通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日はまた昇る〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日はまた昇る〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫) 文庫 – 2012/3/31

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2012/3/31
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 250

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日はまた昇る〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)
  • +
  • Fiesta: The Sun Also Rises
総額: ¥1,889
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

第一次世界大戦後のパリ。芸術家が享楽的な日々を送るこの街で、アメリカ人ジェイク・バーンズは特派員として働いていた。彼は魅惑的な女性ブレットと親しくしていたが、彼女は離婚手続き中で別の男との再婚を控えている。そして夏、ブレットや友人らと赴いたスペイン、パンプローナの牛追い祭り。七日間つづく祭りの狂乱のなかで様々な思いが交錯する――
ヘミングウェイの第一長篇にして初期の代表作。解説/諏訪部浩一

内容(「BOOK」データベースより)

第一次世界大戦後のパリ。芸術家が享楽的な日々を送るこの街で、アメリカ人ジェイク・バーンズは特派員として働いていた。彼は魅惑的な女性ブレットと親しくしていたが、彼女は離婚手続き中で別の男との再婚を控えている。そして夏、ブレットや友人らと赴いたスペイン、パンプローナの牛追い祭り。七日間つづく祭りの狂乱のなかで様々な思いが交錯する―ヘミングウェイの第一長篇にして初期の代表作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 383ページ
  • 出版社: 早川書房; 新訳版 (2012/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 415120069X
  • ISBN-13: 978-4151200694
  • 発売日: 2012/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 405,674位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

パリで主人公の男が友達と遊んだり、釣りにいったり、スペインで闘牛を観るというお話でした。が、私は最初全編を通読した時、個々のエピソードは明確で判り安いけれど、全体として何がテーマの小説なのかよく判らなかったので、後ろの解説を参照しながら読み返して何となくわかったつもりになりました。
全体のテーマとしては失われた男性性の回復が主題になっているようです。戦争で体の機能の一部が失われた主人公が男として復活できるかがこの小説の要諦になっていて、主人公が体験することも、例えばボクシングを観たり、釣りをしたり、闘牛を観たり、自転車競走のことを聞いたりとこの当時の男性向けスポーツが多数描かれていたり、男性性を強調するところが多く、また去勢牛についての雑談や釣りの「竿」、途中で主人公が読んでいるA・E・W・メイスンという作家が男のロマンを主題にした冒険小説を得意としていた人だったりということが「男性」の暗喩になっているようです。また最後に暗示されるエピソードも主人公のその後の未来をポジティブに描いているらしいです(が、ここら辺は読んだ人それぞれ意見が判れそうですが)。
これも解説に書いてあることですが、著者は氷山の海面にでている8分の1を描くことで水面下の8分の7を書くという作風だそうでかなりの精読を要しますが、それだけの苦労をして読む価値は十分あると思いました。個人的にはラウ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この小説をこの翻訳で読まずして、何を読むというのか。
あまりのレビューの少なさと評価の低さに唖然とするしかない。他の翻訳も決して悪い訳ではない。しかし、リズムと達意、広がるイメージ、申し分ない翻訳に、ただ感謝するのみ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 バチ 投稿日 2013/8/6
ヘミングウェイ好きな作家だが、この本はそこまで面白くない。
訳のせいか、初期のヘミングウェイの文のせいか、いつもの切れのある文章じゃないし、ストーリーも特出すべきところがない。他の訳だとまた違った印象を受けるかもしれない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告