日曜洋画劇場45周年記念 淀川長治の名画解説DX ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆DVD全4巻セット♪こちらの商品はレンタルUP品になります~ケース&パッケージ良好です♪(ブックレット等は付属しておりません・紹介映画はパッケージバーコード側に全作品記載してあります)盤面も概ね良好です~再生確認済です♪プチプチ包装にて発送します♪(^-^)v
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

日曜洋画劇場45周年記念 淀川長治の名画解説DX [DVD]

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 10,800
価格: ¥ 8,353 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,447 (23%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 7,850より 中古品の出品:3¥ 6,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 日曜洋画劇場45周年記念 淀川長治の名画解説DX [DVD]
  • +
  • 日曜洋画劇場 40周年記念 淀川長治の名画解説 [DVD]
  • +
  • 甦る名調子!淀川長治クラシック名作映画解説全集 I [DVD]
総額: ¥14,259
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 淀川長治
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2012/02/15
  • 時間: 750 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006G7A5BU
  • JAN: 4988013034969
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 93,748位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

映画への「愛」に溢れ、時代を超え輝き続ける言葉の数々。お茶の間に愛された映画の伝道師≪淀川長治≫の貴重な名解説映像を一挙収録。

■≪これが「映画の伝道師」淀川長治≫
「日曜洋画劇場」1979年から98年までのここにしかない数々の貴重な名解説映像を収録。彼の解説には映画への「愛」がある。時代を超えて輝く言葉の数々。
彼が残した言の葉を知らずして洋画は語れない。

■≪全200タイトルにもおよぶ映画紹介≫
現在DVD化されている名作、大作、当時の話題etc・・・。「本編を観たくなる」淀川節が現在入手可
能なDVDへの強力なプロモーションツールとなる。

■≪思い出のテーマ曲を収録≫
視聴者になじみ深い「日曜洋画劇場」のテーマ「So in Love」を収録。観るものの郷愁を誘い、幼い頃家族と過ごした日曜日の夜を彷彿とさせる。

■2011年、テレビ朝日「日曜洋画劇場」は45周年を迎える。番組開始から独自の語り口で視聴者を魅了し続けた映画解説の代名詞「ヨドチョー」こと淀川長治。
彼が映画を見始めたのは4歳のころだ。
明治・大正・昭和から平成に至る89年間を映画一筋に生きてきた「伝道師」の解説は自然体で暖かかった。
■テレビ朝日に残る貴重な名解説の数々をここに完結編としてDVD化。「日曜洋画劇場」のテーマ音楽や「さよなら、さよなら、さよなら」の声に「あの頃、私は・・・。」
と自分史を重ね合わせる思い出の宝箱であり、やさしく暖かく映画へ誘ってくれる愛情溢れるエンサイクロペディアなのである。

■名作映画の淀川解説を『熱き血潮篇』『夢見る瞳に乾杯篇』『明日への希望篇』『真理と感慨篇』とジャンル別4巻に分けて各巻50タイトル、全200タイトル収録(予定)。
-------------------------------------------------------------------
「黄色いリボン」「上流社会」「ハリ-の災難」「知りすぎた男」「OK牧場の決闘」「帰郷」「太陽がいっぱい」「ボルサリ-ノ」「13日の金曜」「インディ・ジョーンズ」
「魔宮の伝説」「バットマン」「告発の行方」「ス-パ-マンⅡ/冒険編「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3「推定無罪「プリティ・ウーマン」「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
「ボディガード」「ペリカン文書」「オペラ座の怪人」「スピード」「レオン」「ケープ・フィアー」「シャレード」「スター誕生」「ナインハ-フ」「ファイナル・カウントダウン」
「プライベート・ベンジャミン」「ラストエンペラー」ほか

≪DVD-BOX限定 特典ディスク≫
■日曜洋画劇場の当時のエンディング映像・音楽 ■淀川さんの全日空ホテルでの仕事風景 ■日曜洋画劇場解説撮影風景 
■秘蔵映像!70年代初期白黒映像~淀川長治出演映画情報番組「はーい!こんにちは」

≪DVD-BOX限定 特典冊子≫
■日曜洋画劇場放送全ラインアップ ■200映画解説

[発売元]
ビデオ・パック・ニッポン

(C)テレビ朝日

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」の名セリフで親しまれた映画評論家・淀川長治による往年の名解説を収めた映像集のBOX。テレビ朝日の「日曜洋画劇場」で淀川氏が披露した、貴重な映画解説の数々をジャンル別に収録。特典ディスク付きの5枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
解説本編は期待どおりですが、特典として挿入されているエンディングテーマは本当にさわりの部分だけしか収録されていません。それも池田昌子さんのナレーションが被さっています。純粋な音楽を期待する方はCDを購入してください。制作スタッフも、どうせ著作権料を払ってこの曲を挿入するなら、解説シーンを収録中の晩年の淀川さんの姿や各種「サヨナラ、サヨナラ」、各種オープニングシーンとともに流してほしかった。何バージョンかあるオープニングも収録して欲しかったです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
日曜洋画劇場の解説をまとめた45周年記念DVDです。
以前に出た40周年の単品DVDの続編といえますが、発売元が変わったこともあってか
「荒野の用心棒」や「ダーティーハリー」など11作のタイトルが以前のDVDとかぶっています。
が、編集者のこだわりなのでしょう、同タイトルでもすべて別バージョンの解説になってます。
なので日曜洋画劇場の解説を集めようと思ったらこの45周年BOX(もしくはバラ全巻)と以前の40周年単品DVDを買う必要があります。
中には未DVD化とかの現在視聴困難なものもありますがこれも編者のこだわりなのでしょうか?
あまりにメジャー作品ばかりなのも特色がないので私自身は許容範囲と思いますが、中には気になる方もいるかもしれません。
あとパッケージには現在不適当な表現もそのまま収録と書いてありますが実際は一部の音声が消されていました
(映画の内容から推測するに植物人間という言葉)。
その昔、地上波の映画を楽しみにしていた人にとっては懐かしい思い出がよみがえる映画解説DVDです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
2006年にテレビ朝日から「日曜洋画劇場40周年記念」で、同タイトルのDVDが出たときには、「『50タイトルを厳選』なんてしないで、他の作品も観てみたい」と思ったものだが、今になってこのDVDセットが出た。(なぜか販売元はポニーキャニオンに代わっている)
200作品の解説となると、流石に知らない映画も出てくるが、そんな映画も観た様な気分になるのが、淀川長治の解説の威力。単なる知識の羅列ではこうはいかない。
テレビ朝日のDVDとかぶる作品があるということ以外は文句無しかと思いきや、残念ながら、価格設定も含めて、色々と不満が出てくる。

DVDで全編再生を選択すると古い方から順に再生されるのに、付録の映画解説書は五十音順。それも、ディスク1から4それぞれに分かれているだけでなく、その中で更に細かなジャンル別に分類した上で五十音順になっていて(分かりにくい説明だと思いつつ、これ以外に書きようがない)、これがものすごく使いづらい。(目当ての作品を探すのにものすごく手間取る) どうしてこういう余計なことをするのか。
そもそも、ジャンル別に4枚に分かれているのが分かりにくい。
(「熱き血潮編」がアクション映画というのは分かるとしても、「真理と感慨編」にどんな映画が収録されているのか、見当がつく人がいるだろうか?)
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 審判長 投稿日 2014/4/18
 半世紀近く、日曜洋画劇場で映画解説を担当した故 淀川長治氏。氏の解説だけを収録したDVDです。
 映画のDVDは数多けれど、映画解説だけを収録したDVDは、のちにも先にも淀川氏のみです。映画そのものを見たい方は映画DVD、あるいはブルーレイを。解説のみを視聴したい方は、淀川氏のこのDVDをご購入下さい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hikagemono VINE メンバー 投稿日 2012/9/26
『ジョーズ』の日本公開にあわせて放送され、スピルバーグは単なるアクション監督ではなく、ハリウッドを代表する名監督になれる才能があると予言した、『続・激突! カージャック』。
大作との抱き合わせに日本未公開のZ級ホラーを買わされたテレビ朝日が、あろう事か『日曜洋画劇場』枠でのオンエアを強行、余りの内容に
「みなさんは、私がいつも正面ばかり向いてお話してると思っていますね。
そうじゃないんですよ。右も向くんですよ。左も向くんですよ。眼鏡も外すんですよ。
みなさん、今日は珍しいものが見られて、良かったね!」
と強烈な皮肉を言い放ち、一切解説しなかった『宇宙から来たツタンカーメン』。
ファンなら心に焼き付いているであろう、真の「名解説」が、今回も収録されていないとは。

このDVDを企画した人は、淀川氏が解説していた時代の『日曜洋画劇場』など、見たことが無い人なのだろうね。
5 コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告