この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本でいちばん幸せな県民(ケンミン) 単行本(ソフトカバー) – 2011/11/12

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2011/11/12
"もう一度試してください。"
¥ 3,082

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

近年、経済的な豊かさではなく、人々の幸福度や満足度が強く求められています。そこで本書は、地域住民の幸福度という観点から47都道府県をランキング化!
「生活・家族」「労働・企業」「安全・安心」「医療・健康」の4分野、計40の指標を厳選し、分析した調査結果です。
◎悩みやストレスを抱える人が少ない県は?
◎1世帯当たりの負債額が少ない県は?
◎社員が辞めないで長く働く県は?
◎1日のくつろぎ時間が最も長い県は?
◎障がい者の雇用比率が高い県は?
あなたの県は何位? 総合ベスト3は意外にもあの地域! 本書を読めば、各県の抱えている課題も一目瞭然!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

坂本/光司
1947年、静岡県焼津市(旧大井川町)生まれ。1970年、法政大学経営学部卒業。公共産業支援機関指導調査課長、浜松大学教授、静岡文化芸術大学教授などを経て、法政大学大学院政策創造研究科教授、および同大学院静岡サテライトキャンパス長。専門は中小企業経営論、地域経済論、福祉産業論。産業支援施設助成審査委員会(経済産業省)委員長、価値ある中小企業に関する研究会座長(関東経済産業局)、焼津市・牧之原市・菊川市等の行財政改革審議会会長、NPO法人オールしずおかベストコミュニテイ理事長など、多くの公職を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 96ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2011/11/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569800556
  • ISBN-13: 978-4569800554
  • 発売日: 2011/11/12
  • 商品パッケージの寸法: 25.4 x 18 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 360,489位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
最近、日本でも幸福度をめぐる議論が活発になってきた。東日本大震災以降、特にその傾向が強いようである。内閣府でも幸福度研究会が組織され、最近(2011年8月29日)、報告書(案)をまとめたばかりである。本書は、法政大学大学院静岡サテライトキャンパスの「地域経済学」を学ぶチームが、都道府県別の様々な指標を組合せ、都道府県別「幸福度」をランキングしたものである。本書は、幸福度はもちろん、それを構成する都道府県別指標を観察することで、日本各地の特徴を考えるデータベースの宝庫となっている。

本書では、国民生活の様々な局面をカバーする指標40個を、「生活・家族部門」(合計特殊出生率など9指標)、「労働・企業部門」(離職率など10指標)、「安全・安心部門」(10万人当たり刑法犯認知件数など12指標)、および「医療・健康部門」(1人当たり医療費など9指標)に分類している。これら指標を第1位から第47位までランキングし、さらにそのランキングを10段階にグルーピングして、上位から10点・9点・・・1点とスコアリングし、40の指標すべての指標を平均して都道府県別のランキングをしている。指標別のページの他、都道府県別に指標がまとめられたページもあり、非常に読みやすい。恐らく、チーム内で様々な議論があったと思われるが、「幸福度」というあいまいな概念を、日本の実情に即して具体化している
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 本書の目的は、ランキングや評点を通じ、客観的事実に基づく問題の所在の理解と、それに基づく地域住民の「幸福度づくり対策」、つまり地域住民が幸せとなる地域づくりを講じてほしいことにあります(P2)。このランキングや評点は、次に挙げる40の指標をもとに分析・評価されています。

住みやすい
1.合計特殊出生率
2.未婚率
3.転入率
4.交際費率
5.持ち家率
6.1人当たり畳数
7.下水道普及率
8.生活保護被保護実人員比率
9.保育所収容定員比率

働きがいのある
10.離職率
11.総実労働時間
12.有業率
13.正社員比率
14.継続就業希望者比率
15.有業者の平均継続就業期間
16.完全失業率
17.障害者雇用比率
18.欠損法人比率
19.作業所の平均工賃月額の実績

心配なく過ごせる
20.10万人当たり刑法犯認知件数
21.10万人当たり公害苦情件数
22.10万人当たり交通事故発生件数
23.10万人当たり出火件数
24.100万延実労働時間当たり労働災害率
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本書の意義は次の二点に集約される。
・公開されているデータの一部を集めて可読性を高めた
・ちょっとした話題にできる

本当にそれだけの本である。言うまでもなくGNH(Gross National Happiness)の話とはほぼ関係ない。本書ではデータの大小関係を元に様々な項目で良い都道府県と悪い都道府県のランキングを行っているのだけど、何でその値が大きいのが良いことなのかというのが全くわからない項目が当たり前のように紛れ込んでいる。当然だけど総合評価もそのような順序づけにより行われているので信頼性なんてあったもんじゃない。人口あたり医師数とか人口あたり犯罪認知件数とかは項目としても順序づけでも概ね妥当だろうが、医療費や持ち家率のような意味不明な項目もてんこもりである。ちゃんとした研究者や調査員に監修してもらわなかったのかと思ってしまう。

もう一つ見落とせないことがある。「選択肢の広さ」とか「便利さ」とか「購買力の高さ」とか「アホな規制の少なさ」とか「民度の高さ」とか「税負担の軽さ」とか「交付金の少なさ」とか、そのような、資本主義や民主主義や自由意志の尊重の面が、評価項目から見事に外れているのである。仕入れた情報に感化されやすい人の場合、この点は意識して読むべきだと思う。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Y 投稿日 2012/2/17
マーケティングの本は専門用語も多く、解りにくいことも多々あります。全国津々浦々、色々な地域の特徴があります。本書はそれらのデータを数値化しているので解りやすく、使い方も色々あると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック