通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日中韓同字異義小辞典 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにわずかなスレ等はございますが、カバー、中身ともに非常にキレイな状態で、特筆すべきダメージ等はございません。丁寧・迅速な対応をお約束いたします。領収書発行も対応しておりますので、お気軽にご連絡ください。※アマゾン経由で即日発送いたします。在庫切れの心配もなく、送料も大変お得です。【商品の不備などございましたら、送料含め代金全額を速やかに返金させて頂きますのでご安心の上お買い求めくださいませ。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日中韓同字異義小辞典 単行本 – 2009/6/30

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,860
¥ 4,860 ¥ 4,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日中韓同字異義小辞典
  • +
  • 日中韓マナー・慣習基本事典 プライベートからビジネスまで知っておきたい11章
総額: ¥6,696
ポイントの合計: 104pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

同じ漢字でも、日本・中国・韓国で意味が違う。 日常的に使われる約300の熟語・漢字の意味の違いを詳述し、各国語の用例を付す。 歴史・風土・風習の違いによって生じた意味の違いを知る、漢字文化圏の誤解解消に必携の事典。 日中韓同時刊行。

内容(「BOOK」データベースより)

日常的に使われる約300の熟語・漢字(同字異義語と各国固有語)の意味の違いを詳述し、各国語の用例を付す。歴史・風土・風習に違いによって生じたことばの違いを知る、漢字文化圏の誤解解消に必携の辞典。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 勉誠出版 (2009/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4585060642
  • ISBN-13: 978-4585060642
  • 発売日: 2009/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 21.8 x 15.7 x 2.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,132,021位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
先日ベトナムに行ったときに,空港の男子トイレの表示がnamと書かれているのを見て
ああ,ここも漢字文化圏なんだなと再認識しました。

昔からベトナムを含む,中国,韓国,日本などの東アジアは「漢字文化圏」と呼ばれ漢字を共用し
それぞれの国の文化を発展させてきました。
漢字はアジアの「ラテン語」格と言っても過言ではありません。

この本の著者は,同じ「漢字文化圏」といっても国によって使う漢字は(形は多少異なっていても)同じなのに
意味のずれが生じることに着目し,
日本−中国−韓国の漢字語の中で微妙に意味の違う語を選んで,
その「同字異義」語について読みやすい解説をしています。

著者が,なぜこの本を著すことになったのかは「まえがき」に分かりやすい説明がありますが,
なるほどと思いました。
私も長年韓国語を勉強してきましたので,韓日両国語については
「男便」→「夫」,「愛人」→「恋人」,「便紙」→「手紙」などいろいろと知っていますが,
今回は中国語も含めての比較に一層の内容の厚みを感じます。

残念なことに私は日本語と韓国語しか読めませんが,
最近は韓国語,中国語を一緒に勉強する人も増えていると聞きま
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/10/12
形式: 単行本
大変すばらしい本だが、大変レベルの高い本である。
なぜなら、日本語の『警察』には、漢字かな混じり文で解説がついており
中韓ではそれをどう呼ぶか、解説がついているのだが、
韓国語の〈朝鮮語の〉『警察』には、ハングルで
同様に中国のそれには簡体字で解説がついているのである。

ハングルは音の発音がやっと分かるようになったばかりの私には意味を解するのはお手上げだし、
繁体字ならまだしも、簡体字では元の漢字が何かさえ分からないケースもあるのである。

全部日本語で解説したものを作っていただけないだろうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告