¥ 4,104
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
日中関係史 1972-2012 I政治 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日中関係史 1972-2012 I政治 単行本 – 2012/10/2

5つ星のうち 3.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/10/2
"もう一度試してください。"
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 3,683

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日中関係史 1972-2012 I政治
  • +
  • 日中関係史 1972-2012 III社会・文化
  • +
  • 日中関係史 1972-2012 II経済
総額: ¥11,664
ポイントの合計: 266pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

日中国交正常化から40年.日本と中国の関係は大きく変化した.この40年間の日中関係の歩みを編年体で分析,その時代の重要なトピックを抽出し,第一線の研究者が詳述する.日本からの視点と国際環境の視点から日中関係はどのように変化してきたのかを分析し,劇的に変化した日中関係の40年を明らかにする.

<a href="http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-023062-9.html">日中関係史 1972-2012 II 経済</a>
<a href="http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-023063-6.html">日中関係史 1972-2012 III 社会・文化</a>

内容(「BOOK」データベースより)

日中国交正常化から民主党政権の誕生まで、40年間の両国関係における16の重要トピックを取り上げ、両国の国内事情と国際環境を含む諸要因を分析し、あらたな時代の日中政治関係を考察する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 510ページ
  • 出版社: 東京大学出版会 (2012/10/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4130230611
  • ISBN-13: 978-4130230612
  • 発売日: 2012/10/2
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.8 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 574,383位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

日中国交正常化40周年を記念して出版された、この40年間の日中関係の通史。論文集というよりは教科書的な色彩が強く、率直に言って面白みが無い文章が少なくないが、重要な事実関係は全て網羅されており、本書を読めばこの40年間の日中関係の主要事項は全て把握することができるという優れものだ。各章の末尾の参考文献リストも充実しており、さらに研究を深めたい読者にとっては有用である。

ただ、日中国交正常化40周年を記念して東大出版会が出版したにしては執筆陣が貧弱であり、もっとビッグネームを揃えても良かったのではないかと思う。また、突貫工事で執筆されたのだろうか、全般的に誤字脱字が極めて多く、目を覆いたいほどである。これは中身以前の問題だとは言い過ぎだろうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
まあ、俺が使う本じゃなくても、届きは遅すぎじゃない?別に関係ないけど
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
厳しい評価で申し訳ないが、こういった本は今まさに求められているのであるが、その期待に大きく外れている。前半は一時代前の文献でカバーできているような話でもあり、このイッシューを今新たに「歴史的」に書いても大きな発見はなかったのではないか。後半の新しいテーマは、基本的には新聞などの一次資料をベースに、「国際関係史」的方法論で「解釈」を加えたものと見受けられる。しかし、短い時間的スパンの論文の集まりであるにしても、この解釈が朝日新聞に書いてある程度のことを越えておらず、また独自と思われる部分は解釈が「あてにならない」ところが問題である。この論文を参照しながら何かを仕上げる場合、再度、一次資料を読み直して解釈をし直す必要がある。2000年代に一方向的、あるいは深い理解のないまま書かれた論文かと思われ、2010年代の視点には全く合わないのである。しかし、重要な中国との関係を書く「国際関係史」の専門家の力量もこんなに下がったのであろうか。力量のある日中関係の専門家が仮にいるならば、単著として書いて欲しかった。大きなテーマには合わない力量がこの本の価値を下げている。4冊の中では、本巻がもっともまともな感じはあるが、長く残せるものではない。時間がかかっても構わないので、良き書き手を集め再度出版されるべきであろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック