日の名残り コレクターズ・エディション [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

日の名残り コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.7 69件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,124 (27%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、じゃんぐらーが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:9¥ 432より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で日の名残り (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日の名残り コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • わたしを離さないで [DVD]
総額: ¥3,907
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アンソニー・ホプキンス, エマ・トンプソン, ジェームズ・フォックス, ヒュー・グラント, クリストファー・リーヴ
  • 監督: ジェームズ・アイボリー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen, Subtitled
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 発売日 2002/10/23
  • 時間: 134 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 69件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006JOK9
  • JAN: 4547462000071
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 103,415位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   この優れた映画は「繊細な優雅さ」と表現されるのが多分一番ふさわしいだろう。この作品は現在を背景にしながら、第2次世界大戦直前にイギリスの地方の家で生きる人々を描いている。『ハワーズ・エンド』のスタッフと再結集したのは、女中頭のミス・ケントンを演じるエマ・トンプソンと完全無欠の執事スティーブンスを演じるアンソニー・ホプキンスだ。ほろ苦い物語の中心となるのは、スティーブンスとその主人ダーリントン卿(ジェームズ・フォックスが適度におせっかいで陰険なほど尊大に演じる)への彼の献身ぶりだ。スティーブンスはこう約言する。「人は雇い主の役に立つために出来ることをすべてやるまでは完全に満足はできないと思う」と。スティーブンスの世界をとりまくのは切迫したドイツとの戦争と、ダーリントンのひどく歪んだ戦争への関心、そしてもっとも強い印象を与えるのはミス・ケントンとの関係だ。スティーブンスはまさに抑圧そのもののような存在だが、ホプキンスが演じることで悲惨でも独善的でもなくなっている。主人が戦争を見誤ったようにスティーブンスは忠義を見誤る。彼にとっての“忠義”は感情の遮断で、たぶん終生後悔することになるだろう事態にスティーブンスを追い込む。この作品では多くの事が描かれているが、動きは巧みに理解と聡明な一瞥で、感情は合わさる視線のみで表現される。製作のイスマイル・マーチャントと監督のジェームズ・アイヴォリーと脚本のルース・プラワー・ジャブヴァーラによる他の作品と同じく、この映画も見るからに壮麗で、時代を印象的に、そして感動的にとらえている。ジャブヴァーラはカズオ・イシグロの原作を尊重して脚色している。脇役で素晴らしいのはクリストファー・リーヴとベン・チャップリンとヒュー・グラントだ。(N.F. Mendoza, Amazon.com)

内容(「Oricon」データベースより)

カズオ・イシグロ原作のベストセラー小説を、「ハワーズ・エンド」のジェームズ・アイヴォリー監督が映画化した大人のラブ・ストーリー。名門貴族に仕える忠実な執事の淡くせつない恋を描く。主演はアンソニー・ホプキンス、エマ・トンプソン。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
年齢を重ねてこそわかる、この作品のすばらしさがあると思います
最初にみたときは、退屈に感じてしまいました・・・

アンソニー・ホプキンスの演じる執事の役割がよくわかっていなかった
まして、エマ・トンプソンのハウスキーパーなど、お手伝いさんとしか思えませんでした

英国とその文化が好きで、色々な作品を観たり読んだりしましたが、近年「ダウントン・アビー」で貴族に仕える「階下の人たち」が好きになりました
貴族とそこで雇われる者たちとの身分の差、ご主人に仕える執事の役割と矜持がわかりやすく描かれていたからです

その前提を持って観ると、アンソニー・ホプキンスの少ない台詞や動き、表情が、執事にぴったりはまっています
エマ・トンプソンと二人になるシーンが切ない・・・名優ってすごいです
盛り上げるBGMもないし、静かな動きなのに、二人の仕草や表情から豊かな感情が伝わります

個人的な印象ですが、邦画ではないのに、日本的としかいいようのないしっとりした演出と空気感が見ごたえあり!です
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
素晴らしい、完璧な映画だと思います。
できれば、原作を読むことをお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
大変美しいイギリスの名作です。恋愛さえも犠牲にして生涯、執事として生きる姿を、
「羊たちの沈黙」のレクター博士が、まるで別人のように熱演しています。
アメリカを象徴するような「アメリカ人役」を、
世界のヒーロー「スーパーマン」のクリストファー・リーヴが演じています。
1995年、落馬事故で四肢麻痺になり2004年逝去されました。
車椅子でのインタビューは、貴重な特典映像になってしまいました。
最後の「鳩が邸内に迷い込むシーン」の撮影で、建物の持ち主が貸し渋ったそうですが、
古いものを大切にするイギリスらしいエピソードだと思いました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 劇場公開時は観逃して後日レンタルビデオで初鑑賞したのだが、劇中描かれる1930年代イギリスの親独ムードが、河野談話・村山談話など時期的にちょうどかまびすしかった我が国の外交状況と重なって、最初はむしろそちらの方が興味深かった。

 執事スティーヴンスの冷徹なプロフェッショナリズムが強く印象に残るのは評者もご同様だが、意外に語られていないと思うのが、何故ああまで職務に徹しようとする・徹し切れるのかということ。過去・現在の巧みなフラッシュバック、就中、戦後はパブでのやり取りから医師に職業を看破される前後でさりげなく示されている通り、おそらく出身階級は下の方、経済的に豊かでもなく、従って学歴・教養も貧弱、家庭内では両親の不和といった出自から来る劣等感が、「それでもこの仕事では誰にも負けない」というガンコ職人の強靭さを育んだのではないか。ロマンティックな面にだけ注目しがちな恋愛小説のくだりも、なぜあれがラヴ・シーンに流れていかないのかと言えば、自身で告白する通り、乏しい教養を補おうとする隠れた努力を覗かれてしまった屈辱感が背中合わせにあるから。イヤミな上流人士に政論を吹っ掛けられて困惑するのも、返すべき意見や知識の持ち合わせのない自らの空虚さに直面させられたがため。薄っぺらいストイシズムだけではない主人公内面の複雑さが、この映画の深みと味合いの源であるように思う。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
派手で劇的なエピソードとは無縁。
その逆に「人に仕える」ということを生業とした執事の人生。
アンソニー・ホプキンスのためにあるようなこの役を、実に見事に、期待通りに・・・否、それ以上に演じるアンソニー・ホプキンスの演技に感服しました。
それを支えるエマ・ワトソンも最高。
名優とは、まさにこの人達の事を言うのだろうと、見終わってしみじみと感じさせられました。
読書するホプキンス演じる主人公にエマ・トンプソンが「何を読んでいらっしゃるの?」と無邪気に近づき、主人公がそれを拒むシーンは圧巻。
無表情な顔をして、胸の高まりが聞こえてきそうなアンソニー・ホプキンスの演技。
観ているこちらが胸がときめいてしまう。
あんなに静かで、だけど狂おしい「ラブ・シーン」を、私は他に知りません。
烈しく胸がときめく若い恋もステキだけど、
「一日で一番美しい時間ですわ」と、夕暮れの空を二人で見つめる、その二人の姿の美しさには、ただただ涙が流れるだけでした。

こんな人生もあるのだと。
共に生きる事はなくても、別の人生をそれぞれ歩きながら、思い合う恋もあるのだと。

屋敷からほとんど出た事のない主人公が
「世界の方から(この屋敷を)訪ねて参りました」と
...続きを読む ›
2 コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー