/3
形式: 単行本
象徴的なのは、解散した「シールズ」についての論評である。
石平さんの経験によれば紅衛兵そっくりである。
政治とは、命懸けのゲバルト行為であるが彼らの、「独善、単純、無知、単純なレッテル張り、愛国心のなさ」は、中国共産党が使って捨てた紅衛兵のそっくりさんで驚いたのである。ただ、それ以上に驚いたのが能天気な遊び半分と云う事である。
彼らは、過っての中核派、革マル派、赤軍派とは本気度が全く違っている。
考える事が苦手で、甘やかされて育ち相当に劣化した若者である。

政治は、本質的には暴力であり政治家が大成するには、その人のために何人死ねる信奉者が出るかで決まる。
これは、中国に絶望し日本に帰化した石平さんの体験によるものである。
その眼で見ると、日本のリベラル・自称平和主義者たちのお手軽で非論理的で支離滅裂な主張に驚いた。安全地帯に居る平和主義者が、一番好戦的で、挙句の果ては総理大臣を馬鹿呼ばわりしているのである。隠れている首謀者にとって彼らは、歴史上いつの時代にも存在する、「役に立つ馬鹿」である。
「日本国憲法」を、日本人が作ったと嘯く習性にも驚き、劣化極まれりと驚いている。
最早、救いようのない者たちに一々構わず、真面に相手にするなが結論である。
ただ、中国の反日勢力との奇妙な連合についてだけは、要注意ということである。
コメント 129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー