この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


日本が中国の「自治区」になる (日本語) 単行本 – 2010/6/25

5つ星のうち4.5 13個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥8
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戸籍売買による「なりすまし」で入国。残留孤児関係者の9割は偽物。国籍法は“売国ビジネス”の温床。中国人犯罪者と闘った元通訳捜査官が見た、背筋が凍るヤツらの手口。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

坂東/忠信
宮城県出身。交番勤務員、機動隊員を経て、北京語通訳捜査官、刑事として、警視庁本部、新宿、池袋など都内有数の繁華街を持つ警察署などに勤務。約1400人の中国人犯罪者や中国人参考人を扱い、勤続18年で退職。その後、地方司法通訳、防犯講師として活動。現在も外国人犯罪を国内・国外の視点から捉え、防犯を通じて日本に内在する問題を提起、活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2010/6/25
  • 単行本 : 274ページ
  • ISBN-10 : 4819111051
  • ISBN-13 : 978-4819111058
  • 出版社 : 産経新聞出版 (2010/6/25)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 13個の評価