Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 486

¥ 248の割引 (34%)

(税込)
ポイント : 5pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[松浦弥太郎]の日々の100 (集英社文庫)
Kindle App Ad

日々の100 (集英社文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 486
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052 ¥ 26
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734 ¥ 127

紙の本の長さ: 221ページ 日々の100 (集英社文庫)と類似の本

【50%OFF】Kindle旅行本フェア
対象の旅行関連本が50%OFF。GWに向けて春のお出かけに、Kindle版で手軽に持ち歩こう! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

アメリカ郊外の村で見つけた、アンティークのキルト。古書店・カウブックスの開業時に揃えた、イームズのスツール。何気ない日常のアイテムから、大事な宝物まで、『暮しの手帖』編集長である著者が愛用する、100の品々。愛すべきモノたちと真摯に向き合い、その出合いや記憶を、自ら撮影した写真とともに心豊かに綴る随筆集です。100編の随筆に、3編が加わりました。

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカ郊外の村で見つけた、アンティークのキルト。古書店・カウブックスの開業時に揃えた、イームズのスツール。何気ない日常のアイテムから、大事な宝物まで、『暮しの手帖』編集長である著者が愛用する、100の品々。愛すべきモノたちと真摯に向き合い、その出合いや記憶を、自ら撮影した写真とともに心豊かに綴る随筆集です。100編の随筆に、新しく文庫版書き下ろし3編が加わりました。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 27537 KB
  • 紙の本の長さ: 328 ページ
  • 出版社: 集英社 (2013/7/24)
  • 販売: 株式会社 集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00VE1369Q
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 41,451位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 vega 殿堂入りレビュアー 投稿日 2010/3/7
形式: 単行本
暮しの手帖の編集長でいらっしゃる松浦弥太郎さんの
日々使っていらっしゃる持ち物100個とそれにまつわるエッセイです。

「あ、最近よくある北欧系とかの雑貨を並べる、あれ?」と思われた方。
似て非なるものです。

お金で簡単に買えるものはあまり載っていません。
外国(それも名前も聞いたことがないような田舎町)の朝市で購入したものとか
海外で意気投合した旅人と交換したシャツだとか、
30年も40年も前の文庫本だとか・・・。

単に今すぐ手に入るおしゃれ雑貨ではなく、
松浦さんの思いや時間、旅先での出来事などをこちらも共有でき、
本当にいい本でした。
ありきたりのエッセイではなく
なんだか筋が1本も2本も通っていて、
お野菜にたとえるとレタスやきゅうり、トマトなどではなく、
ごぼうやレンコンなどのような印象を受けました。根菜系ですね・・・。

この本を読んで、ますます松浦さんのファンになりました。
熱くもなく、冷たくもなく、淡々と比較的平坦な語り口(というか文章)
だと思いますが、それがゆえに松浦さんの経験や考えが引き立っているように感じます。

本当にいい本です。
是非手に取ってみてください。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者は『暮しの手帖』編集長。本書では『暮しの手帖』の雰囲気そのままに、著者自身がこれまで愛用してきた100点の品々を写真入りで紹介している。どれも使い込んだぬくもりが感じられるものばかりである。そのなかには、海外経験も多い著者が外国で手に入れた品も混じっている。私にとって最も印象的だったもののひとつに「アーミッシュの洗濯ばさみ」がある。木片の一方から中ほどまで刻みを入れただけのシンプルなものだが、こういうモノがこの世界のどこかに存在していることを予想もしていなかっただけに、不意を衝かれた思いをした。私の住む世界には決して訪れないような不思議な空気を纏ったユニークな一品(逸品)である。著者はこれを外国のフリーマーケットで手に入れたということだ。

また、著者は(古)書店店主でもあるから、書物も何点か収められている。『路上』や『北回帰線』が若き日の著者を支えてくれたというエピソードは胸を打つし、「岩本素白の随筆」や「小村雪岱の木版画」などを持ってくるところはさすが古本者だと唸ってしまう。

本書に漂う雰囲気の中で「暮し」てみたいとさえ思った。強く惹きつけられる一冊である。

蛇足だが、本書を読み、私はつい先頃文庫化された片岡義男の『文房具を買いに』を思い出した。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
冷静な印象を受けるが、それだけではない深い人だ。参考にさせてもらった点では近年数少ない日本人でもある。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
古本屋であり、人一倍「本」に思い入れを持つ著者が、どうしてこういった薄っぺらい自分語りの本を出版するのだろう。。。「貴方は素晴らしいモノ選びの眼をお持ちですね、パチパチパチ」という感想を持ってもらいたいのでしょうか? 少なくとも他人の心を動かすような本ではありません。古書を愛する著者に対して幻滅した一冊。背に腹は代えられずニーズに応じて出版した本でしょうか。ちなみに本書・続編・文庫版3つ共通レビューになっているようです。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
面白かったです。
リラックスして読める本だと思います。
気持ちも落ち着きます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover