¥ 3,888
通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

日常らしさ 大型本 – 2005/9/30

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 3,995
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

安村崇の《日常らしさ》はキヤノン写真新世紀でグランプリを受賞(1999年)した作品シリーズです。写真集『日常らしさ』には新作を加えた1997年から2005年にわたる作品がまとめられています。
主に滋賀県にある実家で撮影されたこの《日常らしさ》について、作家は受賞時に次のようなコメントを寄せています。「普段は日常に溶け込んでいて、とりたてて気にもとめない身の回りの光景。その光景を写真に置き換えていくと、その写真に「日常らしさ」が見当たらないことに気がつきました。まるで幻であったかのように消えているのです」。
日常のふとした歪みを写真を撮ることによって確認しようとするその姿勢、世界の「裂け目」を露わにするそのユニークなまなざしは、安村の作家としての出発点でもあるこの《日常らしさ》にはっきりとあらわれ、以降に発表されることになるシリーズ《自然をなぞる》《せめて惑星らしく》にも受け継がれていきます。そして、批評性を含むこの「裂け目」は、非常に滑稽/キッチュで、外国映画のインチキな日本の描写を見るかのような、思わず吹き出してしまう楽しさをあわせ持っています。

収録写真点数=カラー36点
収録テキスト(和英併記)
 マーティン・ヤッキ「静かな表面のスキャンダル」
 八角聡仁「モノノケの世界への友愛」
 倉石信乃「実家、あるいは表象のステージ──安村崇の《日常らしさ》」
ブックデザイン=池田進吾


登録情報

  • 大型本: 92ページ
  • 出版社: オシリス (2005/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 499012393X
  • ISBN-13: 978-4990123932
  • 発売日: 2005/9/30
  • 梱包サイズ: 24.6 x 24 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 103,857位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
 テーブルの上、何気なく置かれた籠の上に積まれた蜜柑。
部屋の隅で無愛想に立ちすくむ年代物のスピーカー。それらに
意味があるかどうか、普段は考えることさえない。

 この写真集では、なんの目新しさもなく、むしろ見慣れ過ぎて
無視したくなるようなそんな日常品の数々が突然、得体の知れない、
禍々しささえ感じさせるような存在となって目に飛び込んでくる。
それは、彼等に今まで気付く事もなかった私を
静かに恫喝してくる様な、凄みのある光景だった。

 日常品に意外な象徴性を潜ませるのに成功した要因は、
シンメトリカルで無機的な構成に徹底した創作姿勢か。
しかしそれ以上に際立っているのが、ほんの些細な妥協も混じり得ない
であろう、安村氏の集中力なのである。

 頁をすすめるにつれ、私の居る場所がいかに不鮮明で、
不確定なものなのかを教えられた。それは眩暈を憶える程の驚きでも
ある。

 並外れた構図感覚と着眼点の鋭さが光る、志の高い作品。
 
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あっこ 投稿日 2013/5/5
形式: 大型本 Amazonで購入
どこか懐かしい昭和の家にあった!あった!というなんでもないと言ったら失礼でしょうが、そういった写真がまじめに撮られています。地味ななかにピンクやオレンジ、ブルーといったアクセント的な色があり、心に残ってしまいます。全てにおいて、実は巧妙なセンスが見え隠れし、ふふ(笑)と眺めています。平凡でつまらない毎日に飽き飽きしている人にオススメです。なにか見えてくるかもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
この作家の写真では一番いいのではないか?最近の傾向はだんだん抽象に傾倒しているようだが・・・。まだあまりこなれていない気がする。この写真集の路線もいいんではないかな。日常らしい怖さ、静けさ、恐ろしさがよく現れている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告